« 北欧4か国を駆け巡る旅(その24) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(中編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その26) ラルダールからオスロまでの長距離バスドライブ(前編) »

2019年7月 8日 (月)

北欧4か国を駆け巡る旅(その25) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(後編)

ラルダールの案内には、『何世紀にもわたって、ラルダールは漁師、牧場主、取引業者が取引と情報交換をするために集まった市場だった。通信手段が改善され、旅行と観光が発展するにしたがい、1850年以降 人口は劇的に増加した。19世紀以降、旧中心地は主に木製の家で構成された。現在、ラルダールは約1000人の住民がいる。』 とありました。
 
201906010642
 
“Hedler”は家族向けに人気があるトレイル(登山道)であるとして、その道案内が詳しく書かれていました。先ほどの橋(Hedler)と町の入口付近にある橋を渡ることで、川の両岸を歩くコースです。
 
201906010643
 
“Sognefjorden”(ソグネ・フィヨルド)の看板には、『ノルウェー・フィヨルドの中心、世界遺産で国立公園のソグネ・フィヨルドへようこそ。最長のフィヨルド、最大の氷河、そして高い山々、世界でもっとも美しい体験ができる場所』 を地図上にプロットしてありました。
 
201906010645
 
ラルダールの町(拡大地図)
 
201906010646
 
このロータリーを直進すると国定景観道路(RV)5号と欧州自動車道路(E16)、左折すると先ほど通過した複合施設へ行けることを案内標識が示しています。
 
201906010648
 
ロータリーの脇にオートキャンプ場のようなものがあります。iPhone SEのマップ・アプリで確認すると、その先のフィヨルドにマリーナがありました。
 
201906010649
 
同行者は左方向へどんどん歩いて行きますので、マリーナへ立ち寄るのを諦めて、私もホテルへ向かうことにしました。
 
201906010651
 
細長く続くフィヨルドの対岸に住宅街が見えます。
 
201906010652
201906010653
 
ここにもラルダールの案内地図がありました。ラルダールは地区全体がトレイルになっていることが説明されています。地図上にはいくつかのトレイルのルートが描かれていました。
 
201906010654
 
緑地には子供用の遊具が
 
201906010656
201906010655
 
同行者は迷わず住宅街の方向へ進んで行きます。ホテルの裏手に出るつもりのようです。
 
201906010657
 
ホテルへ無事に帰着
 
201906010659
 
ホテルの自室へ戻る途中、階段の2階踊り場から向かい側にあるスーパー・マーケットを撮影
 
201906010660
 
自室から先ほど通過した住宅地が見えることを確認
 
201906010661
 
朝食の時間になりましたので、地階にあるレストランへ向かいました。朝食はビュフェ形式です。こちらは私の選択した朝食メニュー。
 
201906010662
 
こちらが同行者の朝食メニュー
 
201906010663
201906010664
 
午前8時少し前、自室からフィヨルド方向をもう一度撮影
 
201906010665
 
この日は専用バスで首都のオスロまで長距離ドライブです。どんな景色を見られるかが楽しみです。ここでブログ記事の投稿を小休止します。(続く)

« 北欧4か国を駆け巡る旅(その24) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(中編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その26) ラルダールからオスロまでの長距離バスドライブ(前編) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北欧4か国を駆け巡る旅(その24) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(中編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その26) ラルダールからオスロまでの長距離バスドライブ(前編) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ