« 土用の丑の日に思う:ファストフード店のうな丼 | トップページ | 神秘のヨーロッパ 絶景紀行「崖の上に街があった」を観る »

2020年7月31日 (金)

聖なる巡礼路を行く!〜カミーノ・デ・サンチャゴ 1500km〜(3)魂の道

NHK総合テレビで724日に放送された「聖なる巡礼路を行く!〜カミーノ・デ・サンチャゴ 1500km〜(3)魂の道」を観ました。「(1)宗教の道」(ピレネー山脈まで)と「(2)肉体の道」(ピレネー山脈以降)に続く最終回です。

NHKの関連hpには次のように紹介されています。

『キリスト教の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを徒歩で目指す旅「サンティアゴ巡礼」。スペイン中央部から続く道で、自身の内面と向き合う巡礼者たちの感動の物語。』

『キリスト教の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを徒歩で目指す旅「サンティアゴ巡礼」。最先端の8Kカメラを用い、3回シリーズでその全貌に迫る第3話は、スペイン中央部に広がるメセタの大地から続く平坦な道のりを追う。高低差もなく、景色の変化がないため否応なく自身の内面と向き合うことになるこの道を経て、巡礼者はいよいよ聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂に到着する。』

【語り】武内陶子, 森川智之

                            ☆

番組を観ながら書いた概要は以下の通りです。

3回シリーズの最終回は「サンティアゴ巡礼」の出発地であるフランス南東部の聖なる地、ル・プュイ=アン=ヴレにあるノートルダム大聖堂のシーンから始まりました。

スペインの聖地「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の大聖堂まで1500km(注釈:スペイン国内は約900㎞)も続くサンチャゴ巡礼路「ル・ピュイの道」は年々人気が高まって、巡礼者の数は年間35万人を超えているそうです。一日平均20km歩く巡礼者たちの多くは人生の節目を迎えている人たちです。中には悩みを抱えている人もいました。

筆者が10年以上前に体験した日本の「四国遍路」(四国八十八か所巡拝、ルート長:1,100‐1,400㎞)と似ています。ただし、出発地が多数ある「サンティアゴ巡礼」に様々なルートがあり、本番組で扱われたのは「フランス人の道」です。ちなみに、昨年の北欧旅行の帰路、コペンハーゲン空港で出会った日本人ご夫妻からお聞きした「ポルトガルの巡礼」(説明:リスボンから北上してサンティアゴ・デ・コンポステーラに至る「ポルトガルの道」)とは出発地とルートが異なります。

ノートルダム寺院を出発した様々な人たち(巡礼者たち)が聖地「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」を目指して歩き始めました。イエス・キリストの影響を恐れた為政者によって殺された聖サンチャゴ(説明:聖ヤコブのスペイン語表記、キリストの使徒のひとり、使徒ヨハネの兄)の埋葬地です。出発地から100㎞余り歩いて到着した「エスタン」では、中世の祭りが行われており、テンプル騎士団(説明:ローマ教皇に認可された中世の騎士修道会)が登場しました。フランスで最も美しい村といわれるそうです。

次いで、やはり美しい「コンク村」まで進みました。そこには天国と地獄が表現されており、巡礼によって救われた巡礼者の自戒(じかい)がありました。四国遍路で見かけた人たちの表情と重なります。そして、いずれにおいても巡礼者たちの心の交流がありました。また、「カオール」ではヴァラントレ橋サンテティエンヌ大聖堂の美しさを紹介しました。

スペインが近づきました。ピレネー山脈を越えるのです。巡礼者たちは難所であるピレネー越えのレクチャーを受けます。フランス側に続くなだらかな上り坂の道をひたすら上って頂上付近を過ぎると、スペイン側の急な下り坂が待っていました。ロンセス・バリェス村に到着。フランスとスペインにまたがるバスク地方を歩きます。バスク人の文化が根付く地域です。巡礼者たちのために架けられた「王妃の橋」を渡ります。

美しいシラウキの町からロブローニョの町に入りました。この「美食の町」では収穫祭が行われていました。目的地まであと580kmです。平らな農地が広がるスペインのメセタの大地を歩きます。地形と景色に変化がないため、「心の難所」と呼ばれるそうです。ここで日本人巡礼者が登場してインタビューに答えました。レオンの町では「レオン大聖堂」が巡礼者たちを迎えました。

巡礼宿のアベ・フェニックスでは魔除けの儀式である「ケイマーダ」が始まりました。巡礼者たちを歓迎するケルト人(説明:中央アジアからヨーロッパに移り住んだ民族、非ゲルマン系)の儀式です。「レオンの町」を出てスペイン北西端(ポルトガルの北隣)にあるガリシア州に入りました。目的地まであと48kmを残すだけになりました

旅のゴールが近づいたところで巡礼者たちの思いが語られます。聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂に到着した巡礼者たちは巡礼終了証を受け取りました。四国遍路では高野山にて御朱印をいただくことと同じです。巡礼を終えた巡礼者たちは90km離れた大西洋に面した景色が美しいフィニステーレ(説明:地の果ての意)へ向かうシーンで番組は終わりました。

« 土用の丑の日に思う:ファストフード店のうな丼 | トップページ | 神秘のヨーロッパ 絶景紀行「崖の上に街があった」を観る »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土用の丑の日に思う:ファストフード店のうな丼 | トップページ | 神秘のヨーロッパ 絶景紀行「崖の上に街があった」を観る »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ