« 退院後の体調から気管支喘息の原因を考える | トップページ | 携帯電話(スマホ)の利用料金を最適化する(続編) »

2019年9月18日 (水)

焼肉ランチを楽しむ 「安楽亭」&「プレミアムカルビ」編

胃の調子が回復した昨秋からは回転ずし、ラーメン、うどんに加えて肉料理も食べられるようになりました。その切っ掛けとなったのは昨年10月、たまプラーザ駅に近い焼肉ダイニング「べこ亭」(たまプラーザ本店)で開かれたチビスケくんの誕生会にその両親から誘われたことです。そして、長年愛用している日本料理の「木曽路」(昨年10月今年1月今年2月今年3月)で味わった料理や「いきなり!ステーキ」(昨年10月今年5月)のステーキを当ブログで紹介しています。
 

退院後の体調が良好であることに感謝する日々が続き、外出する気力が出てきたある日、何気なく通りかかった焼き肉店の看板に惹かれて衝動的に立ち寄りました。思い返すと、子供たちが独立して間もない10数年前に利用して以来の「安楽亭」(宮前平店)です。建物と駐車場は昔のままですが、外観はかなり古びていることに気づきましたが、焼肉の味には関係ないと考えて入店することに。
 

私は黒毛和牛ランチ・メニューからカルビとロースが各50g入る「黒毛和牛ダブルランチ」(1980円+税、ナムル/ライス/スープ/キムチ/ソフトドリンク付)を、同行者はビビンバが食べたかったようで、「石焼ビビンバ&焼肉ランチ」(1180円+税、ファミリーカルビ80g/ミニサラダ/スープ付)を選びました。
 
2019_09010014
 
「ソフトドリンク」として私が選んだ「ジンジャエール」を飲みながら待っていると、10分後に先ず「黒毛和牛ダブルランチ」が配膳されました。
 
2019_09010015
 
待ちきれない私はカルビとロースを一切れずつ金網に載せました。
 
2019_09010016
 
その5分後には「石焼ビビンバ&焼肉ランチ」ともテーブル上に並びました。
 
2019_09010018
 
久しぶりの焼き肉に舌鼓を打った私はもちろん満足しましたが、同行者もビビンバと私からお裾分けしたカルビとロースが気に入ったようです。「石焼ビビンバ&焼肉ランチ」に付いている「ファミリーカルビ」をお返しに貰いましたが・・。価格と美味しさの比例関係を感じさせられました。
 
 

翌日はその近くにある「プレミアムカルビ」(宮前平店)を訪れました。こちらの店は昨年末に開店したばかりの新しい焼肉店です。食べ放題を売りにする焼き肉店のようで、105品(3580円+税)と67品(2980円+税)があります。なお、60歳以上は各500円引きとなります。また、アルコールとソフトドリンクの飲み放題は980円+税ですから、胃袋に自信がある方には魅力的だと思われます。 

私と同行者はアラカルトメニューから「特選ハラミ」(特選醤油ダレ、880円+税)、「特選プレミアムカルビ(特選醤油ダレ、880円+税)、「プレミアム牛塩タン」(780円+税)、「季節の彩り野菜と生ハムのグリーンサラダ(680円+税)、「ナムル10種盛り合わせ」(980円+税)、「The プレミアムビビンバ」(680円+税)を選びました。
 

「ナムル10種盛り合わせ」
 
2019_09010019
 
「プレミアム牛塩タン」
 
2019_09010020
 
「季節の彩り野菜と生ハムのグリーンサラダ」
 
2019_09010021
 
「特選ハラミ」と「特選プレミアムカルビ」
 
2019_09010022
 
石鍋から小皿に装ってもらった「The プレミアムビビンバ」
 
2019_09010023
 
ランチとしては頼みすぎたと思われる多彩な内容に同行者は大満足したようです。そして、「サンチュ」(380円+税)を注文し忘れたとも付け加えられながら店を出ました。
 
2019_09010026
 
近いうちに「ベコ亭」の焼肉ランチも食べてみたくなりました。□

« 退院後の体調から気管支喘息の原因を考える | トップページ | 携帯電話(スマホ)の利用料金を最適化する(続編) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 退院後の体調から気管支喘息の原因を考える | トップページ | 携帯電話(スマホ)の利用料金を最適化する(続編) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ