« 神奈川県立三ツ池公園でお花見を楽しむ!(その3) | トップページ | 神奈川県立三ツ池公園でお花見を楽しむ!(その5) »

2020年3月27日 (金)

神奈川県立三ツ池公園でお花見を楽しむ!(その4)

白色の里桜「白妙(しろたえ)」は大輪八重咲の花が咲くはずです。

202003230084

まだ固い蕾(つぼみ)の「松月(しょうげつ)」の花は淡紅色の八重咲きで、花の中心は白色で細かい切れ込みが入るのが特徴のようです。

202003230085

「紅笠(べにかさ)」の花は大輪・八重咲き淡紅色で、開花期は4月下旬のようです。

202003230086

「紅豊(べにゆたか)」の花は八重咲で濃厚紅色で、通常の開花時期は4月上中旬

202003230087

「中の池」の西端近くにある「遊びの森

202003230088

「中の池」の西端に設けられた水辺階段(親水エリア)の下にできた「花筏(はないかだ)

202003230090
202003230089

カモ科で渡り鳥の「金黒羽白(きんくろはじろ)」

202003230091

「江戸彼岸桜(えどひがんざくら)」の開花時期は通常3月下旬ですから、暖かい今年でも例年並みと言えます。

202003230093

若葉を塩漬けにして桜餅(さくらもち)を包む野生の「大島桜」(注釈:通常の開花時期は4月上旬)はすでに満開です。

202003230094

対岸の親水エリア近くを泳ぐのは水鳥の「軽鴨(かるがも)」でしょう。

202003230097

花の広場」です。奥へ続く舗道(ほどう)は公園敷地の周辺に続く散策路に繋(つな)がっているようです。名前通りに桜の木が群生していますから、草地にシートを敷けば、簡単に「お花見会場」になりそうです。

202003230098

野生種の「大島桜」は、通常4月上旬に開花するそうですが、323日というのにほぼ満開状態です。

202003230100

「大島桜」と「中の池」越しに臨んだ県域放送局「テレビ神奈川(TVK)」(昭和47/1972年開局)の電波塔(高さ170mの三ツ池公園送信所、愛称:三ツ池タワー)です。鶴見区と川崎市南部のランドマークと言えます。

202003230099

ちなみに、開局時はUHF電波を使うアナログTV放送(42ch)でしたが、200412月から地デジ放送(18ch)が始まりました。そして、アナログ放送は20117月に終了。また、東京にある"inter-FM"の中継局を併設しているそうです。

ここにも「三ツ池の桜」の案内看板があります。

202003230101

通常は3月上旬に開花する「大寒桜」は既に葉桜となり始めています。

202003230103

西端から見た「中の池」

202003230104

「水鳥」の説明看板

202003230105

「軽鴨」と「金黒羽白」を一緒に捉(とら)えようとましたが、シャッターのタイミングが悪くて・・!

202003230106

(続く)

« 神奈川県立三ツ池公園でお花見を楽しむ!(その3) | トップページ | 神奈川県立三ツ池公園でお花見を楽しむ!(その5) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神奈川県立三ツ池公園でお花見を楽しむ!(その3) | トップページ | 神奈川県立三ツ池公園でお花見を楽しむ!(その5) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ