« 北欧4か国を駆け巡る旅(その23) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(前編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その25) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(後編) »

2019年7月 7日 (日)

北欧4か国を駆け巡る旅(その24) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(中編)

左手にある池にフィヨルドの両岸と空が綺麗に写っています。
 
201906010621
 
レストランの前に出ました。屋根が緑化されているのは断熱(防寒)用でしょう。
 
201906010623
 
ロータリーの中央に大きなサーモン像が置かれています。
 
201906010624
 
直進するとラルダール川(Laerdalselvi)沿いに出ました。
 
201906010626

下流方向に橋が見えます。
 
201906010625
201906010627
  
ホテルの方を振り返ると、草原の先に見覚えのあるバスが見えました。ベルゲンから乗車してきた専用バスです。その後方にはホテルの自室から見えた滝があります。
 
201906010628
 
川沿いに続く未舗装の道を歩きます。
 
201906010629
 
橋が近づきました。
 
201906010630
 
川の対岸
 
201906010631
 
先を行く同行者
 
201906010633
 
川の中州へ行くために架けられた手作り感のある橋
 
201906010634
 
思ったよりも立派なコンクリート製の橋です。iPhone SEのマップ・アプリで確認すると国定景勝道路(RV)5号でした。”Fodnestunnelen”(長さ6604m)を抜けたソグネ・フィヨルドをフェリー・ボートで越えて約110km北西の町シェイSkei)まで伸びているようです。
 
201906010635
  
未舗装の散策路は橋の下を通過するようにできています。
 
201906010636
 
どうしようかと考えながら辺りを見渡すと、先人たちが通ったと思われる跡がありましたので、それにしたがって道路上へ上がりました。
 
201906010637
 
道路の反対側にある歩道からラルダール・フィヨルドを眺めました。川との境界は不明ですが、左側の護岸が途切れる辺りと思われます。
 
201906010638
 
V字形のフィヨルドの両岸の先に見えるのはソグネ・フィヨルドの対岸かも知れません。
 
201906010639
 
橋の南端から見たラルダールの市街地
 
201906010640
 
100m前方にロータリーがあるようです。
 
201906010647
 
(続く)

« 北欧4か国を駆け巡る旅(その23) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(前編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その25) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(後編) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北欧4か国を駆け巡る旅(その23) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(前編) | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その25) ラルダールのリンズトロム・ホテルに宿泊(後編) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ