« [番外編2] 海外の街で料理を食べ歩く | トップページ | 渋谷スクランブルスクエアの展望台「渋谷スカイ」(中編) »

2019年11月22日 (金)

渋谷スクランブルスクエアの展望台「渋谷スカイ」(前編)

今月1日にオープンしたばかりの「渋谷スクランブルスクエア(東棟)」(地上299m/47階建)へ向かいました。東京メトロ渋谷駅の宮益坂中央改札(宮益坂下交差点の下)を出て左手(南方向にあるJRと銀座線方面)に進みます。私の記憶では地下鉄渋谷駅の出入り口は1番から16番まで(注釈:一部はaまたはbのサフィックス付)で、「B4-B7、C1-3」の番号表示は初めて見るものです。 注釈:「渋谷スクランブルスクエア」の中棟(JR渋谷駅の真上辺りに建設)と西棟(現在の東急東横店の場所に建設)は2028年に完成予定
 
201911180002
 
後で調べると、「渋谷スクランブルスクエア(東棟)」のオープン日と同じ11月1日に渋谷駅周辺で地下鉄駅の出入り口のナンバリングがエリア別へと変更になっていました。これまでは1番から16番が割り当てられていたため、渋谷駅からみてどの方角にあるのかが分かりにくかったと思います。今回の変更の具体的な内容は、従来の1番から8番(渋谷駅の北西エリア:道玄坂・センター街・ハチ公前広場など)がA0-A7、A12に、9番から15番(渋谷駅の北東エリア:東口地下広場・渋谷郵便局・宮益坂下・渋谷スクランブルスクエア・渋谷ヒカリエなど)がB1-B7に、16a/b/c番(渋谷駅の南東エリア:東口バスターミナル・渋谷ストリーム・渋谷警察署
など)がC1-C3となりました。注釈:Dエリア(渋谷駅の南西エリア:西口・桜丘方面・渋谷フクラス・三軒茶屋側)は12月5日開業予定、A12(スクランブル交差点の北東角にあるMAGNET by SHIBUYA109に直結する出入口)が離れた番号となった理由は不明、Yahoo!地図では11月22日現在旧表示のまま
 

JRと銀座線、および東口の案内標識に従って、地下通路が交差する場所を右折しました。天井近くには”SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE”の表示があります。ちなみに、反対側にあるB5は「渋谷ヒカリエ」の出入口です。
 
201911180003
 

その先にあるエスカレーターで地上へ向かいます。地下階には「渋谷スクランブルスクエア」の入口がないようです。
 
201911180004
 
B6出入口から地上に出ると右手に渋谷スクランブルスクエアの入口がありました。ちなみに、地下2階から地上14階までは複数のテナントが入居する都市型商業施設であり、16階から45階まではオフィス用のフロア、45階の一部と46階が展望施設の「渋谷スカイ」、そして残る15階は産業交流施設になっているようです。注釈:オープンする時間は地下2階から11階と14階の物販・サービス・フロアが午前10時、12階と13階のレストラン・フロアは午前11時
 
201911180005
 

入口脇のカフェだけがオープンしているだけ(あるいは準備中)ですから、左手にあるエスカレーターを利用して「渋谷スカイの専用エレベーター」があるという2階へ向かいます。ちなみに、左手には「バス乗り場」と「明治通り」があります。
 
201911180006
 

2階へ上がると「渋谷ヒカリエ」との連絡通路前に出ました。
 
201911180007
 

専用エレベーターの乗場を探しましたが、オフィス用エレベーター(写真左手)と右手の通路に面している地下-3階間のエレベーター(写真右端)以外に動いているものがありません。
 
201911180009
 

あてもなく3階まで上がってみましたがやはり手がかりはありません。変化の激しい渋谷でお登りさん同然である私はたまたま見かけた守衛さんに尋ねると、『現在は1階に専用エレベーターの乗場がある』 と教えてくれました。私が確認した情報は古かったようです。エスカレーターで1階まで下りると、柱の陰にその案内図を見つけました。
 
201911180011
 

明治通りに面して連絡通路の下にある入口脇にエレベーターを見つけましたが、「休止」の表示が出ていてまだ動いていません。
 
201911180013
 

柱に掲示してある案内パネルで「渋谷スカイ」が午前9時にオープンすることと、料金はWEBチケット(事前予約)が1800円であることを再確認しました。ちなみに、当日窓口チケット(2000円)は12月1日から販売されるとのこと。
 
201911180016
 

まだ早朝(午前8時35分)であるためか、入口付近を通行する人影はわずかであり、また立ち止まっている数人は「渋谷スカイ」への入場を待っている人たちのようです。
 

午前8時45分になると専用エレベーターがやおら動き始めましたので、待っていた人たちと一緒にエレベーターに乗り込みました。ガラス窓越しに「渋谷ヒカリエ」とその2階につながる「連絡通路」が見えます。
 
201911180018
 

動き始めたエレベーターからは「渋谷ヒカリエ」がスクロールするように見ることができました。
 
201911180020
201911180023
 

14階へ到着。予約済みの客はポールパーテーションに沿って進み、チケット・カウンターの右手にあるゲートに誘導されました。大阪の「あべのハルカス」と同様、中層階に展望台(渋谷スカイ)へ上がる専用エレベータの乗り場があるのです。ちなみに、ここから「渋谷スカイ」のエリア(SKY GATE)になっているようです。
 
201911180024
201911180025
 

ほどなくしてWEB予約で入手したチケットのコピー(注釈:スマホに入ったチケットも可)を読み取り機に翳(かざ)すと、入場ゲートが開きました。
 
201911180107
 
奥へ進むと、左手に造られた人の列を整理するポールパーテーションの先に「渋谷スカイ」内を移動するもう一つの専用エレベーター(左右に2基)がありました。(注釈:写真は左側のエレベーター) 1階のエレベーター乗り場に早く並んだ甲斐があって、私は先頭から4番目です。ちなみに。午前9時-午前9時20分の入場者全体で40名ほどの列ができました。
 
201911180026
 

午前9時ちょうどになると渋谷スカイ(45階)行きのエレベーターが動き始めました。天井には映画「2001年宇宙の旅」のワープシーンを連想させる奇抜な模様が次々に映し出されました。
 
201911180027
 

45階でエレベーターを降り、案内されたエスカレーターで46階へ向かいました。狭い通路を抜けるのは大阪の「あべのハルカス」と似た演出です。
 
201911180031
 

幅が狭く黒一色の空間を抜けると明るくて開けた46階に出ると、左手にあるコインロッカー室で手荷物を預ける必要がありました。(注釈:100円硬貨をデポジット)
 
201911180032
 

反対側にある大きなガラス製の出入口を抜けて、いよいよ「渋谷スカイ」の46階(屋上部)へ出ます。
 
201911180033
 

(続く)

« [番外編2] 海外の街で料理を食べ歩く | トップページ | 渋谷スクランブルスクエアの展望台「渋谷スカイ」(中編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [番外編2] 海外の街で料理を食べ歩く | トップページ | 渋谷スクランブルスクエアの展望台「渋谷スカイ」(中編) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ