« 北欧4か国を駆け巡る旅(その53) ヘルシンキ市内観光②テンペリアウキオ教会 | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その55) ヘルシンキ市内観光④欧州料理店「ジンケラー」でランチ »

2019年8月12日 (月)

北欧4か国を駆け巡る旅(その54) ヘルシンキ市内観光③ヘルシンキ大聖堂とマーケット広場

マネンヘイム元帥(1867-1951年)の騎馬像があるヘルシンキ国立現代美術館キアズマの広場の前に出ました。
 
201906011349
 
そして、ヘルシンキ中央駅前を通過
 
201906011350
201906011352
 
その向かいにある“Duodecim”は1881年に設立されたフィンランド医学会です。
 
201906011351
 
ヘルシンキ中央駅に東隣、フィンランドの有名な小説家アレクシス・キヴィ(1834-1872年)の像があるラウタティエントリ広場の北側にある建物は国立劇場Suomen Kansallisteatteri)です。
 
201906011353
 
カイサ二エミ公園Kaisaniemi Park)にあるフィンランドのヘーゲル哲学者ユーハン・ヴィルヘルム・スネルマン(J.V.SNELLMAN)の銅像
 
201906011354
 
ヘルシンキ大聖堂に到着しました。ヘルシンキに現存する2番目に古い教会。ちなみに、最も古い教会は木造のオールド教会です。
 
201906011357
  
大聖堂の前にあるセナーティ広場にはかつてフィンランドを統治したロシア皇帝アレクザンダー2世(Alexander II)の銅像があります。
 
201906011360
 
セナーティ広場の右手にある建物
 
201906011361
 
セナーティ広場の左手にある建物
 
201906011362
 
約40万個の御影石が引きつめられたセナーティ(元老院)広場
 
201906011356
201906011359
 
セナーティ広場を出て南方向へ歩きました。
 
201906011364
 
ヘルシンキ大聖堂を振り返りました。
 
201906011365
 
現地
ガイドさんの説明によれば、この通りは2019年2月1日から上映された映画「雪の華」のロケ地になったそうです。参考までにその映画の導入部を紹介すると、『余命1年と宣告された若い女性が偶然出会ったガラス工芸家を目指す男性に100万円を提供する代わりに1か月間の恋人になって欲しいと依頼して受け入れられたことで、2人のフィンランド旅行が始まりました。そして、二人のデートが始まったのがヘルシンキ大聖堂前の広場からマーケット市場へ向かうこの通り(SOFIEGATAN)なのです』。
 
201906011366
 
セナーティ広場から南へ約200m歩くと、エテラ港に面したマーケット広場に到着しました。青空市が開催されていて、オレンジ色のテントには野菜・フルーツ・お土産になる手工芸品・新鮮な魚を使った屋台飯などの店が並んでいます。
 
201906011367
201906011368
 
振り返ると、マーケット広場の北側にはヘルシンキ市庁舎があります。
 
201906011374
  
マーケット広場の中心にあるモニュメント
 
201906011375
 
右手(東側)にはシベリウス公園へ向かう途中で一瞬だけ見えたウスペンスキ寺院が間近にあります。
 
201906011372
 
(続く)

« 北欧4か国を駆け巡る旅(その53) ヘルシンキ市内観光②テンペリアウキオ教会 | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その55) ヘルシンキ市内観光④欧州料理店「ジンケラー」でランチ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北欧4か国を駆け巡る旅(その53) ヘルシンキ市内観光②テンペリアウキオ教会 | トップページ | 北欧4か国を駆け巡る旅(その55) ヘルシンキ市内観光④欧州料理店「ジンケラー」でランチ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ