« にっぽん!歴史鑑定「平将門と藤原純友 東西同時反乱の真実」 | トップページ | 土用の丑の日に思う:ファストフード店のうな丼 »

2020年7月27日 (月)

日本最強の城スペシャル(第6弾)

7月24日にNHK総合テレビで放送された「日本最強の城スペシャル(第6弾)を観ました。

NHKの関連hpには次のように紹介されています。

『日本の城は誰もが楽しめる魅力でいっぱい。全国からえりすぐりの名城をピックアップ、その楽しみ方や驚きの秘密を紹介。お待たせ!大人気エンターテイメントの第6弾。』

『思わず写真に撮りたくなる美しい城から、自然をたくみに利用した堅固な城、そして戦国の英雄が築いた幻の城郭まで。今回も魅力あふれる城が続々登場。世界遺産・二条城の知られざる素顔とは?かわいらしい宇和島城天守の必見ポイント。秀吉もお手上げの小田原城巨大ディフェンス。鹿児島に伝わる不思議な迷路の城跡。官兵衛や政宗の野望がバーチャルリアリティで浮かび上がる?城好き芸能人が、最も魅力的と思う城を決定!!』

【司会】恵俊彰,赤木野々花,【出演】高橋英樹,春風亭昇太,小日向えり,奈良大学教授千田嘉博

ちなみに、これまで5弾にわたって「最強の城」が選ばれてきましたが、第一弾での最強の城は「高取城」(奈良県)、第二弾では「松江城」(島根県)、第三弾は「岡城」(大分県)、第四弾は「金田城」(長崎県対馬市)、第五弾は「一乗谷城」(福井県)でした。ここで、「最強の城」とは最も魅力的な城を指します。

そして、今回(第6弾)では、「二条城」(京都市)、「宇和島城」(愛媛県)、「小田原城」(神奈川県)、「知覧城」(鹿児島県)の4つの城が候補に取り上げてられました。

                          ☆

番組を観ながら書いた概要は以下の通りです。

名古屋城の天守にいくつのトイレがあったのかの問いで番組が始まりました。

◯二条城

フォトジェニックな城として取り上げられた二条城は将軍上洛の際の宿泊所とするため、徳川家康が慶長8年(1603)に築城されました。先ずその門を見ることになりました。鶴や亀の装飾が見事です。

本丸櫓門は守りの要です。そして、重要文化財の本丸御殿、国宝の二の丸御殿、色鮮やかな唐門など、徳川将軍家の威光を示す絢爛豪華な見どころだらけである、二条城の“知られざる素顔”を写真でクローズアップしました。

◯ 宇和島城

江戸時代初期に築城名人として知られる藤堂高虎が中世城郭を改修して完成させ、伊達政宗の息子・秀宗が入封してから幕末まで伊達家が治めた宇和島城。現存12天守の1つに数えられる天守は伊達家が改修したもので、国重要文化財に指定されています。

天守といえば高くそびえて圧倒的な威圧感を放っているイメージがありますが、宇和島城の天守は海に面した場所に建てられました。城の頂にある天守は小振りですが、唐破風と屋根瓦が凛とした雰囲気を醸し出しています。荒々しい石垣も魅力です。

ここで城の魅力を深掘りしました。二条城にある虎が描かれた襖(ふすま)は強さの象徴であることを明かしました。また、豹は雌、虎は雄、つまり豹と虎は夫婦だと考えてえがかれたと言います。

◯ 小田原城

小田原北条氏が五代100年にわたり関東支配の拠点とした白いか壁が美しい小田原城。常盤御門からスタートして、守りに強いことを説明しました。総延長約9kmもの総構(そうがまえ)に大規模な三段構えの空堀と高い土塁(関東ローム層)を築いたことにより、上杉謙信や武田信玄らの攻撃を跳ね返し続け、その守りの堅さから「難攻不落の城」と呼ばれたことを明かしました。また、豊臣秀吉が3カ月以上に渡る籠城戦に苦しめられたこと紹介しました。

◯ 知覧城

南九州のお城は火砕流(かさいりゅう)が堆積して出来上がった「シラス台地」を利用した独自の構造が特徴的といいます。その中でも代表的な城が薩摩藩が敷いた外城制で重要な存在を占めた知覧城です。台地に刻まれた浸食谷を空堀とし、約40mの切り立った崖に曲輪を築いた天然の要塞であり、攻め入った敵軍は攻め方に迷います。守側は敵軍の動きが手にとるように見下ろすことができるのです。約41万平方mもの広大な城郭には迷路のような遺構が今も良好に残っていることを紹介しました。

4つの城を概観した後は、出演者たちが小田原城と知覧城の土を観察しながらそれぞれの城の魅力を語り合いました。その中で、城マニアの春風亭昇太さんが関東ローム層とシラス台地における掘割の造り方を詳しく解説し、場所によって地形や地質により、様々な工夫があったことを明かしました。次いで、残り2つの城を紹介しました。

◯福岡城

黒田官兵衛・長政親子が築いた福岡城は親子の知恵が詰まっていました。例えば、門と櫓(やぐら)は石垣によってカモフラージュされていることをVR(仮想現実)技術で説明。また、多聞櫓には攻撃用の小窓が設けられていたことを紹介し、2階建ての多聞櫓を含めて50以上の多聞櫓があったことを明かしました。

◯仙台城

戦国大名の伊達政宗が築いた仙台城は天守はありませんが、巨大な石垣に特徴とされますが、VR技術で広い敷地にあった巨大な本丸御殿を視覚化しました。豪華な上段の間が見事です。豊臣秀吉と徳川家康の後に自身が天下を取り、天皇を迎えることを考えていたのではないかと専門家は言います。

福岡城と仙台城について出席者の話に花が咲きました。最後に最も魅力的な城として、出演者たちによって「二条城」が選ばれました。◇

« にっぽん!歴史鑑定「平将門と藤原純友 東西同時反乱の真実」 | トップページ | 土用の丑の日に思う:ファストフード店のうな丼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« にっぽん!歴史鑑定「平将門と藤原純友 東西同時反乱の真実」 | トップページ | 土用の丑の日に思う:ファストフード店のうな丼 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ