« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

聖なる巡礼路を行く!〜カミーノ・デ・サンチャゴ 1500km〜(3)魂の道

NHK総合テレビで724日に放送された「聖なる巡礼路を行く!〜カミーノ・デ・サンチャゴ 1500km〜(3)魂の道」を観ました。「(1)宗教の道」(ピレネー山脈まで)と「(2)肉体の道」(ピレネー山脈以降)に続く最終回です。

NHKの関連hpには次のように紹介されています。

『キリスト教の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを徒歩で目指す旅「サンティアゴ巡礼」。スペイン中央部から続く道で、自身の内面と向き合う巡礼者たちの感動の物語。』

『キリスト教の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを徒歩で目指す旅「サンティアゴ巡礼」。最先端の8Kカメラを用い、3回シリーズでその全貌に迫る第3話は、スペイン中央部に広がるメセタの大地から続く平坦な道のりを追う。高低差もなく、景色の変化がないため否応なく自身の内面と向き合うことになるこの道を経て、巡礼者はいよいよ聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂に到着する。』

【語り】武内陶子, 森川智之

                            ☆

番組を観ながら書いた概要は以下の通りです。

3回シリーズの最終回は「サンティアゴ巡礼」の出発地であるフランス南東部の聖なる地、ル・プュイ=アン=ヴレにあるノートルダム大聖堂のシーンから始まりました。

スペインの聖地「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の大聖堂まで1500km(注釈:スペイン国内は約900㎞)も続くサンチャゴ巡礼路「ル・ピュイの道」は年々人気が高まって、巡礼者の数は年間35万人を超えているそうです。一日平均20km歩く巡礼者たちの多くは人生の節目を迎えている人たちです。中には悩みを抱えている人もいました。

筆者が10年以上前に体験した日本の「四国遍路」(四国八十八か所巡拝、ルート長:1,100‐1,400㎞)と似ています。ただし、出発地が多数ある「サンティアゴ巡礼」に様々なルートがあり、本番組で扱われたのは「フランス人の道」です。ちなみに、昨年の北欧旅行の帰路、コペンハーゲン空港で出会った日本人ご夫妻からお聞きした「ポルトガルの巡礼」(説明:リスボンから北上してサンティアゴ・デ・コンポステーラに至る「ポルトガルの道」)とは出発地とルートが異なります。

ノートルダム寺院を出発した様々な人たち(巡礼者たち)が聖地「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」を目指して歩き始めました。イエス・キリストの影響を恐れた為政者によって殺された聖サンチャゴ(説明:聖ヤコブのスペイン語表記、キリストの使徒のひとり、使徒ヨハネの兄)の埋葬地です。出発地から100㎞余り歩いて到着した「エスタン」では、中世の祭りが行われており、テンプル騎士団(説明:ローマ教皇に認可された中世の騎士修道会)が登場しました。フランスで最も美しい村といわれるそうです。

次いで、やはり美しい「コンク村」まで進みました。そこには天国と地獄が表現されており、巡礼によって救われた巡礼者の自戒(じかい)がありました。四国遍路で見かけた人たちの表情と重なります。そして、いずれにおいても巡礼者たちの心の交流がありました。また、「カオール」ではヴァラントレ橋サンテティエンヌ大聖堂の美しさを紹介しました。

スペインが近づきました。ピレネー山脈を越えるのです。巡礼者たちは難所であるピレネー越えのレクチャーを受けます。フランス側に続くなだらかな上り坂の道をひたすら上って頂上付近を過ぎると、スペイン側の急な下り坂が待っていました。ロンセス・バリェス村に到着。フランスとスペインにまたがるバスク地方を歩きます。バスク人の文化が根付く地域です。巡礼者たちのために架けられた「王妃の橋」を渡ります。

美しいシラウキの町からロブローニョの町に入りました。この「美食の町」では収穫祭が行われていました。目的地まであと580kmです。平らな農地が広がるスペインのメセタの大地を歩きます。地形と景色に変化がないため、「心の難所」と呼ばれるそうです。ここで日本人巡礼者が登場してインタビューに答えました。レオンの町では「レオン大聖堂」が巡礼者たちを迎えました。

巡礼宿のアベ・フェニックスでは魔除けの儀式である「ケイマーダ」が始まりました。巡礼者たちを歓迎するケルト人(説明:中央アジアからヨーロッパに移り住んだ民族、非ゲルマン系)の儀式です。「レオンの町」を出てスペイン北西端(ポルトガルの北隣)にあるガリシア州に入りました。目的地まであと48kmを残すだけになりました

旅のゴールが近づいたところで巡礼者たちの思いが語られます。聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂に到着した巡礼者たちは巡礼終了証を受け取りました。四国遍路では高野山にて御朱印をいただくことと同じです。巡礼を終えた巡礼者たちは90km離れた大西洋に面した景色が美しいフィニステーレ(説明:地の果ての意)へ向かうシーンで番組は終わりました。

2020年7月29日 (水)

土用の丑の日に思う:ファストフード店のうな丼

7月21日は「土用の丑(うし)の日」でした。「土用」とは五行思想(説明:古代中国に端を発する自然哲学の思想で、万物は火・水・木・金・土の5種類の元素からなるという説)に基づく雑節(説明:季節の移り変わりを示す暦日)であり、四季の四立(説明:立春、立夏、立秋、立冬)の直前の約18日間を指します。ちなみに、単に土用と言った場合は夏の土用(立秋直前)を指すことが多いようです。そして、「丑の日」はその期間における十二支が丑である日を指します。なお、「土用」の期間は毎年異なり、今年の「土用」は87日ですから、その18日前の721日と5日前の82日の両日が「土用の丑の日」になります。そこで、両者を区別するため、前者を「一の丑」、後者を「二の丑」と呼びます。

余談ですが、「雑節」とともに使われる「二十四節気」は、一年を春夏秋冬の4つの季節に分け、それぞれをさらな6つに分けたもので、「節(節気)」と「気(中気)」が交互に存在し、太陰太陽暦(説明:旧暦)で3年に一回現れる閏月(うるうづき)を設(もう)ける基準となっています。例えば、1月には節気の「立春」(説明:春の気配が立ち始める日)と中気の「雨水」(説明:雪が溶け始めるころ)があります。

閑話休題。万葉集で大伴家持(おおとものやかもち)が詠(よ)んだ和歌にあるように、昔から体調を崩しやすい夏には鰻(うなぎ)を食べて栄養をたっぷり摂(と)ろうという考えがあったようですが、「土用の丑の日」に鰻(うなぎ)を食べる習慣が生まれたのは江戸時代中頃に活躍した蘭学者の平賀源内(ひらがげんない)のキャッチコピーだというのが定説です。「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた平賀源内が、店先に『本日丑の日、土用の丑の日うなぎの日、食すれば夏負けすることなし』 と書いた看板を立てさせたところ、その店が大繁盛したことで、他の店もこれに習ったと伝えられます。

天然うなぎの旬は秋から冬にかけてですが、現在は養殖によって「土用の丑の日」に美味しくなるように育てられているようです。つまり、養殖うなぎの旬は「土用の丑の日」前後と言えますが、実際は一年中が旬なのです。ちなみに、鰻の稚魚である「シラスウナギ」が不漁であった昨年は鰻の価格が高騰しましたが、今年は「シラスウナギ」が豊漁(前年比で約5倍)であるため、秋にかけて鰻の価格は徐々に下がると考えられます。とはいっても「シラスウナギ」の捕獲量は長期的に見れば減少中であり、絶滅危惧ⅠB(上から2番目)に指定されていますから、「鰻を完全養殖する技術の」の早期完成が待たれます。

                           ☆

長い導入部になってしまいましたが、いよいよ本題の前半「ファストフード店のうな丼メニュー」です。鰻料理は専門店が提供する高級品に加えて、近頃では下記のように多くのファストフード店も提供するようになりました。注)メニューの内容と価格に変更がある場合があり

1.牛丼チェーン店

すき家

テレビCMで「うな丼」を積極的にPRしている牛丼チェーン店の「すき家」は焼きが完了した蒲焼をレトルト化(凍結・真空パック)するセントラル・キッチン方式を採用して、それを各店舗に配送しているようです。

「うな丼(並盛)」(税込790円)、「特うな丼」(税込1,280円)、「うな玉丼」(税込870円)、「うなとろ丼(並盛)」(税込890円)、「うな牛(並盛)」(税込890円)、「同(特盛)」(税込1,380円)、「特うな皿」(税込1,180円)、その他「うな丼セット」など多数のうなぎメニューがあります。

吉野家

牛丼チェーン店の「吉野家」は、季節限定で提供していた「うな丼」を止め、2015年から中国からのうなぎを使った「うな重」を通年で提供し始めた先駆者です。

うな重 1枚盛(788+税)、うな重 2枚盛(1,218+税)、うな重 3枚盛(1,648+税)、とろろ鰻重 1枚盛(986+税)、とろろ鰻重 2枚盛(1,416+税)、とろろ鰻重 3枚盛(1,846+税)、鰻皿 1枚盛(698+税)、鰻皿 2枚盛(1,128円)、鰻皿 3枚盛(1,558円)

松屋

牛丼チェーン「松屋」の各店で、昨年から新メニュー「うな丼」が販売が開始されています。名店「小満津(こまつ)」が監修したうな丼であることを売りにしています。

みそ汁、ミニお新香、山椒小袋つきの価格は830円(税込)、うなぎを増量した「うな丼ダブル」は1,390円。また、定番メニューの「牛めし」も同時に味わえる「うなぎコンボ牛めし」(990円)、うなとろ牛皿御膳(1,100円)、うなとろ牛皿御膳ダブル(1,640円)があるようです。

なか卯

牛丼の三大大手チェーンの「なか卯」にも以下の鰻メニューがあります。

うな重(850円)、特うな重(1,250円)、うな丼豪快盛(1,650円)、うなぎご飯(450円)

2.回転寿司店

くら寿司

すしやのうな丼(734円)、すしやの特上うな丼(2枚乗せ)(,058円)

スシロー

回転寿司「スシロー」を展開する「あきんどスシロー」は722日から82日まで、「夏だ!鰻だ!肉だ! Wスタミナ祭」を開催し、スシロー史上最大ボリュームの「超特大うなぎ」(300円、以下税別)や、店舗ごとに神戸牛・松阪牛・近江牛が味わえる「ブランド牛のにぎり」(300)などのスタミナメニューを提供する。各日数量限定。

超特大 うなぎ(300円)、夏味 匠のうなオクラ(150円)、う巻きにぎり(100円)、うなきゅう巻(150円)、うなちらし(780円+税)

3.ファミリーレストラン

ガスト

うなぎ弁当(999+税)、うなぎ弁当 ダブル(1,599+税)

4.弁当チェーン店

ほっともっと

うな重(790円)、Wうな重(1,390円)

オリジン弁当

うな重(中国産うなぎ)(1,058円+税))、同2枚のせ(1,600円+税))、鹿児島県産うな重 (2,000円+税)、同2枚のせ(3,800円+税))

                            ☆

本題の後半は実食です。上記のファストフード店のなかから「鰻料理」で評判が高い吉野家を選び、そこで提供される「鰻重」を食べることにしました。向かったのは自宅からそれほど遠くない「246号線荏田(えだ)店」です。と言うのも、最寄りの「たまプラーザテラス店」は鰻関連商品を販売していないからです。

4連休が過ぎた727日(月)、混雑(3密)を少しでも避けるため、午前11時半ころに入店しました。国道246号沿いに立地していて交通の便利が良く、これまでに何度も利用したことがある店です。10数台の容量がある駐車場には車が1台止まっているだけでした。店内にはカウンター席に座る先客が1名だけです。筆者は心積もりしていた「鰻重 一枚盛」(788+税)を注文。

202007270001

同行者はしばらく悩んでから「ライザップ牛サラダ エビアボカド」(600+税)を選びました。

202007270002

2-3分後には両メニューが一緒に配膳されました。

「ライザップ牛サラダ エビアボカド」はライザップの名を冠しているように、『高タンパク質、低糖質。』で、キャベツの千切りの上に牛肉・豚肉・鶏肉・半茹で玉子・エビ・アボカド・ブロッコリーがトッピングされた女性が好みそうなメニューです。

202007270006

こちらはプラスチック容器に入った和風ノンオイルドレッシングをかけたあと

202007270008

「鰻重」は長方形の器(プラスチック製)に鰻の蒲焼とご飯が装われていますが、蒲焼のサイズが小さいため、ご飯が太い額縁に見えることは価格(788円+税)から考えてやむを得ないことでしょう。しかも、尻尾に近い部位(半身が3枚)が当たったのは残念。いっそのこと、枚盛りのメニューにすれば良かったのかも知れません。

202007270005

そのまま半身を一切れを食べたあとは   添えられた袋入りの山椒(さんしょう/さんしょ)を2切れの半身に振りかけて味の変化を楽しみました。

202007270010

ここでプチ蘊蓄(うんちく)です。「うな丼」と「うな重」の違いは容器が丼(どんぶり)であるか重箱であるかであり、中に入る鰻の蒲焼とご飯は一緒です。焼き物の器である丼(どんぶり)に比べて、漆器(しっき)の重箱は保温性も良く、出前の際には機能性の面でも都合が良かったようです。

しかし、元々の「うな重」は『ご飯とうなぎを交互に重ね2層にしたもの』を指したそうです。高級店では「うなぎの蒲焼」と「ご飯」が別々の器に装って「鰻重」として提供される場合もあります。名前の由来からは「鰻の蒲焼」と呼ぶべきでしょう。別々の器(焼き物あるいは重箱)で提供された方が高級に感じますが、筆者は蒲焼のタレが染み込んだご飯が大好きですから、一緒に装ったものが好みなのです。一方、「うな丼」は鰻専門店が一尾の半分を丸い器(丼)に装って昼食用に安い価格(サービス)で提供したことが始まりだとされるようです。重箱に一尾の鰻を2つに切って上下に並べる「鰻重」の重箱に一尾の半分の鰻を装うと白いご飯の部分が目立ちすぎるための、丸い器である丼を使うことにしたのだそうです。「うな丼」はサービスメニューであったことから、「うな重」より安い食べ物とのイメージが定着したのです。

こんなことを考えながら「鰻重」を10分ほどで食べ切りました。フンワリとした食感と甘辛いタレを塗したり鰻の蒲焼とタレが染み込んだご飯が美味しくて、日本料理の「木曽路」で食べる上品な「鰻ひつまぶし」とは違う魅力が「吉野家」の「鰻重」に感じられました。『ご馳走様です!』 店にいる間に来店者が続き、店内の客席が半分ほど埋まった午前12時少し前に店を出ました。

余談ですが、鰻料理における関東風と関西風の違い(開き方と焼き方)については以前のブログ記事(記事名は失念)に書いた記憶がありますから、ここでは触れません。◇

2020年7月27日 (月)

日本最強の城スペシャル(第6弾)

7月24日にNHK総合テレビで放送された「日本最強の城スペシャル(第6弾)を観ました。

NHKの関連hpには次のように紹介されています。

『日本の城は誰もが楽しめる魅力でいっぱい。全国からえりすぐりの名城をピックアップ、その楽しみ方や驚きの秘密を紹介。お待たせ!大人気エンターテイメントの第6弾。』

『思わず写真に撮りたくなる美しい城から、自然をたくみに利用した堅固な城、そして戦国の英雄が築いた幻の城郭まで。今回も魅力あふれる城が続々登場。世界遺産・二条城の知られざる素顔とは?かわいらしい宇和島城天守の必見ポイント。秀吉もお手上げの小田原城巨大ディフェンス。鹿児島に伝わる不思議な迷路の城跡。官兵衛や政宗の野望がバーチャルリアリティで浮かび上がる?城好き芸能人が、最も魅力的と思う城を決定!!』

【司会】恵俊彰,赤木野々花,【出演】高橋英樹,春風亭昇太,小日向えり,奈良大学教授千田嘉博

ちなみに、これまで5弾にわたって「最強の城」が選ばれてきましたが、第一弾での最強の城は「高取城」(奈良県)、第二弾では「松江城」(島根県)、第三弾は「岡城」(大分県)、第四弾は「金田城」(長崎県対馬市)、第五弾は「一乗谷城」(福井県)でした。ここで、「最強の城」とは最も魅力的な城を指します。

そして、今回(第6弾)では、「二条城」(京都市)、「宇和島城」(愛媛県)、「小田原城」(神奈川県)、「知覧城」(鹿児島県)の4つの城が候補に取り上げてられました。

                          ☆

番組を観ながら書いた概要は以下の通りです。

名古屋城の天守にいくつのトイレがあったのかの問いで番組が始まりました。

◯二条城

フォトジェニックな城として取り上げられた二条城は将軍上洛の際の宿泊所とするため、徳川家康が慶長8年(1603)に築城されました。先ずその門を見ることになりました。鶴や亀の装飾が見事です。

本丸櫓門は守りの要です。そして、重要文化財の本丸御殿、国宝の二の丸御殿、色鮮やかな唐門など、徳川将軍家の威光を示す絢爛豪華な見どころだらけである、二条城の“知られざる素顔”を写真でクローズアップしました。

◯ 宇和島城

江戸時代初期に築城名人として知られる藤堂高虎が中世城郭を改修して完成させ、伊達政宗の息子・秀宗が入封してから幕末まで伊達家が治めた宇和島城。現存12天守の1つに数えられる天守は伊達家が改修したもので、国重要文化財に指定されています。

天守といえば高くそびえて圧倒的な威圧感を放っているイメージがありますが、宇和島城の天守は海に面した場所に建てられました。城の頂にある天守は小振りですが、唐破風と屋根瓦が凛とした雰囲気を醸し出しています。荒々しい石垣も魅力です。

ここで城の魅力を深掘りしました。二条城にある虎が描かれた襖(ふすま)は強さの象徴であることを明かしました。また、豹は雌、虎は雄、つまり豹と虎は夫婦だと考えてえがかれたと言います。

◯ 小田原城

小田原北条氏が五代100年にわたり関東支配の拠点とした白いか壁が美しい小田原城。常盤御門からスタートして、守りに強いことを説明しました。総延長約9kmもの総構(そうがまえ)に大規模な三段構えの空堀と高い土塁(関東ローム層)を築いたことにより、上杉謙信や武田信玄らの攻撃を跳ね返し続け、その守りの堅さから「難攻不落の城」と呼ばれたことを明かしました。また、豊臣秀吉が3カ月以上に渡る籠城戦に苦しめられたこと紹介しました。

◯ 知覧城

南九州のお城は火砕流(かさいりゅう)が堆積して出来上がった「シラス台地」を利用した独自の構造が特徴的といいます。その中でも代表的な城が薩摩藩が敷いた外城制で重要な存在を占めた知覧城です。台地に刻まれた浸食谷を空堀とし、約40mの切り立った崖に曲輪を築いた天然の要塞であり、攻め入った敵軍は攻め方に迷います。守側は敵軍の動きが手にとるように見下ろすことができるのです。約41万平方mもの広大な城郭には迷路のような遺構が今も良好に残っていることを紹介しました。

4つの城を概観した後は、出演者たちが小田原城と知覧城の土を観察しながらそれぞれの城の魅力を語り合いました。その中で、城マニアの春風亭昇太さんが関東ローム層とシラス台地における掘割の造り方を詳しく解説し、場所によって地形や地質により、様々な工夫があったことを明かしました。次いで、残り2つの城を紹介しました。

◯福岡城

黒田官兵衛・長政親子が築いた福岡城は親子の知恵が詰まっていました。例えば、門と櫓(やぐら)は石垣によってカモフラージュされていることをVR(仮想現実)技術で説明。また、多聞櫓には攻撃用の小窓が設けられていたことを紹介し、2階建ての多聞櫓を含めて50以上の多聞櫓があったことを明かしました。

◯仙台城

戦国大名の伊達政宗が築いた仙台城は天守はありませんが、巨大な石垣に特徴とされますが、VR技術で広い敷地にあった巨大な本丸御殿を視覚化しました。豪華な上段の間が見事です。豊臣秀吉と徳川家康の後に自身が天下を取り、天皇を迎えることを考えていたのではないかと専門家は言います。

福岡城と仙台城について出席者の話に花が咲きました。最後に最も魅力的な城として、出演者たちによって「二条城」が選ばれました。◇

2020年7月25日 (土)

にっぽん!歴史鑑定「平将門と藤原純友 東西同時反乱の真実」

7月20日にBS-TBSで放送された「平将門(たいらのまさかど)と藤原純友(ふじわらのすみとも) 東西同時反乱の真実」を観ました。TBSの関連hpには以下の通り紹介されています。

『平安時代中期。関東と瀬戸内という日本の東西で、同時に大規模な反乱が起こった。平将門の乱と藤原純友の乱である。』

『天皇の血を引く将門がなぜ朝廷から反逆者とされたのか? そして、名門貴族出身の純友が反乱を起こした意外な理由とは?』

『さらにこの2つの乱にまつわるこんな伝説が…「比叡山の山頂で平将門と藤原純友が共謀して反乱を企てた」』

『果たして、本当に将門と純友は共謀して反乱を起こしたのか? その真相に迫る!』

                            ☆

以下は番組を観ながら書いた概要です。

今から1080年ほど前の平安時代中期(天慶2年/939年)、日本の東西、つまり関東と瀬戸内で2つの大きな反乱が同時に起こりました。「平将門の乱」と「藤原純友の乱」です。「前太平記」には『比叡山の山頂から平安京を見下ろしながら将門(まさかど)と純友(すみとも)が桓武平氏の流れを汲む将門は天皇に、藤原氏の流れを汲む純友は関白になる約束をした』と伝えています。

先ず、将門と純友がほぼ同時に反乱を起こした背景を探りました。平将門は下総国(しもふさのくに)に桓武平氏(かんむへいし)の流れを汲(く)む高望王(たかもちおう)の三男平良将(たいらのよしまさ)の長男として生まれ、10代で京に登り摂政(せっしょう)藤原忠平に仕えたことで滝口武士(天皇を護る役職)に登用され、出世街道を歩み始めますが、父の死により出世を断念せざるを得なくなりました。藤原氏に生まれた純友も同様に京に上りましたが、純友の父が亡くなったため、後ろ盾(たて)を失いました。

下総国に戻った将門を待っていたのは一族の領地争いでした。父の領地を奪った伯父の国香(くにか)を将門が討ち取ったため、国香の弟(将門の伯父)の良兼と国香の長男貞盛の恨(うらみ)みを買うことになりました。将門の親分肌と過激な戦い方が後に将門が朝廷に反乱したと見做(みな)されことになると専門家は分析します。しかし、この紛争を知った朝廷は将門に紛争の当事者たちを捕縛(ほばく)する追補使に任命しました。その背景には摂政藤原忠平の存在があったのです。将門と敵対する平良兼と平貞盛は賊軍になったのです。

追い詰められた良兼は将門がいる石井営所を襲撃しましたが、将門はこれを撃退。貞盛は勝ち目がないと逃走。平氏一族の争いはこれで終結し、将門は坂東(関東地方)の治安維持を朝廷から任(まか)されました。富士山の大爆発と大地震が坂東を襲い、朝廷が派遣した国司による過酷な課税に耐え兼ねた農民たちは逃げ出しました。将門は朝廷に属さない荒地を開拓して農地に変えました。

隣国の武蔵野国で問題が起きました。朝廷から派遣された武蔵国権守(国司代理)の興世王(おきよおう)とそれを補佐する武蔵介(むさしのすけ)源経基(つねもと)が税を滞納する足立郡郡司武蔵武芝と対立。将門は手柄を上げるためにその対立の調停役を買って出て、興世王と武蔵武芝を和解させますが、その場にいなかった源経基は自分を殺そうとしたと勘違いし、将門が謀反を企てていると朝廷に申しでました。

当時、都にいた将門の従兄弟である貞盛も将門の悪行を訴えたことにより、朝廷も見過ごせなくなり、事情を聞くため将門に上京するように命じました。将門はこれに応じず、将門は坂東5か国の国司が将門の無罪を証明する書状「諸国之善状」をかつて仕えていた藤原忠平に送りました。これを見た忠平は困惑します。一方の将門は朝廷からの恩賞を期待していました。隣国の常陸国で税を払わない藤原玄明(はるあき)が将門の元に助けを求めてきました。

かつての配下の一人であったため、これを向かい入れます。常陸国の国司は玄明を引き渡すことを将門に要求しますが、物別れに終わり、攻められた将門は常陸国の国府を焼き払ったため、朝廷から謀反を起こしたと判断されました。将門は興世王に相談しますが、関東8か国と伊豆国を支配下に置くことを助言され、それを実行しました。坂東臨時政権を朝廷に認めさせることを決意します。朝廷との行き違いが生じたのです。占いで天皇になるとされた将門は「新皇」に即位することを宣言しました。

この頃、西国にいた藤原純友も瀬戸内で反乱を起こしました。3年前、50代半ばになっていた伊予掾(いよのじょう、説明:伊予国の三等官)の純友は海賊追補使(ついぶし、正六位)に任じられていました。純友は武力ではなく懐柔策で海賊を抑えますが、朝廷から評価されることはありませんでした。伊予国を出た純友は海賊たちを従えて備前国へ向かいました。

備前介の藤原子高(さねたか)が地元の豪族藤原文元(ふみもと)と税をめぐって対立し、これに耐えきれなくなった文元は海賊への対応で協力して親しくなった純友に支援を要請しました。これに対応することで3年前に朝廷からの恩賞を期待したと考えられます。しかし、純友に支援された文元が京へ向かう子高を追いかけて撃ったことで「純友の乱」が始まってしまいました。

純友は朝廷に官位(従五位)を要求する書状を送りました。この二つの反乱に朝廷は将門と純友が共謀して京に攻め上りのではないかと恐れます。朝廷の公卿たちの憶測であるが、純友が将門の乱に乗じて蜂起した可能性はあると歴史学者の下向井龍彦広島大学名誉教授は考えます。混乱に陥った朝廷は2つの乱をどう鎮(しず)めたのでしょうか。

摂政藤原忠平は急を要する「将門の乱」に集中的に対応し、一方の純友には官位を与えて和解することにしました。坂東に戻っていた貞盛は秀郷と協力して将門を攻めました。兵力で劣る将門は戦(いくさ)を優勢に展開しましたが、風向きが変わったことで劣勢になり、流れ矢に当たって戦死しました。新皇を宣言して2か月後のことです。反逆者となった将門の首は京で晒(さら)されました。

朝廷の次の敵は純友でした。朝廷は純友の配下が勝手に反乱を起こしとして討伐軍を派遣すると、配下は純友の元に救援要請が届きました。讃岐にいた討伐軍を攻撃し、朝廷と交渉するために京へ向かいましたが、討伐軍が陣容を立て直したため、引き返して、九州の太宰府を急襲して占拠しました。和解の手段にしようとしたのです。しかし、朝廷にはもはや和解する考えはなく、討伐軍が太宰府に近い博多湊に大挙して上陸して純友軍を撃ち破りました。純友は捕らえられて斬首(ざんしゅ)の刑に処せられて、「純友の乱」も鎮圧されました。

東西で同時に発生した反乱を鎮圧する上で大きな働きをした平秀郷は従四位下(じゅしいのげ)という破格の位が、平貞盛には従五位下の官位が与えられました。平貞盛の子孫に武家社会を造った平清盛が誕生します。圧政が人々を苦しめた貴族社会に大きな影響を与えた二人の武将、平将門と藤原純友は処刑されましたが、日本史に残る大事件であったと総括して番組が終わりました。

〈筆者コメント〉 平将門と藤原純友については、それぞれ当ブログ記事の「将門記(しょうもんき)」「悪人列伝(その4)」および「同(その5)」で紹介しています。特に平将門については、その本拠地であった茨城県坂東市都内(千代田区大手町)を訪れて、所縁(ゆかり)の場所についての詳細を当ブログに投稿しています。◇

2020年7月23日 (木)

丸亀製麺で天丼を楽しむ

以前から気になっていた裏メニューですが、うどん専門店の「丸亀製麺」で「天丼」にトライしてみることにしました。「丸亀製麺」のサイトでは、この7月に「うどん総選挙」が開催されています。これまでに提供されたメニューから気に入ったものを丸亀製麺の利用者がWEB投票する人気投票であり、一位に選ばれたメニューは2020年秋冬に期間限定で販売されることになるそうです。筆者は「鴨ねぎうどん」に投票しました。ちなみに、7月20日現在では総投票数が38万票強、一位が「タル鶏天ぶっかけうどん」、2位が「鴨ねぎうどん」。

有り体に言えは「AKB48の総選挙」を真似た企画と言えます。そのためか、7月は季節限定のメニューがありませんので、裏メニューである「天丼」を今回の候補に選んだのです。

例によって、ランチ時の混雑を避けるため、正午少し前に自宅近くの丸亀製麺の店舗へ出かけました。うどんの注文カウンターで「天丼用ごはん」(140円)を注文すると、会計コーナーで渡すとのこと。次いで、天ぷらコーナーに移動。天丼の具(トッピング)となる「エビ天」(160円)・「かぼちゃ天」(110円)・「なす天」(110円)をお皿に取りました。「天丼用ごはん」を注文したことを会計係に伝えると、料金は締めて520円です。

Dscf4660

一方、同行者はメニュー看板の一番目立つ場所(右上)にある「牛焼肉冷麺」(690円)を選びました。

Dscf4658
Dscf4662

カウンター席に着いた後は天丼の盛り付けに取り掛かりました。丼に入った「天丼用ごはん」の上に「えび天」「なす天」「かぼちゃ天」を並べたあとは、サービスエリアにある「天かす」と「刻みネギ」(いずれも無料)を振り掛けて、最後に「天ダレ」(写真左上の小鉢)を回しかければ完成。丼から「えび天」が大きくはみ出ています。ちなみに、「野菜かき揚げ」が大好きな筆者ですが、「かき揚げ天丼」では面白くないと考えました。

Dscf4663

セルフサービスで丼に盛った「特製天丼」は、サクサクした天ぷらの歯触りと甘辛い「天ダレ」の味が相まって美味しさが増したことで、ご飯が進みました。期待通りの美味しさです。「牛焼肉冷麺」のうどんと肉を少しもらいました。おりからの真夏日ですから、冷たいうどんは大正解でしょう。筆者が選んだ「天丼」は美味しかったのですが、トッピングした3品の「天ぷら」はいずれもサイズが大きかったことで、「なす天」だけは食べ切れませんでした。『御免なさい! 』 ご飯・天ぷら・うどんの組合せに満足して丸亀製麺の店舗を出て、太平洋高気圧が張り出してムッとする暑さの中を自宅へ向かいました。途中、コンビニに立ち寄ってビールを買うことは忘れません!

余談ですが、ファストフードとしての「天丼」を提供する「天丼てんや」の店が自宅の近くにないことを残念に思っていましたが、丸亀製麺の店でも美味しい「天丼」が食べられることを確認することができました。◇

2020年7月21日 (火)

NHK 「ニッポン不滅の名城〜明智光秀の城から読み解く本能寺の変の真相」

7月12日にNHK総合テレビで再放送された『絶対行きたくなる!ニッポン不滅の名城「明智光秀の城」』(20191228日初回放送)を観ました。NHKの関連hpには次のように紹介してあります。

『明智光秀は、なぜ主君・織田信長を討ったのか?日本史の一大ミステリーの謎を解く鍵は、光秀が造った名城にあった!時代を先取りした坂本城、町づくりに秘密が隠されていた福知山城、そして鉄壁の防御で固められた知られざる山城を、最新の研究成果に基づき徹底解明。信長の安土城と対比することで、浮かび上がる光秀の真実とは?大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が何倍も面白くなる、城から読み解く本能寺の変。』

番組を観ながら書いた概要は以下の通りです。

明智光秀が造った4つの名城の特徴を解き明かし、主君である織田信長が築城した安土城と比較することにより、明智光秀の世界観(ビション)を理解しようとする興味深い番組です。

番組の案内者である城郭考古学者の千田嘉博(よしひろ)奈良大学教授は光秀が最初に築城した琵琶湖西岸の坂本城跡(滋賀県大津市坂本城跡公園)を訪れました。数多くの論功により信長から築城を許された光秀はそれまでとは異なる発想に基づいて築城したことが発掘調査により明らかになったそうです。戦国時代のそれまでの城は土を盛り、土塁や空堀に守られた構造が一般的でしたが、光秀はそれとは異なる発想により石垣を多用し、琵琶湖に面した場所に瓦葺きの建物を建てたと推定されるそうです。事実、井戸跡からは鬼瓦が発見されています。光秀は戦国時代後期から江戸時代における城の原型を実現していたのです。

それを窺(うかが)わせる痕跡(こんせき)は残っていませんが、琵琶湖の東岸(近江八幡市)に信長によって建てられた安土城は城の詳細な記録が残っており、坂本城の様子を推定する手がかりがあると千田さんは言うのです。高さ20mの石垣は新しい城の特徴を残しています。信長の家臣たちが分担して石垣を造ったとされますから、光秀も石垣造りに参加したと考えられます。安土城は壮大な天主(注釈:安土城だけは天守/天守閣と呼ばない)が最大の特徴ですが、坂本城は安土城に先んじて築城されており、宣教師のルイス・フロイトは坂本城は安土城に並ぶ豪壮華麗な城であったと記録していることを紹介しました。

坂本城跡に戻り、琵琶湖の水位が下がった時に行われた発掘調査の結果を解説しました。水辺には立派な石垣があり、井戸からは鬼瓦や瓦が発見されたこととから城郭の様子と瓦葺きの高層建築が建てられたことが推定されると言います。石垣の技術は近くにある比叡山延暦寺の境内に石垣が多くあることから、坂本城と安土城はともにその技術が用いられたと指摘います。坂本城が湖に面して築城された理由の一つが船で琵琶湖を渡ることで対岸の安土城へ直行できることと、もう一つは琵琶湖を利用した物流の拠点としたことであることが船着場跡が発見されたことから明らかになりました。つまり、比叡山延暦寺に代わって光秀が琵琶湖の物流権を握ったのです。

2つ目の城は京都府北部の福知山市にある福知山城です。小高い丘の上にあるため、城下のどからでも福知山城の天守閣を見ることができます。ここで2人目の解説者である歴史学者の小和田哲男静岡大学名誉教授が登場して福知山城の石垣について解説しました。天守閣の石垣には石塔や墓石などが逆さまに積まれている理由を解き明かしました。江戸時代初期の古い絵図で光秀が基礎を造った城下町は城と町を一体として守る「総構え」を解説しました。城の脇を流れる由良川(ゆらがわ)を改修して洪水から城と町人を守るために堤防を築いたことが分かりました。もうひとつの狙いは由良川を利用した物流です。

城下町の中心部にある主要道路には高低差が付けてありますが、これは町人町の方が武家町よりも土地が高く洪水の可能性が低いことで町人町を守ったと考えられると言います。明智光秀を祀った御霊(ごりょう)神社には町人への税を免除した記録が残っていました。汚れの逆転の考えから石塔や墓石を逆さまに積んだと解釈します。一方、高い山に築城された安土城は天主閣、家来の屋敷が明確なハイアラキーを具現化しており、町造りは光秀の福地山城のように重要視されていません。2つの城の違いから信長と光秀の領民政策の違いが見て取れると小和田さんは言い、それが本能寺の変につながったと小和田さんは解釈します。

兵庫県丹羽市の山城である黒井城跡は光秀が4年をかけて攻略した土盛りの山城(赤井氏の居城)であり、光秀は石垣を巡らせて城の守りを強化しました。高い山の上からは攻め入ってくる敵軍の動きをいち早く知ることができるとともに、大きな石垣の存在は領民に時代が変わったことを示す狙いがあったといいます。城下を通る2本の街道は京都とのネットワークを意識したものです。城の防御では外枡形が4重に設けられて鉄壁の備えがありました。

信長とは違う方法で信長よりも優れた城を光秀が造ろうとしたことを京都市北部(右京区)にある山城の周山(しゅうざん)城で説明しました。森林に覆われた急峻な山城には様々な工夫があります。飲み水を確保するために掘られた井戸、山頂にある本丸から放射状に伸びる尾根には家臣たちの独立した城である曲輪(くるわ)が大量の石垣で整備された自立・分散型の城郭構造が最近の調査で明らかになりました。戦死した家臣一人ひとりに供養米を明智家の菩提寺である西教寺に寄進していたことを示す詳細な書状が残っていました。

最後に最新技術を用いて新しい城造りを行ったことにおいては信長と光秀に似た点がありましたが、「日本をどうして行くかの考え(ビション)」(信長が選んだ世界と光秀が選ぼうとした世界)に明らかな違いがあり、関係が拗(こじ)れたことが本能寺の変(天正1062日)に繋(つな)がった小和田さんは言うのです。

〈視聴後記〉 10数年前、明智光秀に興味を持ってから、光秀に所縁(ゆかり)の城である坂本城跡福知山城亀山城跡を訪れたことがあります。そして、今回はさらに黒井城跡と周山城跡についても詳しく知ることができました。NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」は観ていませんが、光秀のさらなる魅力が感じられた本番組を楽しく観ることができました。ちなみに、信長の城についても、名古屋城(旧那古野城跡)、清洲城小牧山城跡岐阜城安土城跡も訪れています。

2020年7月19日 (日)

AUKEY製「BT-C1 Bluetoothトランミッター」を購入する

BluetoothヘッドホンWH-CH510に満足した筆者にはもうひとつの目的がありました。テレビの音声をWH-CH510で聴くことです。昼間はテレビ台を兼ねたオーディオラックからの迫力ある音声を楽しめますが、深夜には音量を下げる必要があり、高音質のオーディオラックは「無用の長物」と化してしまいます。また、有線式のヘッドホンはケーブルが邪魔に感じられます。そこで、テレビの音声をBluetooth (無線)でWH-CH510へ飛ばすことで問題を解決できると考えました。Amazonのサイトで調べると数多くの製品がありましたが、筆者の目的にピッタリ合う製品を見つけました。

Amazonから届いた大きな箱(33cmx25cm)から出てきたのは何と約4分の1(9.5cmx6.5cm)の小さな箱でした。外箱のサイズに合わせた段ボール板(2枚)に梱包用フィルムでしっかり固定されていますから、輸送中に小箱が移動したり、過度の衝撃を受けるのを防いでいます。Amazonらしいサイズが標準化された万全な梱包です。

20200717bluetooth0001
20200717bluetooth0002

そして、その小箱の中に入っていた物はAUKEYBT-C1ワイヤレストランスミッター(2499円)。外形寸法が横5.5cm、縦2.5cm、厚さ1.2cmの長円形をした(丸みを帯びた)小さな製品です。

20200717bluetooth0003

先端に3極プラグが付いたケーブルは本体に巻き付けられていますが、使用時には伸ばすことができます。

20200717bluetooth0004

BT-C1のBluetooth 機能は、Bluetooth ver.3.0A2DP(説明:ハイクオリティオーディオ)、AVRCP(説明:リモコン操作・曲名転送機能)です。Bluetooth ヘッドホンCH-WH510ver.5と異なりますが、プロファイルが同じA2DPですから、接続(ペアリング)することができました。注釈:Bluetoothのver.3.0以下の機器とver.4.0以上の機器はプロファイルが合っていないと相互に接続することができない

小箱の底から取り出した取扱説明書に従い、同梱されたUSBケーブルを使ってBT-C1の本体とiPhone純正のACアダプターを接続し、1時間弱が経過すると赤いランプが消灯して充電が完了しました。

20200717bluetooth0005
20200717bluetooth0007

次のステップはマルチファンクションボタンを3秒間長押して電源ON(青いランプが点灯)させた後、BluetoothヘッドホンWH-CH510とのペアリングです。BT-C1本体のマルチファンクションボタン(注釈:ランプの左下にあり電源マークが表示されている)を約5秒長押しすると、赤/青ランプが交互に点滅してペアリングの準備が完了します。

そして、ペアリングする相手であるBluetooth ヘッドホンWH-CH510をペアリングモードにしてしばらく待つと、青ランプが常時点灯してペアリングが完了。極めてシンプルな手順でセットアップすることができ、WH-CH510との相性に問題ありません。

10cm弱のケーブルの先に付いている3極プラグをテレビ背面にあるイヤホンジャックに挿入すると、テレビ台を兼ねたオーディオラックからの音声が消えて、BluetoothヘッドホンWH-CH510から音声が聞こえてきました。

20200717bluetooth0006
20200717bluetooth0008

音声レベルがやや低いようですから、Bluetooth ヘッドホンWH-CH510のボリュームで調整しました。2.1m(7フィート)と長いケーブルを持つ有線式ヘッドホンを使っても、テレビとの距離には十分ではなくやや窮屈(きゅうくつ)でしたが、Bluetooth ヘッドホンWH-CH510を使えば定位置でテレビを視聴できるだけでなく、室内を自由に歩き回ることも可能なのです。

上記したセットアップの完了後に短時間だけ使用した感想です。BT-C1は低価格の製品でありながら完成度が高いと感じられました。Amazonサイトのユーザーコメントに掲載されていた指摘事項、『ドラマなどの静かなシーンで小さな音がミューティング(消音)されて会話の間に無音部が入るため、音がブツブツに途切れて不自然に感じられる』 に相当する現象はありませんでした。音源(今回はテレビ)のボリューム設定によるものかもしれません。また、音ズレ(音声の遅延)も十分小さく、つまり画面の動きとほぼ同期しており、実用上まったく問題ありません。

気になる連続使用時間が7時間と長いことから、通常の使用状態では電池切れを心配する必要はほとんどありません。もし、長時間連続して使用する場合は、ポータブルバッテリーなどでBT-C1に給電する状態にしておけば、長時間にわたって使い続けることができます。あえて難を上げればCH-WH510から聞こえる音質が良くない(音声帯域が狭くイヤホン並)との初印象を持ったことでしょう。ちなみに、マルチファンクションボタンを約3秒長押しするとランプが消えて電源OFFの状態になります。

音質を比較するため、有線型のヘッドホンのプラグをテレビのイヤホンジャックに接続すると、BT-C1と同様に音質が良くないのです。つまり、テレビのイヤホンジャックから出力される音声の品質が良くない(説明:イヤホン向けに狭帯域に調整されている?)ことが分かりました。そこで、iPhone SEのイヤホンジャックにBT-C1のプラグを接続すると、CH-WH510 から聞こえる音声はiPhone SEとCH-WH510をBluetooth接続した時と同レベルの高音質であることが確認できました。つまり、BT-C1に搭載されているコーダー(符号器)の特性に問題はないのです。一瞬でしたが、BT-C1の性能を疑って済みませんでした。

最後に些末(さまつ)なことですが、中国製の本製品に添付された簡単な取扱説明書(リーフレット)の説明文に「てにをは」の使い方が不自然なところがあることはご愛嬌でした。

そして今後の課題です。今回の経験から分かったことですが、テレビの音声を高音質で聴くにはテレビのイヤホンジャック(出力)を使うのではなく、テレビのアナログ音声出力あるいはディジタル出力(光)を利用する必要がありそうです。アナログ音声端子(RCA端子)あるいは光インターフェースに対応するBluetoothトランミッターが市販されていますから、それを利用して『高音質を追及するべきかどうか』 をこれからじっくり検討したいと思います。

〈2020年7月24日追記〉 初期不良が発生
使用を開始して約1週間で不具合が発生しました。充電が完了して赤LEDが消灯したあと、マルチファンクションボタンを約3秒間長押ししても青LEDが点灯しないのです。さらに長押しを続けても、ペアリングモードに移行しません。初期不良が発生しました。アマゾンの通販サイトのトップページにある「購入履歴」から「返品(返金)」を選択して、その理由を記入。ユーパックの着払いで返送することにして、郵便局のサイトで当日の集荷を依頼すれば手続きがすべて完了です。

次いで、アマゾンの通販で同じ製品を再度購入することにしました。価格は1,999円と前回より500円安くなっています。今度は初期不良が発生しないことを願って翌日の配送を待つことにしました。◇


〈2020年8月12日追記〉 同じ問題が再発
2度目に送られてきた製品も使っているうちに同様の障害がいるうちに発生しました。原因は不明ですが、前回と同様に返品することにしました。対応策は極めてアナログ的(原始的)ですが、長さ3mの延長コードを購入して対応することにしました。延長コードを毎回テレビに接続するのは不便ですが確実な方法であり、当面はこの方法で凌(しの)ぐことにしました。◇

2020年7月17日 (金)

コメダ珈琲でモーニング・メニューを楽しむ

4年半振りに「コメダ珈琲店」を訪れました。その時は相次いでモーニング・タイムとランチ・タイムの両方を利用しています。今回、所用に出かける途中に立ち寄ることにしたのは前回と同じ横浜江田店です。

午前9時少し前に到着すると、駐車場(最大46台)は半分ほど埋まっていました。午前7時に開店していますから、遅めの入店でした。ドアを開けたところに体温測定カメラ(ビデオカメラ式の検温計)があり、モニター画面の中央にある円形マークにオデコを合わせると、"正常体温"との表示が出ました。会計デスクの前にある消毒液を手に吹きかけて両手を丁寧に消毒し終わると、店員さんから「空いていますから、お好きな席へどうぞ!」と案内されました。左手は2階へ上がる階段があって手狭ですから、右手奥へ進みました。窓側の席はほぼ埋まっています。通路の反対側の席を選びました。大きな窓から外の景色が見える開放的な席です。ちなみに、1階と2階を合わせると158席(全席禁煙、喫煙専用室あり)もあるそうです。

席に着くと、先ほどの店員さんが水の入ったコップとおしぼりをテーブルの上に置いてくれ、『お決まりになりましたら席の横にある呼び出しボタンを押してください』との言葉を残して静かに去るのはこれまでと同じです。

レストランのように立派なメニューブックを手に取りました。4年半前は三つ折りのシンプルなものだったと思います。内容についてもと追加されたメニューをいくつも見つけましたが、モーニング・メニューは基本的に当時と同じでした。ドリンクとして、前回には「コメ黒」を選んだ同行者は「カフェオーレ」(470円)、同じく前回にはへそ曲がりで「紅茶」を選んだ筆者は「アメリカンコーヒー」(450円)を選びました。

202007130001

無料で付く「モーニング・トースト」はそれぞれ「ジャム&卵ペースト」と「バター&ゆで玉子」を選択。

202007130002

さらに朝のサイドメニューから「自家製コールスローサラダ」(160円)を選びました。前回、同行者が興味を示した「シロノワール」(説明:黒っぽいデニッシュパンにアイスクリームなどを載せた菓子パン)のことを忘れてしまったようです。

202007130005

「いちごジャム・トースト」と「玉子ペースト」

202007130007

コメダ珈琲店のトーストは一度食べると忘れられません。フレッシュを入れた「アメリカンコーヒー」は程よい苦味が感じられる、「バター・トースト」は私好みで、今回も美味しく食べました。「ゆで玉子」が剥(む)きやすいのは前回と同じです。ちなみに、茹(ゆ)でる前の生卵の殻(から)に画びょうやピンなどで玉子のカーブが緩やかな部分(内部に空気が入っている部分)に穴を開ける、あるいは殻の同じ部分にスプーンなどで細かいヒビを入れると、剥きやすい「ゆで玉子」になるとの裏技記事を読んだことがあります。殻と内部がくっ付くことを防ぐことがポイントのようです。

サイドメニューの「コールスローサラダ」はもちろんキャベツを細く切ったサラダのことですが、名前の由来を知りたくなってネット検索で調べてみました。

202007130006

英語の「コールスロー(coleslaw)」はオランダ語の "koolsalade"(キャベツサラダ)を短縮した「コールスラ (koolsla)」がイギリスとアメリカで"cold slaw"(冷たいスロー)と誤って使われたことにより生まれた言葉のようです。なお、店内サービスおよび他のメニューについての説明とコメントについては前回の記事を参照してください。

202007130004
202007130003

入店して40分が経過するころには1階席が一杯になったようで、新たな来店者は2階席へ案内されていました。そして、店外に出ると、駐車場はほぼ満車になっていました。「コメダ珈琲店」は元の営業状態に戻ったようです。◇

2020年7月15日 (水)

NHKスペシャル "タモリx山中教授"「人体vsウイルス」を観る

74日にNHK総合テレビで放送された「NHKスペシャル タモリx山中教授 "人体vsウイルス"」を観ました。新型コロナが持つ驚異的な能力を最新科学で解明・映像化して、重症化する人としない人を分ける免疫力を解説する科学番組です。なお、7月12日の再放送も視聴して原稿に加筆・修正を加えました。

NHKの関連hpには以下のように紹介されています。 

2017年から続く「人体」シリーズで、コンビを組んできたタモリさんと山中伸弥さん。新型コロナウイルスとの闘いが続く今、感染防御やワクチン開発のカギを握る「免疫力」の真実に、最先端の科学で迫ります。』

『生命が誕生して40億年の歴史の中で、幾度となくウイルスと闘ってきた結果、私たちの体内には、驚くほど精緻なウイルス防御ネットワーク、つまり「免疫」が存在しています。ところが、新型コロナウイルスには、その免疫の常識を次々とくつがえす力があることがわかってきました。』

『例えば…そもそも、私たちの体の細胞はウイルスに感染すると、免疫の攻撃部隊を呼び寄せる“警報物質”を大量に放出しますが、新型コロナウイルスは巧みにこれを阻止する、巧妙な仕組みを備えているのです。』

『新型コロナウイルスは、いったい何者なのか? 免疫力を高めるために、本当に必要なことは何なのか? 体内のミクロの世界を最先端の8K顕微鏡などを使って撮影した映像や、精緻なCGで鮮やかに描き、タモリ・山中コンビならではの視点で、パンデミックを生き抜くカギを探ります。』

                            

番組を観ながら書いた概要は次の通りです。 

好奇心が旺盛で博識のタモリさんとノーベル賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授による対談形式で番組が進行しました。山中教授は日本人に重症者・死者が他国に比べて遥かに少ない理由を「ファクターX」と呼んだことが知られます。二人の他に女優の石原さとみさんとラグビーワールドカップに出場したラグビー選手の福岡堅樹さんが出演。 

二人が挨拶を交わした後、山中教授から今回のテーマが"人体vsウイルス"であり、新型コロナウイルスに感染しても重症化するかどうかは各人が持つ免疫力によることを解き明かしたいと番組の趣旨が説明されました。 

次いで山中教授は新型コロナウイルスと免疫を探ると極めて奥が深いといいます。ここでNHKが制作したCGを使って新型コロナウイルスの構造と人体に侵入するプロセスとそれに対抗する防衛隊である免疫細胞の働きが視覚的に説明されました。人が持つ細胞にウイルスが侵入するためには適合する鍵が必要ですが、新型コロナウイルスはその鍵を持っており、容易に体内に入り込み、肺炎を引き起こすというのです。

さらに増殖してウイルスの数が増大します。このウイルスの活動によって発生した警報物質を人体の免疫細胞が検知する人体は免疫細胞検知すると血管内を流れる食細胞を感染した場所に派遣してウイルスを捕食(丸呑みに)します。 

しかし、人が持つこの「自然免疫」をすり抜ける能力を新型コロナウイルスが持っているというのです。新型コロナウイルスは免疫細胞が検知する警報物質の発生量を10分の1(あるいは20分の1)に押さえることが分かったのです。つまり、感染しても発症せず、免疫細胞が活動しないことになります。

それでも、感染後5日ほど経過すると症状が現れて人体は第二の免疫活動を始めるというのです。キラーT細胞は学習したウイルスの情報を使ってウイルスに感染した細胞を丸ごと呑み込んで退治します。しかし、ウイルス側も対抗策を準備していました。ウイルスの情報を持つ手を外に出さないでキラーT細胞に探知されないようにするのです。 

しかし、人体はさらなる飛び道具を持つB細胞を投入します。小さな抗体を新型コロナウイルスに吹き付けて偽(にせ)の鍵にくっ付いて感染と増殖ができなくなったところを食細胞が捕食します。これが「獲得免疫」と呼ばれる第二の免疫でした。ちなみに、人体には40種類ほどの免疫があるそうです。 

人類が進化する過程でウイルスも進化しと違いに戦ってきたのです。新型コロナウイルスの特徴をCGで解説したあとは人体とウイルスがこれまでどう闘ってきたかの歴史を40億年前に遡って振り返りました。そのころ人間の先祖は単細胞生物であり、当時から存在していたウイルスは単細胞生物の中に自由に入ることができたそうです。

20億年前に地球が天球凍結したことで人類の祖先は単細胞生物から多くの細胞を持つ生物に進化したことでウイルスとの闘いが始まりました。その過程で人間の祖先に免疫機能が生まれたのです。そして、現在は人類とウイルスが頂上決戦をしている状況にらあると山中教授は指摘します。 

新型コロナウイルスに感染して死亡した人体に何が起こったのでしょうか。血栓が多く見つかったのらです。食細胞の死骸でした。「サイトカインストーム」(過剰反応/暴走)と呼ばれる現象です。それが血管内で血栓となり、人体に重篤な症状を引き起こします。ドイツの事例では2-3割の死者で確認されたことが報告されました。ウイルスは増えることだけが目的なのです。人間が死んでしまうと、その目的を達成されないのですが・・。 

ウイルスによっては人体に感染した時にウイルスのDNAを写すことがあります。卵子に精子が入りこんで受精することと良く似ています。つまり、ウイルスと人類が交尾することが行われてきたと考えられるというのです。意外にも相互に利用し合っているのかもしれません。山中教授は免疫力を利用してウイルスに対抗できるかもしれないと言います。人の命を救う「スーパー免疫力」です。

新型コロナウイルスの抗体を使った治療が始まった事例が説明されました。一部の人は大量の抗体を作ることができるのです。B細胞が抗体を作り出しますが、人によって手の形が異なるため、人によって差が生まれる理由である可能性があると考えられ始めました。約20万年前、人類の祖先がアフリカから世界各地へ進出する過程で様々な免疫力を獲得した歴史があるといいます。 

最新の医学により免疫力を備えた人の抗体を利用して重症患者の治療に役立たてる治療法が期待されともいいます。山中教授が提唱するファクターXのひとつが遺伝子の特徴、そして日本が取った対策のどれか、マスクの着用、BCG接種などがその候補となる可能性がりますが、獲得した免疫力はストレスや疲労などで下がることがあるので体調を整えることが必要であると山中教授はコメントしました。

「"免疫"の未知なるパワー」の言葉とともに、母乳によって赤ちゃんが初期の免疫を獲得するプロセスや高齢者においても免疫力を衰えさせない力があることが分かってきたこと、そしてワクチンと治療薬開発への大きな期待を伝えて、番組が終わりました。秀逸な科学番組です。

2020年7月13日 (月)

ブラタモリ「葉山へ ヨットと別荘の町の謎」を観る

7月11日にNHK 総合テレビで放送されたブラタモリの「葉山編」を観ました。ちなみに、NHKの関連hpには次のように紹介されています。

『日本有数のヨットの町であり、さらに御用邸があることから皇室ゆかりの地としても有名な葉山の秘密を探る▽「江ノ島ごしの富士山」絶景の魅力!▽ヨット乗りが憧れる葉山の海・その秘密は複雑な風にあり!?▽入り組んだ山の地形をつくる「葉山層群」とは!?▽皇族のかつての別荘を訪ねる▽“憧れの葉山”をゆるがした鉄道の計画とは!?』

番組を観ながら書いた概要は以下の通りです。

番組は葉山マリーナか脇のロケから始まりました。今回のお題は「"憧れの葉山"はどうできたのか?」です。石原裕次郎さんが初主演した映画「狂った果実」でヨットと葉山が憧れの対象として注目されたことを紹介して"葉山"巡りが始まりました。クルーザーに乗ったタモリさんは防波堤へ向かいました。

空気が澄んでいれば富士山を望むことができることを知り、ヨットに乗る人たちからヨットに大切な風について聞きます。葉山では複雑に風が変わる理由を調べました。葉山の地形を地形図で確認し、2つの窪地があり入り組んだ山が複雑な風を作ることを専門家から教わり、その地形ができた理由を探りました。

先ず、森戸海岸に下りて割れ目がある大きな泥岩と砂岩が硬い「葉山層群」でできている地層をハンマーで叩いて確認します。葉山エリアの大部分はこの「葉山層群」でできているというのです。海岸の先に2つに割れた大きな岩を発見しました。タモリさんは断層だと指摘します。葉山の入り組んだ地形は断層によって造られたことを確認します。断層の跡は弱くなるため、風雨によって侵食され、やがて削られるのです。葉山には数えきれないほど複雑な断層があったことをタモリさんは知りました。

次いで明治27年(1894年)に御用邸が葉山に建てられた理由を調べます。風光明媚(めいび)・気候温暖・東京に近いという理由の他に約10km先の横須賀へ行きやすいことがあったのです。日清戦争が起きた年に御用邸が建てられたのは、大元帥であった天皇陛下が軍港がある横須賀へアクセスが容易であることでした。

次いで、タモリさんは皇族東伏見宮の別荘跡であるイエズス孝女会修道院(敷地内に幼稚園がある)へ向かいます。海軍大将であった依仁(よりひと)親王が建てた洋館(本館)は1階が迎賓室で、2階は私的な空間であったものが、当時のまま保存されていました。2階からは海岸と江ノ島、そして富士山が展望できたことを古い写真で確認します。また、古い地図で内陸まで別荘地が広がっていたことを知ります。緩やかな傾斜地の利点が葉山にはあるのです。

そんな魅力的な憧れの葉山を許しかねない計画があったことを教えられます。向かったのは隣の逗子市にある京急逗子線の「逗子・葉山駅」です。大正6年(1917年)に当時の逗子駅から鎌倉方面と葉山方面に鉄道を延長することを計画したのです。別荘への悪影響が考えられましたが、実現しなかった理由がありました。ちなみに、逗子線の終点は新逗子駅(旧逗子海岸駅)です。

葉山の地質図で確認すると、逗子市と葉山町の境界に「葉山層群」があり、硬い地層と断層は当時の技術ではトンネルを掘ることが困難であったことでした。この「葉山層群」の存在が憧れの葉山を守ったことをタモリさんが理解したところで番組は終わりました。◇

2020年7月11日 (土)

吉田類の「酒場放浪記」を観る(続編)

6月29日にBS-TBSで放送された「吉田類の酒場放浪記」を観ました。6月19日に投稿したブログ記事「吉田類の酒場放浪記を観る」と同様、「家呑み」で始まるその続編です。同番組のhpには「今日はお家呑み」〜山形・石川からお取り寄せ〜と題して、『山形と石川から取り寄せた特産品をお供に自宅呑みをする特別編。全国から酒の肴になる美食グルメや珍味を堪能しつつ、気ままに呑み耽る吉田さん。石川県金沢からは、全国的にも珍しいふぐの卵巣を使った珍味を。山形からは、絶品の山形牛を。懐かしいVTR映像TV電話を使って思い出話に花を咲かせる。』 と紹介されています。以下は番組を観ながら書いた4話(各15分)で構成されたオムニバス番組の概要です。

                           ☆

第1話は吉田類さんの自宅と思われる場所から始まりました。庭が見えるアトリのテーブル席に吉田類さんが席に座りました。最初の呑(の)み物は和歌山の梅酒「中山観音 紫雲(しうん)」で視聴者に向かって乾杯。石川県の「あら与」から取り寄せたフグの卵巣を使った「ふぐの子ぬか漬」を肴(さかな)に新潟県にある菊水酒造の濁り酒「五郎八」をグラスで呑み干しました。注釈:テロップには和歌山の梅酒と紹介されましたが、「中山観音 紫雲」は兵庫県宝塚市の中山寺(ちゅうざんじ)の梅林で育った梅を使って作られた梅酒と思われる

石川県金沢市のおでん店「高砂(たかざご)」で珍しい「ふかし」や大きな「バイ貝」を頬張(ほうば)るシーンをVTR映像で振り返りながら、その店とリモート(テレビ電話)で繋(つな)がりました。お取り寄せの一品目は金沢の「どじょう蒲焼」を肴に高知の辛口純米酒「文化人 辛口」を呑みました。

お取り寄せの2品目は山形の「自然薯(じねんじょ)」と「さくらんぼ」と「茄子(なす)のぺそら漬」、そして3品目も山形の「ぺそら漬け」。山形の酒場「ふるさとの味やまがた」で「あけびの皮」の揚げ物に肉味噌を漬けて食べた懐かしいシーンをVTR映像で振り返りました。この店ともテレビ電話で繋ぎ、「あけびの揚げ物」の通常は食べることのない皮の食べ方とその美味しさについて話が弾みます。

次いで高知の地酒「酔鯨(すいげい)」をぐい呑に注いで、その懐かしい味を楽しみながら、「山形牛さくらんぼ漬け」を味わいます。『また酒場巡りがしたい!』 の言葉を吉田類さんが呟(つぶや)いたところで終了しました。

                           ☆

第2話(2017年7月初回放送)は地下鉄有楽町線の東池袋駅から始まりました。昭和の雰囲気が残る街並みを歩いて「フードショップ いいづか」に立ち寄って多彩な惣菜(そうざい)を見てつい手が出た焼き鳥を一本口にしたあと、近くの「たちのみや 喜平(きっぺい)」に入りました。注文するたびに料金を払うバル形式の立ち飲み屋です。焼き鳥やおでんなどの料金は自己申告制。吉田類さんはビールで乾杯した後、「しめ鯖(さば)」を肴に静岡の「喜平」をグラスで味わいます。

次いで「牛すじ」を。店内にいる客たちと気軽に会話したあとは店主に開店のきっかけを訊(き)くことになり、定年後に酒屋「平喜屋(ひらきや)」の空き倉庫を改装して立ち飲み屋を開店したことを知ります。多彩な日本酒が店内に並んでいますが、最近ウイスキーが増えてきたと聞いた吉田類さんはスコッチウイスキーの「ロイヤルサルート」をワンショット。あっと言う間に呑み干した後は、再び日本酒「喜平・別あつらえ品(特注)」へ戻りました。そして、東京で立ち飲み屋巡りを始めた最初のころに良く利用した一軒であることを明かしました。店を出ると、『池袋の酒場を梯子(はしご)する!』 と言い残して吉田類さんは去って行きました。

                           ☆

第3話(2018年6月初回放送)は東京23区の南端にある太田区の中心地、蒲田が舞台です。蒲田駅東口から東方向へ2-3分と近いカプセルホテル「カプセルイン蒲田」の一角にある酒店に立ち寄った吉田類さんは地元高知の純米酒を買い求めました。小型(一号瓶)の変わっボトルに入った純米酒「酔鯨」です。蒲田駅に戻り、その東口広場に面した老舗酒場「三州屋 本店」に入った吉田類さんは「ホッピー(セット)」でスタート。お通しは「ジャコおろし」。次いで、本マグロが入る「刺身盛り合わせ(3品)」と福島の純米酒「黒人気」を注文。

さらに徳島産の「あゆ塩焼き」と店定番の鶏肉・豆腐・春菊が入った「鳥豆腐(とりどうふ)」も。あっさり風味ながら濃(こ)くがあると言いながら「黒人気」を呑み干します。さらに奈良の超辛生酒「百楽門 冴(さえ)」と「丸煮柳川」の注文が続きました。最後には一番人気の豪華な「鯛かぶと煮」の頰肉(ほほにく)を味わいます。アーケード街へと去って行く吉田類さんの小さくなる後姿で第3話が終わりました。

                           ☆

第4話(2019年7月初回放送)は板橋区のほぼ中央、中山道に近い本蓮沼駅(もとはすぬまえき)からスタート。手作り豆腐の店「はらから」に立ち寄ります。「日本一の豆腐」(2018年受賞)を売る宮城発の豆腐店として知られるそうです。宮城の大豆で作った「はらから もめんとうふ」と青ばた豆を使った「青ばた豆腐プリン」を味わいました。駅から5分ほどの「大衆酒場淀川」に入る吉田類さん。定番ドリンクの「ホッピー」で他の客たちと乾杯。お通しは大分の「あん肝(きも)」。浦和の市場で仕入れた「刺身盛り合わせ」を、大分の甘口醤油で、白身魚の鯛から味わいます。次いでマグロを。

関西出身(高知県生まれ京都育ち)の吉田類さんは大阪の淀川と淀橋を連想させる店名に興味を持ち、そ由来を店主に尋ねると、客が淀(よど)むようにとの思いによると説明されました。「里いも田舎揚げ」を「くわの葉茶割り」を呑みながら味わいます。次いで、「辛子蓮根」と「白ワイン」の組み合わせも楽しみました。最後には、店の入口で見かけた「泥鰌(どじょう)」を思いだした吉田類さんは「どじょう鍋」を心ゆくまで楽しみました。◇

2020年7月 9日 (木)

アイフォーンのイヤホンジャックに不具合が発生!?

日々の習慣として散歩に必ず携行するiPhone SEとヘッドホンの間につい最近になって不具合が発生しました。音量が急に下がったり、接続が途絶えたりするようになったのです。話は1年以上前に遡(さかのぼ)りますが、愛用していたオーディオテクニカ製の折りたたみ式ヘッドホンが破損したため、急遽(きゅうきょ)再登場することになったこのヘッドホンは30年ほど前にアメリカで購入したソニー製ラジカセに付属していた年代物です。

この古いヘッドホンを問題なく使用して1年以上が経過した最近のことですが、音量が突然低下したり、ラジコの再生が急に停止したり、など不安定な動作が気になり始めました。ヘッドホンのプラグ周辺で外的なストレスによりケーブルが半断線したことを疑いましたが、外力を緩(ゆる)やかに加えて確認するとまったく問題はありません。ヘッドホンのプラグとiPhone SEのイヤホンジャックとの間で接触不良が発生したようです。

先ず、金メッキされたヘッドホンのプラグを布で拭(ふ)いてみましたが、不具合は一向に改善されません。したがい、iPhone SEのイヤホンジャックに汚れが付着したか、あるいは錆(さび)が発生したことを疑いました。とはいっても、イヤホンジャックの内部を清掃するにはiPhone SEのカバーを外す必要があり、素人である筆者が行うと本体にダメージを与えるリスクがあると考えました。接触不良の対策には「接点復活剤」が有効であることはラジオ少年(電子機器オタク)であった筆者には自明のことです。

さっそく、自宅近くのホームセンターへ出かけました。「百均」では扱っていない「接点復活剤」を購入するためです。広い店内を探し回りましたが、一向に見つかりません。新型コロナウィルス禍のため以前より少人数になったと思われるフロアスタッフに助けを求めて見つけることができました。事前に調べておいた接点復活剤候補の一つである呉工業製「コンタクトスプレー」(180ml798円)だけが販売されていましたので、期待した製品より大きかったのですが、迷わず購入しました。『鶏口(けいこう)を割(さ)くに焉(いずく)んぞ牛刀を用(もち)いん』 でしたが・・。

自宅に戻って直ちに接触不良の改善作業に取り掛かりました。スプレー式の「接点復活剤」を綿棒のようなものに吹き付けて、それでiPhone SEのイヤホンジャック内に塗布することを先ず考えました。しかし、不具合を拡散させる恐れが懸念されます。そこでプラグ側に「接点復活剤」を塗布して、それをイヤホンジャックに挿入することで、その接点を回復させることを試みることにしました。

接点を擦(こす)り合せることを意識しながら、プラグを慎重に挿抜(そうばつ)および回転させました。1-2分後には不具合が少し改善されたようです。想像ですが、iPhone SEのイヤホンジャックは金メッキをされていない(?)ことで接触不良が発生したと考えられました。ちなみに、今年の511日に発売されたiPhone SE(新型)にはイヤホンジャックがありませんから同様の不具合は発生しないでしょう。

しかし、翌日の散歩時に不具合が再発。接触不良は完全に治(なお)っていなかったのです。ヘッドホンのプラグに横方向の力を加えると微妙に緩(ゆる)みがあるようです。つまりガタツキが感じられるのです。イヤホンプラグが摩耗(まもう)したのか、あるいはジャック側のバネ圧が弱くなったことが影響しているようです。

念のため、滅多(めった)に使うことがないアイフォーンの純正イヤホンに差し替えてみると、こちらはスムーズに嵌合(かんごう)し、緩(ゆる)みが一切ないのです。さらに、問題のヘッドホンをiPadに接続すると、似た不具合が発生しました。それではとばかりに、手持ちの3極プラグ付きイヤホンで試すと、これも嵌合やステレオ音声の再生に問題はありませんでした。やはり、古いヘッドホンのプラグそのものに問題があるようです。原因の追及は上記のように二転三転しましたが・・。

                           ☆

ここでイヤホンプラグ(オーディオ用プラグ)について調べてみました。正式には「フォーンプラグ(phone plug)」、つまり手動電話交換機のパッチボードに挿入されるパッチケーブルのプラグが名称の由来のようです。プラグの大きさはさまざま(直径:2.5/ 3.5mm/ 4.4mm/ 6.3mm)ですが、一番よく使われているのは直径が3.5㎜のミニプラグです。また、音楽再生用プラグでは電極の数が、2極(モノラル)、3極(ステレオ)、4極(ステレオ+マイク)、5極(ステレオ+マイク+ノイズキャンセリング)などがあり、この違いはプラグの金属部にあるチップとリングの数(合計)で識別できます。

3極は音楽プレーヤー/テレビ/パソコンなどに一般的に使われており、4極はスマホなどに多いプラグですが、ここで厄介(やっかい)なことがあります。それは、2極と3極は世界共通ですが、4極と5極には複数の規格が存在することです。5極は特殊な用途向けであり使用される領域が限られますが、現在スマホなどに使われていてポピュラーな存在である4極プラグ(およびジャック)にはアメリカで制定された”CTIA”EU圏で使用されている”OMTP”の2規格があるのです。いずれも携帯電話向けの規格ですが、プラグの先端にあるステレオ(L+R)用電極(注釈:3極と同じ)以外のマイクとグラウンド(GND)用電極の配置が逆になっています。ちなみに、日本はアメリカと同じ”CTIA”がほとんどです。

4極プラグ(およびジャック)は3極プラグ(およびジャック)のGND電極を後年になって2分割してGNDとマイク用電極を設けたものですから、3極と4極のプラグまたはジャックを混用しても不具合が生じないよう、4極ジャックを取り付けた機器側で対策を講じるのが一般的です。つまり、4極ジャックに3極プラグを挿入してマイク用電極がGNDにショートすることになっても、問題が発生しないようにハードウェア(機器)が設計されていますから、実用上は3極プラグと4極ジャックが何とか接続できるのです。

とは言っても、機器に取り付けられている4極ジャック(CTIA規格)のグラウンド(GND)電極(接点)の位置が、3極プラグとの互換性に影響を与えることがあるようです。(注釈:OMPT規格の4極ジャックは3極プラグとの接続問題がないといわれる) このためか、4極プラグ(ステレオ音声+マイク/リモコン)を3極ジャック(ステレオ音声のみ)に、あるいは3極プラグを4極ジャックに変換するアダプターが販売されています。これらは3極と4極のプラグに互換性を持たせるための商品のようです。

                           ☆

ミニプラグについて理解することができましたが、問題を抱えた古いヘッドホンをそのまま使い続けると心理的なストレスが溜(た)まりそうですから、この問題を解決するために以前から興味を持っていたワイヤレス(Bluetooth)ヘッドホンを購入することにしました。5年以上前からJBL製"Portable Bluetooth"スピーカー"Flip 2"を愛用していてBluetooth接続には馴染みがあります。もうひとつの理由は2016年に発売されたiPhone 7からiPhone製品のイヤフォンジャックが廃止されたことがあります。

あれこれ調べた候補の中からコスパ(費用対効果)が良さそうなSONY製WH-CH 510ワイヤレス・ヘッドホン(3910円)とJBL製TUNE 500BT ワイヤレス・ヘッドホン4,090円+送料)を比較した上で前者を選定し、Amazonに申し込みました。翌日、Amazonから「WH-CH 510ワイヤレス・ヘッドホン」(オンイヤータイプ/折り畳み/通話可能、ベトナム製)が送られてきました。

価格相応にややチープな(安っぽい)外観ですが、音質はiPhone SEの音を聴くために十分満足できる水準(SBC/AAC対応、30mmドライバー)でした。また、ワイヤレス接続(Bluetooth ver.5.0/ A2DP/ AVRCP/ HFP/ HSP/マルチペアリング機能対応)ですからiPhone SE(Bluetooth ver.4.2)との間を繋(つな)ぐケーブルが無く、散歩時にケーブルが歩行の邪魔をすることがなくて好都合であり、一度の充電で最大35時間も動作しますから電池切れを心配する必要はほとんどありません。

注釈:マルチペアリング機能(最大8)で手持ちのiPhone/iPadなどとすべて接続可能、HFP/HSP機能により着信通話が可能、電源のON/OFF(約2秒間長押し)・ペアリング開始/完了(約7秒長押し→青ランプが2回ずつ点滅)・Bluetooth接続/切断(iPhone側で操作)を英語の音声ガイダンスで確認可能

また、ヘッドホン側で簡単な操作を行うことで、ヘッドホンの電源ON/OFFとペアリングに加えて音量の増減操作ができます。また、ラジコなどの音声アプリの動作中やミュージックに入れた音楽の再生中の一時停止・再開、着信した電話への応答・ハンズフリー通話、さらにはSiriの呼び出しもできて便利です。

もうひとつ気づいたことは、iPhone SEのメイン画面右上にはワイヤレス・ヘッドホンと接続されていることを示すヘッドホン型のステータス・アイコンと並んでヘッドホン内蔵電池の残量が縦長のバー長として(アナログ的に)表示されることは安心です。電池がどれだけ減ったかの目安をリアルタイムで知ることができるからです。したがい、散歩時だけではなく、室内においてもiPhone SEで音楽をリラックスして聴くことができるでしょう。注釈:ヘッドホンの充電状態を詳しく知りたい場合はメイン画面を右スワイプしてバッテリー・ウィジェット(説明:情報を視覚的に表示するアプリ)を出すと電池残量がデジタル的に(10%単位で)表示される、電池残量が20%まで下がると"Low battery, please recharge headset"と音声ガイダンスがあり

筆者の満足そうな様子を見た同居者は『外観がボロボロになった古びたヘッドホンを修繕しながら使わないで、もっと早く買えば良かったのよ! もし、もっと高価なヘッドホンが欲しくなったら、その安いのでいいから私に頂戴ね!!』 と筆者の心を見透かします。ちなみに、価格が一桁異なるBOSE製NOISE CANCELLING HEADPHONES 700を視聴してみると音質に明らかな差がありました。以上の顛末(てんまつ)により、古いヘッドホンには緊急時のバックアップ用として再び引き出し内で待機してもらう、あるいは小物金属として廃棄することになりました。◇

2020年7月 7日 (火)

日本料理の「木曽路」で"うなぎフェア"を楽しむ

7月1日から85日まで和食料理の「木曽路」で国産うなぎを提供する"うなぎフェア"が開催されていることを知り、早速出かけることにしました。1月下旬に利用して以来、5か月ぶりの訪問です。なお、5月20日ころに持ち帰り弁当を利用しています。

"うなぎフェア"のメニューには「うなぎ三昧御膳」(3500+税)と「うな重(特)」(3300+税)など贅沢なメニューや持ち帰り用の「うなぎ弁当」(4種類)を含めて計18種類のうなぎ料理がありますが、自らの体調(食欲)を考えて、これまでに何度も食べたことがある「鰻ひつまぶし」(2300+税)に落ち着きました。一方、同行者は久しぶりに「 松花堂弁当」(1200+税)を選びました。例によってご飯抜きを依頼。"うなぎフェア"の一品料理である「うなぎ棒寿司」(1200+税)、「う巻き」(600円+税)と「うざく」(600円+税)の中から、同行者の選択で「うざく」を追加。

202007070019

最初に配膳されたのは「うざく」でした。店側の配慮で取り分け用小皿が2つ一緒に提供されました。鰻の甘辛い味と付け合わせされた酢漬けの胡瓜(きゅうり)・茗荷(みょうが)・若布(わかめ)が爽(さわ)やかで食欲をそそります。

202007070002

次いで配膳されたのは「鰻のひつまぶし」です。

202007070004
202007070009

いつも通りに3通りの食べ方で鰻を味わいました。鰻とご飯は小振りの御櫃(おひつ)に入っていますが、茶碗に取り分けると軽く3-4杯になり、筆者には十二分の量があります。何とか完食することができました。

202007070013
202007070010
202007070016

少し遅れて「松花堂弁当」もテーブル上に並びました。同行者は一品料理のメニューに和牛網焼きがあることを見つけてちょっと残念そうでしたが、『ちょうど良いボリュームだわ!』 と言いながら「松花堂弁当」を美味しそうに食べていました。

202007070005

午前1130分を15分ほど過ぎた頃に入店すると、店内には4-5組の客と予約プレートが3卓に置いてあり、退店した午後015分頃には客数はほぼ倍増していました。この店も一週間前に利用した焼肉ダイニングの「べこ亭」と同様、通常営業に少し近づいているようでした。◇

2020年7月 5日 (日)

孤独のグルメのSeason 7を観る 10話「韓国ソウルの骨つき豚カルビ」

テレビ東京の関連hpには次のように紹介してあります。

『韓国出張2日目。前日の疲れが残ったまま朝を迎えた井之頭五郎(松重豊)だったが、出勤前の人々が集う屋台を発見。トッポギ、天ぷら、スンデ、おでん…さまざまな屋台めしに舌鼓を打つ。すっかり元気を取り戻した五郎は、イム社長(ソン・シギョン)に全州(チョンジュ)での視察報告を行う。』

「仕事を終え、空腹に襲われた五郎は、朝食の屋台めしから一転、ガッツリ系のソウルめしに狙いを定め店探し。やがて一軒の焼肉店にたどり着く。韓国語が読めない五郎は、苦肉の策で隣客の鉄板を指し、テジカルビを注文。するとたくさんの小皿や石鍋が運ばれ、テーブルが全州のデジャブといわんばかりの状態に…。しかしこのあと五郎は“ガッツリ系の最高峰”と出合うのだった――。』

                           ☆

番組を観ながら書いたあらすじは以下の通りです。

前日の全州市行きが強行軍であったことで疲れを感じた井之頭は街角で屋台を見つけました。そこでは見慣れない食材が朝食用として売られていました。中華圏によくある屋台と似ています。朝食を求めて気軽に立ち寄る地元の人たちを真似て食べ始める井之頭。

トッポギ(揚げ餅)、天婦羅(てんぷら)、スンデ(韓国風ソーセージ)、御伝(おでん)など、多彩なメニューを食べて元気を取り戻した井之頭は出張の結果を報告するため依頼した会社へ向かいました。

仕事を依頼した会社の社長が井之頭の報告内容に満足してくれて全州市への出張目的を無事に終えたところで井之頭は急にお腹が空いていることに気づきました。釜山(プサン)へ出張する社長のもとを辞した井之頭は、ソウル市内を食べ物を探して歩き、とある焼き肉店を見つけて店内に入りました。

韓国語が分からない井之頭は、先客が食べていたデジカルビ(豚カルビ)に心惹(ひ)かれて、同じデジカルビとご飯を店主に向かって注文しようととしますが通じません。この様子を見ていた感の良い先客が注文内容を店主に解説してくれたことでやっと店主に通じました。全州市の食堂と同様、キムチが盛られた数多くの小皿とテンジャンチゲ(味噌チゲ)の鍋がテーブルに並びました。テーブルの中央に炭火が置かれます。

各種のキムチに舌鼓を打つ井之頭。その中に蟹を見つけて驚く。骨がついた大きな豚の一枚肉が炭火の上にある金網に置かれました。ある程度焼けたところで店主が程良い大きさにハサミでカットしてくれました。

そして、ジェスチャーを交えて『しばらく待て』と言う。店主のOKが出たところで肉と白ご飯を口に入れる井之頭。豚カルビの旨さに感激。特大の豚カルビをガッツリ系の最高峰と表現。次いで骨付き肉にも挑戦する。しかし、意外に食べにくくて苦戦する井之頭。

ナムルを食べ切ると追加の皿が配膳されました。ナムルのわんこそばと表現。臨席の客が食べていたチャドルバギ(牛バラ肉のスライス)を見てそのハーフサイズを追加注文。牛肉ですから軽く焼いて食べます。頼んで大正解だと思う井之頭。タマネギも牛肉と一緒にたべる。肉巻きご飯と味噌を味わう。

豚カルビと薄切り牛肉に満足した井之頭は帰国するため空港へ向かいました。(終)

2020年7月 4日 (土)

孤独のグルメのSeason 7を観る 9話「韓国全州の納得チゲとビビンバ」

6月28日にテレビ東京で放送されたドラマ「孤独のグルメ」(韓国編)を観ました。「韓国全州の納得チゲとビビンバ」と「韓国ソウルの骨つき豚カルビ」の2話をまとめた再放送番組です。注釈:いずれも2018年6月に放送された番組

まず、9話「韓国全州の納得チゲとビビンバ」を紹介します。テレビ東京の関連hpには次のように説明してあります。

『突然イム社長(ソン・シギョン)に呼び出された井之頭五郎(松重豊)は、1週間後、韓国へ向かう。用件は、韓国の伝統工芸品をヨーロッパで販売する新規事業の相談だった。さらに商品選びを五郎に託したい社長は、実物を見てもらうため全州(チョンジュ)に行って欲しいと言い出す。だが同行したイム社長の部下パク・スヨン(パク・チョンア)のガイドがどこか心もとなく。』

『傘工房、家具店などをめぐるうち、韓国で何も食べていないことに気づいた五郎は、1人で店探しを始める。とはいえ初韓国…勘で店に入るも、韓国語が読めない五郎はなんの店かわからないまま適当に頼んでしまう。すると次から次へと小皿が運ばれ、極めつけは石鍋!おかずのテーマパークか!?…と思いきや、実はこれでビビンパを作る“セルフビビンパ”の店だった。五郎は一体どんなオリジナルビビンパを作るのか?』

                            ☆

番組を観ながら書いたあらすじは以下の通りです。

顧客から突然呼び出された井之頭五郎は初めて訪れる韓国のソウル特別市にある顧客の会社を訪れました。韓国語が分からない井之頭がその会社に何とか辿り着くと、社長と女性社員は流暢な日本語を話すことで一安心。依頼内容は韓国のアンティーク家具をヨーロッパへ売りたいから、家具を選んで欲しいというもの。

探す場所として指定されたのは韓国南部の全州(チョンジュ)市で、同行する日本語を話す女子社員の朴(パク)は見かけとは違い粗忽(そこつ)者です。韓国高速鉄道で全州市へ移動した井之頭と朴は市内の店舗で韓国の家具類を見て回りました。朴は市内にある会社の事務所で報告書をまとめると言うので、お腹が空いていた井之頭は食べ物を探して市内を散策することにしました。

そして見つけた好みの雰囲気がある食堂に入りました。韓国語が読めない井之頭には何の店かは分かりません。店内に入ると納豆の匂いがします。席についた井之頭は壁に貼られたメニューから料金だけを頼りに一番安い6000ウォン(600円弱)を指差して注文。すぐ様、多数の皿に盛られたサラダ・漬物(コチジャン)・目玉焼が配膳されました。自分が頼んだメニューが分からない井之頭の前に肉とご飯(白飯)も並びます。そして最後に熱い石鍋が。

どう食べたらよいのかを思案する井之頭に代わって女将さんが野菜のキムチをボールに入れてハサミで程良い大きさにカットしてくれました。ビビンバかなと呟くとそうだとの言葉が返ってきました。そこへ白飯とコチジャンを入れてかき混ぜます。最後に海藻をトッピング。そして石鍋は豆腐が入った納豆チゲ(納豆汁)でした。つまり、井之頭が注文したメニューはセルフビビンバと納豆チゲのミスマッチとも思えるセットでした。オリジナルビビンバだと喜びながら食べる井之頭。

ビビンバに入れない料理は箸(はし)休めである甘辛いさつま揚げの御田(おでん)でした。サンチュの上にビビンバと味噌を載せて韓国風の食べ方も楽しみます。青唐辛子を見つけた井之頭は第二セットに突入。各種のキムチをボウルに入れてカットしながら混ぜて、白飯・コチジャン・ゴマ油・カットした青唐辛子も投入してよく混ぜてオリジナルのビビンバを作り上げました。ゴマ油を入れたことにより一杯目より格段に美味しいと悦に入る井之頭。

そして全州市で最高の飯に出会えた幸運に感謝しました。井之頭が御馳走さまと言いかけところにヌルンジが配膳されました。お焦げのあるお粥スープです。これが締めでした。600円であることに驚く井之頭でした。朴からの電話があり、教えもらった「マシッソヨ」(美味しいですの意)を店に向かって言うシーンで第9話が終わりました。(10話へ続く)

2020年7月 2日 (木)

たまプラーザの焼肉ダイニング「べこ亭」で焼肉を楽しむ

肉の日である629日、昨年9月以来の9か月振りに「べこ亭」へ出かけました。今回も気軽に利用できるランチタイムです。

入口脇にある立て看板には多彩なテイクアウト用弁当が「黒毛和牛カルビ弁当」(1980円)や「黒毛和牛ロース弁当」(1800円)など6種類が紹介されています。

Dscf4587

午前1130分に開店と同時に入店しました。開店を待っていた客は我々を含めて3組だけ。

Dscf4588

新しいランチメニューには筆者が前回選んだ「和牛焼肉御膳(和牛カルビまたは和牛ロース)」(1650円)、同じくホールスタッフから勧められた「響御膳」(2150円)と気になった「茜御膳(和牛上カルビまたは和牛上ロース)」(2150円)が並び、新しく「舞御膳」(1750円)が追加されていました。ちなみに、同行者が気に入った「上ロース」は無くなっていました。なお、「肉の日」であることからなのか、肉を増量したメニューもありました。

筆者は迷わず「茜御膳(和牛上カルビ)」を選びました。同行者はと見ていると、しばし逡巡(しゅんじゅん)したあと「和牛焼肉御膳(和牛ロース)」に落ち着きました。その理由は「タン塩」が入っていないからとのこと。

注文を終えると、直ちに配膳が始まりました。御膳に付いているキムチ2種・ナムル3種・サラダ・ライス・わかめスープです。

Dscf4589
Dscf4591

同行者にも同じものが配膳されました。

Dscf4590

サラダなどを食べ始めると、肉が盛られた皿が続きました。下の写真は「茜御膳」の上カルビとタン塩です。

Dscf4593

こちらは「和牛焼肉御膳」のロース

Dscf4592

その頃にはコンロが十分熱くなっていますから、同行者はロースを、筆者はまずタン塩を金網に置きました。

Dscf4594

新しいロースと裏返したタン塩

Dscf4595

タン塩は両面を軽く焼き、レモンを絞りかけて口の中に入れました。レモン汁の、爽(さわ)やかさとタンの歯応(はごた)えが楽しめます。

次いで厚切りの上カルビを焼きます。

Dscf4596

タレにつけて食べると、カルビらしくほどよい脂身が感じられます。一通り味わったあとは、前回と同様、肉を一切れずつ交換して味の違いを楽しみました。急に思い立った筆者はここでキムチとナムルを白飯の上に載せてドンブリ風にしてみました。テレビドラマ「孤独のグルメ」の主人公である井之頭五郎さんの食べ方を真似てみたのです。載せた具とご飯をかき混ぜるとビビンバ風味が感じられました。

Dscf4597

いつも以上にご飯が美味しく感じられて「茜御膳」を完食。食べすぎたかなと思いながら時計を確認すると、入店して40分が経過していました。その頃には来店客が7-8組に増えていました。大いに満足して日差しが強い店外へ出ると、駐車場には満車に近い9台の車が停まっていました。わが家の周辺では日常に近い生活スタイルが戻りつつあるようです。◇

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ