« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

焼肉ランチを楽しむ 「たまプラーザ べこ亭 本店」編

先の記事「焼肉ランチを楽しむ」の続編としてたまプラーザ駅に近い焼肉店「べこ亭」を選びました。前回(1年近く前に)この店を利用した時は誕生会を目的としたディナー(コース料理)でしたが、今回は同居者と二人だけのランチです。混雑が予想されるため、店がオープンする午前1130分の少し前に駐車場に車を停めました。待つ間に入店を待つ人の列が10数人に伸び、開店時間とともに2番目で1階席に案内され、10分後には階席がほぼ満席になりました。
 
201909220002
201909220003
  
メニューを説明してくれたホール係の男性によれば「たまプラーザ本店」限定のメニューである「響御膳」(和牛上カルビなど4種の肉)(2100+税)がお薦めであるとのことでしたが、私はランチメニューから心積もりしていた和牛焼肉御前(1500+税、ロース、キムチ、ナムル3種、サラダ、スープ、ライス付き)を同行者は赤味肉を楽しむ「べこ亭」一押しの一品と説明された「上ロース」(2100+税)とホットコーヒーを注文しました。単品メニューのサラダとナムルはボリュームがあるとのホールの説明を聞いて、和牛焼肉御膳にあるサラダとナムルをシェアすることにしました。これは適切な判断でした。
 
201909220005
 
「和牛焼肉御前」はロース肉がほど良く美味しく、期待した通り、ランチとしてコストパフォーマンスに優れています。 
 
201909220011
201909220013
201909220014
 
2人でシェアしたサラダとナムル
 
201909220010
201909220009
 
一方、上ロースは肉が柔らかく、その味に同行者は満足してくれたようです。一切れお裾分けにもらうと、「和牛焼肉御膳」の「ロース」とは明らかな差がありました。そう言いながらお返しをすると、それを口に入れた同行者も同感のようで、何度も頷(うなづ)いています。
 
201909220012
 
同行者はコーヒーの味と共にコーヒーカップの形が可愛いことも気に入ったようです。
 
201909220015
  
「ベコ亭」では先に紹介した2軒の焼肉店より上質な焼肉を楽しむことができました。しかも、料金は締めて4010円とリーズナブル。1時間弱のほど良いランチとなりました。
 

席を立つ時に女性のホール係から『またご来店下さい』 と言われたためか、会計を終えて店を出る時に同居者は『また美味しい肉だけを食べに来たいわ!』 と呟つぶや)いています。心地よい満腹感を感じていた私はそれには敢(あ)えて答えず、多くの客が選んでいた人気メニューの「響御膳」あるいは茜(あかね)御膳(和牛上カルビまたは和牛上ロース、1750円+税)を次回候補に考えながら、一足先に駐車場に停めた車へ向かいました。□

2019年9月25日 (水)

その薬を飲む必要はありますか? 健康維持のためゼロベースで管理する!

思いもよらなかった気管支喘息の激しい発作に見舞われたものの、大学病院の救急センターでの応急措置と6日間の入院治療を経て、日常生活に支障がない水準まで快復することができたことを8月下旬のブログ記事「唐突ですが、緊急入院しました!」で紹介しましたが、今回の記事はその後日談です。退院して体調が落ち着くといろいろなことが気になり始めました。その一つが服用している薬の種類の多さです。というのも、毎年受けている健康診断とそのフォローアップである精密検査ほとんどが内科関連)を受けた複数の病院で処方された薬が積もり積もって10種類ほどに増えました。種類の多さに加えて、各々の薬を1日1回、または1日3日、指定された通りに服用することが精神的に大きな負担になっていたのです。
 

多種類の薬が体へ与える負担を考慮して内科関連の薬をゼロベースで見直す必要があるとの思いに至り、長年お世話になっている内科医師と相談することにしました。唯一の例外はつい最近になって処方された気管支喘息用の吸入薬「レルベア」です。今回見直すことにした薬のほとんどは老化現象と生活習慣病について処方されたものです。分かりやすいように病名または疾病名を列挙すると、高血圧症、高尿酸値症、高中性脂肪症(高脂血症)、肝機能障害、膵臓(すいぞう)機能障害など。
 

担当医師と相談した結果、緊急性の無いそれらの薬の服用をすべて休止して、ある期間が経過した後の血液尿検査の結果と担当医師の診察により、治療の必要性が高いものについてだけ適切な薬を処方してもらうことになりました。また、自宅では血圧を毎日計測してその変化を確認することにしました。
 

一か月後に血液尿検査を受けると、思わぬこと(実は予感していたこと)でしたが、唯一肝機能の低下が際立っていました。実は、退院後に体調が安定したことに安心して深酒を再開していたのです。その背景は、今年行った断酒(2か月間とか月間の計2回)で肝機能がいずれもほぼ正常値へと回復したことに気を良くしていたことでした。しかし、わずか1か月の深酒でこの年間続いた危険水準へと逆戻りしたことが数値で示されてしまったのです。
 

担当医師からは、肝機能の低下(悪化)を引き起こしている飲酒量を減らすようにと指示され、肝臓および胆嚢(たんのう)の胆石の状態などを調べる腹部超音波(エコー)検査を受けることでした。そして、薬の処方は次回(2か月後)の血液検査の状況で判断されることになりました。つまり、計3か月間の経過観察になってしまいました。その結果は後日紹介したいと思います。
 

参考情報です。次の写真は気管支喘息の状況を確認することができる血中酸素濃度を測定することができるパルスオキシメーターです。入院中に看護師さんが使用していたものの類似品をアマゾンで購入しました。小型ですから、外出時にもお守り代わりに携行しています。ちなみに、上段の数値「87」は脈拍数(毎分)を、下段の「98」は血中酸素濃度(%)を示しています。(注釈:血中酸素濃度の正常値は96-99%) このパルスオキシメーターは脈拍数も計測できるため、入院患者だけではなく、アスリートにも重宝されている優れものとのこと。
 
Dscf3090
 
気管支喘息の症状が安定化した1か月後に「肺機能検査」を受けたところ、「肺気量・残気量」と「強制呼出曲線・フローボリューム」のいずれも正常(ただし肺疾患との境界領域)と判断されて一安心でしたが、補足事項として『フローの低下があり、一部でフローの低下がみられる』 との指摘がありました。つまり、「末梢気道障害」(末梢気道の炎症性変化)の疑いがあるというのです。「慢性閉塞性肺疾患」(COPD)の代表格である「肺気腫」(肺胞の仕切り壁が壊れて機能が低下する疾患)や「肺血管の異常」とは別にCOPDの早期異常を引き起こす要因となる可能性があるそうです。一時的(可逆的)に気道閉塞する「気管支喘息」とは症状が異なりますが、非可逆的(次第)に症状が進行する「末梢気道障害」には共通する要因(気管・気道の炎症)があるのかもしれません。注釈:末梢気道は直径2mm以下の小気管支と細気管支を指し、気道の導管部である気管・気管支・細気管支の末端部として肺胞につながっている□

2019年9月21日 (土)

携帯電話(スマホ)の利用料金を最適化する(続編)

今年4月に投稿した記事の続編です。大手通信会社の顧客囲い込み戦略によって高止まりしている携帯電話料金を引き下げるとの触れ込みで、今年5月に電気通信事業法が改正され、10月1日から同法が施行されることになりました。鳴り物入りで一部改正された同法の成果を期待したのですが、携帯電話サービスを提供する大手通信会社から発表された新しい料金体系は契約中の解約や2年縛りへの違約金は見直されたものの、通信料金そのものに目立った変更はありませんでした。
 
記者から料金は下がっていないのではないかと質問された菅官房長官は「そうは思いません」と木で鼻をくくったように答えたことが報道されました。『携帯電話料金が他の先進国と比較して高く、4割下げる余地がある』 と1年余り前に指摘して通信業界に一石を投じた菅官房長官の言葉とは思えない大手通信会社の対応に寛容とも受け取れる発言です。
 

通話料金はどのように変わったかを考察する前に電気通信事業法の改正内容をおさらいしましょう。改正点は大別して次の3点です。

①モバイル市場の競争の促進
   ・期間拘束などの行き過ぎた囲い込みの是正のための制度を整備
   ・通信料金と端末料金の完全分離

②販売代理店への届け出制度の導入
  ・販売代理店に届け出制度を導入することで販売代理店の不適切な業務の是正に実効性を担保

③事業者・販売代理店の勧誘の適正化
  ・自己の名称等を告げずに勧誘する行為等を抑止することで、利用者利益の保護を強化
 

この法改正を踏まえて大手携帯電話会社(3社)の料金体制は10月1日までに以下のように変わります。 注)料金の詳細は各携帯電話会社の関連資料を参照・確認してください

1)NTTドコモ(9月17日発表)
  ・2年契約はそのままとし、違約金を1000円に引き下げる
   ただし、同社のクレジットカード(dカード)で料金を支払う場合は割引(170円)あり、違約金無
  ・端末を36か月で分割支払いする場合は最大3分の1を割り引く
  ・SIMロックあり
  ・ギガホ(2年契約とファミリー割引の場合、4980円/月、定期契約がない場合は5150円/月)
   とギガライト(2年契約:1GBまで1980円/月~7GB以上4980円/月、定期契約無:1GBまで
   2150円~7GB以上5150円/月)の2択
  ・ドコモ光セット割(月額料金から最大1000円割引)

2)KDDI(au)(9月3日受付スタート)
    ・2年契約はそのままとし、違約金を1000円に引き下げる
  ・端末を48か月で分割支払いする場合は最大半額免除
    ・SIMロックあり
    ・auデータMAXプラン(同居家族3人、データ容量上限無:5980円/月(6ヶ月)、6980円(以降)
    ・auフラットプラン20(データ容量20GB:4000円/月(1年間)、5000円(2年目以降)
  ・新auピタットプラン(同居家族3人、データ容量1GB以下:1980円/

3)ソフトバンク(9月6日発表、9月13日から適用)
    ・2年契約は廃止する(つまり違約金も廃止)
  ・48か月払いで最大半額免除、ただし端末購入に回線契約を条件としない
  ・SIMロックあり
  ・ウルトラギガモンスター+(50GB):3480円/月(12か月間)、4480円(2年目)
   注) 1年おトク割・みんな家族割・他がある場合
  ・ミニモンスター(1GB以下):1980円(12か月間)、2980円(2年目)
    最大50GB:6480円(12か月間)7480円/月(2年目)
   注)1年おトク割・おうち割・光セットがある場合
 

つまり、大手3社の料金体系は、大容量プランが増えたものの、従来水準でほぼ横並びの料金体系となりますから、通信料金による競争はこれまで以上に弱いものになりそうです。改正のポイントであった通信料金と端末料金の分離については各社とも端末の分割払いに対する割引と形を変えて存続。ただし、10月1日から商用サービスを開始するとしていた楽天モバイルが、基地局の整備などの遅れで開始時期が大幅に遅れることになった(新しい開始時期は未公表)ため、当分は上記のような横並びの状態が続くと見られます。
 
ただし、懸案となっていた大手通信会社によるSIMロックは、従来通り(2015年5月以降に販売された端末は101日目以降に解除可能)のままですから、近いうちに追加で見直しが行われる可能性があると思われます。また、楽天モバイルは新規参入が遅れたことを挽回するため、積極的な料金体系で携帯電話業界にインパクトを与えることも予想され、来春(6月ころ)に商用サービスがスタートする第五世代超高速移動通信「5Gサービス」に対応する携帯端末(日本では未発表)への買い替え需要が生まれることになります。
 
それに先立つプレサービスについては、NTTドコモが9月20日にラグビーワールドカップ2019の会場などにおいてソニーMC・サムスン・LGエレクトロニクスの各社製プレサービス専用端末を使って開始しました。また、ソフトバンクは8月22日にさいたまスーパーアリーナで開催されたバスケットボールの日本代表戦でプレサービスを実施しました。
 
楽天モバイルの参入と5Gの商用サービス、つまり不確定要素と大きな変化、により最新の料金体系が大きな影響を受ける可能性があります。従い、当面(来春まで)は様子見とし、利用者は来年後半に大きな判断をするのが良いと私は考えています。上記状況を踏まえて、これからも携帯電話料金の動向を注視したいと思います。

2019年9月18日 (水)

焼肉ランチを楽しむ 「安楽亭」&「プレミアムカルビ」編

胃の調子が回復した昨秋からは回転ずし、ラーメン、うどんに加えて肉料理も食べられるようになりました。その切っ掛けとなったのは昨年10月、たまプラーザ駅に近い焼肉ダイニング「べこ亭」(たまプラーザ本店)で開かれたチビスケくんの誕生会にその両親から誘われたことです。そして、長年愛用している日本料理の「木曽路」(昨年10月今年1月今年2月今年3月)で味わった料理や「いきなり!ステーキ」(昨年10月今年5月)のステーキを当ブログで紹介しています。
 

退院後の体調が良好であることに感謝する日々が続き、外出する気力が出てきたある日、何気なく通りかかった焼き肉店の看板に惹かれて衝動的に立ち寄りました。思い返すと、子供たちが独立して間もない10数年前に利用して以来の「安楽亭」(宮前平店)です。建物と駐車場は昔のままですが、外観はかなり古びていることに気づきましたが、焼肉の味には関係ないと考えて入店することに。
 

私は黒毛和牛ランチ・メニューからカルビとロースが各50g入る「黒毛和牛ダブルランチ」(1980円+税、ナムル/ライス/スープ/キムチ/ソフトドリンク付)を、同行者はビビンバが食べたかったようで、「石焼ビビンバ&焼肉ランチ」(1180円+税、ファミリーカルビ80g/ミニサラダ/スープ付)を選びました。
 
2019_09010014
 
「ソフトドリンク」として私が選んだ「ジンジャエール」を飲みながら待っていると、10分後に先ず「黒毛和牛ダブルランチ」が配膳されました。
 
2019_09010015
 
待ちきれない私はカルビとロースを一切れずつ金網に載せました。
 
2019_09010016
 
その5分後には「石焼ビビンバ&焼肉ランチ」ともテーブル上に並びました。
 
2019_09010018
 
久しぶりの焼き肉に舌鼓を打った私はもちろん満足しましたが、同行者もビビンバと私からお裾分けしたカルビとロースが気に入ったようです。「石焼ビビンバ&焼肉ランチ」に付いている「ファミリーカルビ」をお返しに貰いましたが・・。価格と美味しさの比例関係を感じさせられました。
 
 

翌日はその近くにある「プレミアムカルビ」(宮前平店)を訪れました。こちらの店は昨年末に開店したばかりの新しい焼肉店です。食べ放題を売りにする焼き肉店のようで、105品(3580円+税)と67品(2980円+税)があります。なお、60歳以上は各500円引きとなります。また、アルコールとソフトドリンクの飲み放題は980円+税ですから、胃袋に自信がある方には魅力的だと思われます。 

私と同行者はアラカルトメニューから「特選ハラミ」(特選醤油ダレ、880円+税)、「特選プレミアムカルビ(特選醤油ダレ、880円+税)、「プレミアム牛塩タン」(780円+税)、「季節の彩り野菜と生ハムのグリーンサラダ(680円+税)、「ナムル10種盛り合わせ」(980円+税)、「The プレミアムビビンバ」(680円+税)を選びました。
 

「ナムル10種盛り合わせ」
 
2019_09010019
 
「プレミアム牛塩タン」
 
2019_09010020
 
「季節の彩り野菜と生ハムのグリーンサラダ」
 
2019_09010021
 
「特選ハラミ」と「特選プレミアムカルビ」
 
2019_09010022
 
石鍋から小皿に装ってもらった「The プレミアムビビンバ」
 
2019_09010023
 
ランチとしては頼みすぎたと思われる多彩な内容に同行者は大満足したようです。そして、「サンチュ」(380円+税)を注文し忘れたとも付け加えられながら店を出ました。
 
2019_09010026
 
近いうちに「ベコ亭」の焼肉ランチも食べてみたくなりました。□

2019年9月 4日 (水)

退院後の体調から気管支喘息の原因を考える

大学病院に緊急入院して気管支喘息の治療を受けると、まさに日を追って症状が改善されました。具体的には、救急センターへ搬入されてから酸素吸入を常時受けたことにより、呼吸困難な症状はほとんど現れなくなり、咳の発生も急減しました。そして、もう一つ、あれほど酷かった鼻水がほとんど出なくなったのです。水のように透明で粘性のない鼻水が出続ける時に感じる鬱陶しさと、それに伴うように頻発する咳は言葉では表現できないほど肉体的かつ精神的に大きな負担でした。
 
そんな苦しい状態が魔法に掛けられたように胡散霧消したのです。温度と湿度が耐えず調整され、毎日のように清掃されるクリーンな病室は気管支喘息には良い影響があるように思われました。というのは昨年10月に駆け込んだ近所の開業医によって気管支喘息と診断されて以来、気管支喘息がさまざまな要因によって引き起こされるアレルギー症状がトリガーになることを関連資料で読み知っていたからでした。花粉、ハウスダスト、住宅内の化学物質、温度の急変など、さまざまなものがあるようです。花粉ひとつを取っても、杉・檜・ブタクサなど四季の移り変わりにしたがってアレルギーを引き起こす要因(アレルゲン)があります。
 
アレルギーの有無については、喘息の初期症状であった激しい咳が現れた昨年7月に病院で血液検査をしてもらい、スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサの花粉・ハウスダスト・ダニなど一般的な6種類についてはアレルゲンが見つかりませんでした。ただし、温度の急変に敏感であるとの自覚症状がその時からありました。また、就寝時と起床時に緒症状が多く現れることから自律神経の不調も原因である可能性があるのかもしれません。
 
救急センターでの応急処置と入院後の治療によって気管支喘息の症状が治まり精神的に落ち着きを取り戻したことで、退院後に気管支喘息の症状が再発しないかどうか気になり始めました。つまり、生活環境が元に戻ることで、アレルギー反応が再び起こるのではないかとの危惧です。このように体力の衰えと再発への心配があったため、退院後は一切外出しないで自宅で療養するつもりで静かな生活を送りました。また、酷暑のピークは過ぎたものの猛暑は続いていますから、熱中症を避けるためエアコンは一日中付けたままにして、水分補給を十分するように努めました。
 
その効果があったのか、初日は鼻水の兆候はまったく見られず、気管支喘息の兆候(咳と呼吸困難)も一切ありませんでした。また、一週間ぶりの軽い入浴も心地良いものでした。そして、一番気になっていた就寝時の呼吸に乱れはまったく感じられず、心穏やかに眠りにつくことができました。大袈裟ではなく、生き返った心地です。
 
退院2日後も何事もなく過ぎ、3日後と4日後になっても体調に異変はまったくありません。そして、早朝の最低気温が25度を下回った5日後には以前から予定されていた所用があったため、退院後において始めて外出しました。徒歩にはまだ自信がありませんから、同居者が運転する車に乗せてもらいました。30分ほどで所用が無事に終わった後も同じ車に乗せてもらって帰宅。このような状況下、一週間ほどで日々の生活サイクルがほぼ正常に戻りました。この状況から見て、花粉やハウスダスト(埃・カビ・ダニなど微生物の死骸など)が原因である可能性は低くなったようです。
 
9日後の月曜日(9月2日)に大学病院の外来を受診しました。担当医師の予約が取ることができた最も早いタイミングです。担当医師の問診では気管支喘息にかかわる諸症状がほぼ無いことを説明するなかで、唯一喉に軽い違和感があり、声が少し枯れていることを伝えました。聴診器を背中に当てた検診では呼吸時の異音もなかったそうです。一か月後にもう一回だけ外来に来るようにとの指示があり、それまでに必要な吸入薬は効果がやや弱い(ステロイドの量が半分の)「レルベア100」(30回分)を処方されました。症状の改善具合と喉への影響が考慮されたと思われます。
 
当面は発作を起こさない体調を維持することに専念することにして、最大の関心事であった気管支喘息の原因については次回の外来診察時に担当医に尋ねてみたいと思います。
 
結言。昨年来徐々に悪化していた気管支喘息の症状が6日間の入院治療によって劇的に改善されましたが、それに加えて全身の体調を整える効果もありました。食欲不振だけではなく、時々発生した下肢の浮腫(むく)みも解消したのです。今回の緊急事態を契機に、生活習慣をさらに見直して体調と体力を改善して行こうと改めて心に固く誓いました。

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ