« ファーストフード戦国時代を考える | トップページ | 複合施設「渋谷フクラス」のルーフトップガーデンへ上がってみました! »

2019年12月21日 (土)

武蔵小杉のカフェレストラン「ピッコロ」での忘年会

今年もゴルフ仲間との忘年会が開催されました。メンバーの高齢化があり、木枯らしが吹く寒い夜ではなく、昨年から「ランチ会」として開催されるようになり、会場は武蔵小杉駅の最寄りにあるカフェレストラン「ピッコロ」が昨年に続いて選ばれました。
 

JR南武線と東急東横線の武蔵小杉駅から徒歩数分の場所にあります。昨年と異なる点はすぐ近くにタワーマンション”Kosugi 3rd Avenue The Residence”(コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス)が完成に近づいていることです。「イトーヨーカ堂武蔵小杉店」の隣接地にあるL字型の敷地に高層棟と低層棟(手前)がならんで配置されています。 
 
201912140001
 
裏手に回り込むと、ほぼ完成した外観のタワーマンションに工事用の大きなクレーンがありました。 
 
201912140010
 
工事用に設置されたフェンスには広告パネルが設置されています。
 
201912140011
 
市道の反対側、「セントア武蔵小杉B棟」(地上4階建)の1階に昨年とまったく変わらないファサードのカフェレストラン「ピッコロ」がありました。 
 
201912140008
201912140009
 
「セントア武蔵小杉」は市街地再開発によって生まれた商業・業務ビル(3階建)で、南北に並ぶA棟とB棟で構成されています。
 
201912140012
201912140013
 
このエリアが再開発される前からこの地にあった「ピッコロ」は、お気に入りのイタリアン・レストランで、現役時代から良く利用させてもらっていました。外観は変わりましたが、内部の構造はあまり変わっていないように思われます。つまり、入口近くのオープンフロアと一段高くなった奥にある個室の構成は昨年と変わっていません。
 

生ビールで乾杯していると、コースメニュー(税込3000円)の配膳が始まりました。地場野菜サラダ、アンティパスト、そしてタレが入った小皿が並びました。 
 
201912140015
 
「アンティパスト(前菜)の盛り合わせ」は昨年と盛り合わせ方が少し異なります。 
 
201912140016
 
イタリアンの店ですがなぜか「餃子」(6個)も。ハマポークを使用したシェフ特製のイタリアンな餃子で、ビールのおつまみにピッタリとのこと。小皿に入った2種類のタレはこの特製餃子用でした。
 
201912140017
 
輪切りされたバケット(フランスの棒形パン)は硬い外側と柔らかい内側の対比が楽しめます。
 
201912140018
 
本日のパスタは表面に筋が入った筒状の「リガトー二」 注)昨年はペンネ
 
201912140019
 
メインは「肉と魚の盛り合わせ」は「ローストポーク」と「白身魚のフライ」
 
201912140020
 
デザートも昨年と同様のレイアウトですが、各々は少しアレンジされていました。
 
201912140021
 
料理とワインが美味しく、話題も病気自慢と最近のトピックスに終始しながら、約1時間半のランチ会は盛況裡に終わりました。□

« ファーストフード戦国時代を考える | トップページ | 複合施設「渋谷フクラス」のルーフトップガーデンへ上がってみました! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファーストフード戦国時代を考える | トップページ | 複合施設「渋谷フクラス」のルーフトップガーデンへ上がってみました! »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ