« NHK 「ニッポン不滅の名城〜明智光秀の城から読み解く本能寺の変の真相」 | トップページ | にっぽん!歴史鑑定「平将門と藤原純友 東西同時反乱の真実」 »

2020年7月23日 (木)

丸亀製麺で天丼を楽しむ

以前から気になっていた裏メニューですが、うどん専門店の「丸亀製麺」で「天丼」にトライしてみることにしました。「丸亀製麺」のサイトでは、この7月に「うどん総選挙」が開催されています。これまでに提供されたメニューから気に入ったものを丸亀製麺の利用者がWEB投票する人気投票であり、一位に選ばれたメニューは2020年秋冬に期間限定で販売されることになるそうです。筆者は「鴨ねぎうどん」に投票しました。ちなみに、7月20日現在では総投票数が38万票強、一位が「タル鶏天ぶっかけうどん」、2位が「鴨ねぎうどん」。

有り体に言えは「AKB48の総選挙」を真似た企画と言えます。そのためか、7月は季節限定のメニューがありませんので、裏メニューである「天丼」を今回の候補に選んだのです。

例によって、ランチ時の混雑を避けるため、正午少し前に自宅近くの丸亀製麺の店舗へ出かけました。うどんの注文カウンターで「天丼用ごはん」(140円)を注文すると、会計コーナーで渡すとのこと。次いで、天ぷらコーナーに移動。天丼の具(トッピング)となる「エビ天」(160円)・「かぼちゃ天」(110円)・「なす天」(110円)をお皿に取りました。「天丼用ごはん」を注文したことを会計係に伝えると、料金は締めて520円です。

Dscf4660

一方、同行者はメニュー看板の一番目立つ場所(右上)にある「牛焼肉冷麺」(690円)を選びました。

Dscf4658
Dscf4662

カウンター席に着いた後は天丼の盛り付けに取り掛かりました。丼に入った「天丼用ごはん」の上に「えび天」「なす天」「かぼちゃ天」を並べたあとは、サービスエリアにある「天かす」と「刻みネギ」(いずれも無料)を振り掛けて、最後に「天ダレ」(写真左上の小鉢)を回しかければ完成。丼から「えび天」が大きくはみ出ています。ちなみに、「野菜かき揚げ」が大好きな筆者ですが、「かき揚げ天丼」では面白くないと考えました。

Dscf4663

セルフサービスで丼に盛った「特製天丼」は、サクサクした天ぷらの歯触りと甘辛い「天ダレ」の味が相まって美味しさが増したことで、ご飯が進みました。期待通りの美味しさです。「牛焼肉冷麺」のうどんと肉を少しもらいました。おりからの真夏日ですから、冷たいうどんは大正解でしょう。筆者が選んだ「天丼」は美味しかったのですが、トッピングした3品の「天ぷら」はいずれもサイズが大きかったことで、「なす天」だけは食べ切れませんでした。『御免なさい! 』 ご飯・天ぷら・うどんの組合せに満足して丸亀製麺の店舗を出て、太平洋高気圧が張り出してムッとする暑さの中を自宅へ向かいました。途中、コンビニに立ち寄ってビールを買うことは忘れません!

余談ですが、ファストフードとしての「天丼」を提供する「天丼てんや」の店が自宅の近くにないことを残念に思っていましたが、丸亀製麺の店でも美味しい「天丼」が食べられることを確認することができました。◇

« NHK 「ニッポン不滅の名城〜明智光秀の城から読み解く本能寺の変の真相」 | トップページ | にっぽん!歴史鑑定「平将門と藤原純友 東西同時反乱の真実」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK 「ニッポン不滅の名城〜明智光秀の城から読み解く本能寺の変の真相」 | トップページ | にっぽん!歴史鑑定「平将門と藤原純友 東西同時反乱の真実」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ