« 北欧4か国を駆け巡る旅(その21) フロムからグドヴァンゲンまでのネーロイ・フィヨルド・クルーズ(後編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その23) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(前編) »

2019年7月 5日 (金)

北欧4か国を駆け巡る旅(その22) グドヴァンゲンから” Stegastein viewpoint”を経てラルダールまでのバスドライブ

到着したグドヴァンゲンでは先回りしていた専用バスに戻り、崖の上から流れ落ちる滝を見ながらネーロイ・フィヨルドに注ぐ川に沿って欧州自動車道路E16を南西方向へ進みました。
 
201906010565
201906010566
201906010567
201906010568
 

10kmほど進むと急坂に指しかかりました。それをほぼ上りきった場所にあるテラス・ホテルはスタルハイム渓谷とネーロイ・フィヨルド方面を展望できるビューポイントがあるそうです。しかし、テラス・ホテルへ入る脇道には何ということか通行止めの警告がありました。前日の雨の影響かもしれません。そこで、運転者さんの提案で別の展望所へ向かうことになりました。
 

元来た欧州自動車道路E16をグドヴァンゲンまで戻り、ネーロイ・フィヨルドの右岸に沿って走りました。こちら方向へ進んで来る客船が見えます。フロム港に停泊していた大型クルーズ客船よりもかなり小さな客船のようです。
 
201906010569
 

欧州自動車道路E16はネーロイ・フィヨルドと離れて高度を上げて行きます。
 
201906010570
 

グドヴァンゲン・トンネル(Gudvangatunnelen、長さ11.4km)と”Flejatunnelen”(長さ5km)を抜けてフロム集落を回り込み、アウルランド・フィヨルド沿いに進んだ所で急坂を上がりはじめました。
 
201906010571
201906010572
 

地方道243号へ反れてアウルランド・フィヨルドに注ぐ川沿いに進んだAurland集落を抜け、乗用車でもやっと通行できる幅の狭いつづら折れを上がりきったところに展望所Stegastein viewpoint、海抜650m)がありました。
 
201906010573
201906010574
201906010575
 

展望所から見るアウルランド・フィヨルドはフェリー・ボートでのクルーズ時に見たものとは一味違います。
 
201906010576
201906010577
   

アウルランド・フィヨルド沿いの集落
 
201906010579
201906010578
 

専用バスはさらに上方にある場所で折り返してきたようです。
   
201906010583
 

40km先のラルダールLardalsoyri)まで続く景勝地Aurlandfjellet National Tourist Route)があるようです。
 
201906010585
 

幅の狭い急坂を快調に下りて行く運転者さんの技量に感動さえ覚えました。
 
201906010590
 

元来た道を戻って再び欧州自動車道路E16に戻り、ラルダールトンネル(Lardalstunnelen、長さ24.5km、自動車用トンネルでは世界一の長さ)を抜けたところにあるロータリーで国定景勝道路(RV)5号へと左折しました。
 
201906010591
 

集落がある谷間の道が続いていました。iPhone SEのマップ・アプリによればソグン・オ・フィヨーラネ県のラルダール市(Laerdal Municipality)まで2-3kmの距離に近づいたようです。
 
201906010592
 

(続く)

« 北欧4か国を駆け巡る旅(その21) フロムからグドヴァンゲンまでのネーロイ・フィヨルド・クルーズ(後編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その23) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(前編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北欧4か国を駆け巡る旅(その21) フロムからグドヴァンゲンまでのネーロイ・フィヨルド・クルーズ(後編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その23) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(前編) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ