« ニュージーランド旅行は楽しい!(その5) オークランド(前編) | トップページ | NHKスペシャル 「天空と荒野の両世界」~アフリカ エチオピア高原~ »

2020年5月 6日 (水)

ニュージーランド旅行は楽しい!(最終回) オークランド(後編)

市街地の南東約1.5kmにある火山の地形を生かして造られた「オークランドドメイン公園」(75ヘクタール/東京ドーム16個分の敷地)のひと際小高くなった場所にある重厚な建物「戦争記念博物館」は、ニュージーランドの先住民であるマオリ族の文化や日本のゼロ戦など「戦争と文化」に関するものが展示されているニュージーランド最大の博物館です。

81

一際目を引いたのは「ゼロ戦」(艦上戦闘機22型)の実機展示です。終戦時にニュージーランド軍にによってソロモン諸島のブーゲンビル島で発見された日本海軍のものであったようです。ちなみに、館内はフラッシュを用いた写真撮影が許可されています。ただし、三脚の使用は不可。

82
84

旧日本軍パイロット関連の展示

83

同じ公園内(博物館の西方)には無料で入園できる大きな植物園「ウィンター・ガーデン」(1920年設立)がありました。晩秋でしたが、ニュージーランドの草花をはじめ、世界各国の花々も咲き乱れていました。各々の花についての説明がないことが少し残念! 参考:関連のURL

67
80
86

2つの大温室内には熱帯植物やニュージーランドのシンボルとも言える白いシダ(Silver Fern/シルバー・ファーン)を含む100種類以上のシダ類が展示してありました。

87
88

市街地から東方約5㎞の海岸にある「ケリー・タールトン水族館」はニュージーランドや南太平洋の様々な生き物を紹介するユニークな水族館で、オークランドの人気観光スポット。南極ペンギンも飼育しており、その規模は世界一だそうです。写真の「サメのトンネル」。このタイプの展示では、この水族館が発祥の地だそうです。

78
79

近くのレストランで昼食を摂(と)ることに。ワイテマタ湾越しにシティ(市街地)を望むことができる場所でした。

76

ホットドッグとアイスクリームを売る移動売店

85

訪れた1999年の2年前(1997年)に完成した「スカイ・タワー」(108mの丘に建つ高さ220mの塔)に上がった時の写真がHDDとDVDの写真ファイル内に何故か見当たりません。とは言っても新しもの好きな私ですから、もちろん「スカイデッキ」(塔の112mポイント/地上220mにある展望台)まで上がり、見どころであるガラス床を楽しんだ(?)記憶があります。床に嵌(は)められた大きなガラス板(2m x 3m)越しに広がる地上の眺めは大迫力。怖(こ)がる同行者を前にした筆者は平静を装ってガラス床の上に立って見せましたが、本当はすごく怖かったのです。

ちなみに、国内では、明石海峡大橋のプロムナード(遊歩道)にある透明なガラス床を通して明石海峡を見る体験をしています。また、東京タワーのメインデッキ(地上高150m)にある小さめの"Skywalk Window"東京スカイツリーの展望デッキ(フロア340)でもガラス床を体験しています。

この日も前日と同じホテル「シェラトンオークランド」に宿泊しました。

次の写真は、ニュージーランド滞在の最終日(419日)、ホテル「シェラトンオークランド」のロビーで撮影したものです。ちなみに、1週間余りの海外旅行ですが、スーツケースは2つとも小型のもの(注釈:うち1個は機内持ち込み可のサイズ)を利用しています。 

90

ホテル「シェラトンオークランド」のエントランスを出て再び撮影

91

午前9時少し前にホテルを出発。午前11:30分に オークランド空港を離陸した日本航空のJL099便から見たニュージーランド北島周辺の島々が眼下に見えました。ちなみに、今回は観光旅行ですからチケットはエコノミー・クラスでしたが、幸運にも復路は二人ともビジネス・クラスの席にアップグレードしてもらえました。

92

20年以上前のことであり時効と考えて写真を披露します。当時は例外的に許されていたことですが、水平飛行中(自動操縦モード時)に同行者とともにコクピットを見学させてもらうことができました。日本航空の「グローバル・クラブ」の優良会員(50万マイル搭乗、地球20周相当)であることで優遇されたのかもしれません。

93
94

実は、この数年前、同じ日本航空の欧州路線においても、帰路のシベリア上空でジャンボ機のコクピットに入れてもらったことがあります。眼下に広がるアムール川付近の真っ白なシベリア大地を今も覚えています。

同日の午後7:25分に予定通り成田空港へ帰着することができました。この旅行を皮切りにして、数年後に退職してからは同居者と一緒の海外旅行が毎年のように続くことになります。(終)

« ニュージーランド旅行は楽しい!(その5) オークランド(前編) | トップページ | NHKスペシャル 「天空と荒野の両世界」~アフリカ エチオピア高原~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュージーランド旅行は楽しい!(その5) オークランド(前編) | トップページ | NHKスペシャル 「天空と荒野の両世界」~アフリカ エチオピア高原~ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ