スポーツ

2019年1月 9日 (水)

二子玉川ライズを訪れる

久しぶりに二子玉川ライズへ出かけました。12月15日にアイススケート場「スケートガーデン 2018」がオープンしたと聞いたことでコチビちゃんにアイススケートを楽しんでもらうためです。6年前に大阪のスケート教室に参加した時に我われも同行しました。実は大阪から来ていたオチビちゃんとコチビちゃん一家が帰阪するクリスマスの翌日、本人の強い希望でコチビちゃんだけがさらに年末の数日をわが家で過ごすことになったのです。

 

年末の二子玉川ライズは冬休み期間で来訪客が多く、ライズ内の駐車場を数か所回って、何とか第3駐車場内に空きスペースを発見。12時半ころ、エレベーターに乗って2階の中央広場にある特設スケートリンクへ向かいました。入場する前に左手からスケートリンクの様子を見るようです。
 
2018_12270025
   

プロスケーターの指導を受けられる教室などが開催されるようです。
 
2018_12270028
   

スケートリンクではアイススケートの防具を付けた大勢の子供たちが少数の大人に混じって楽しそうに滑っています。私とコチビちゃんはスケートリンクを眺めている間に、同行者は利用方法などを聞くために窓口へ向かいました。
 
2018_12270026
   

同行者が戻って利用方法と午後2時からスケートリンクの氷を整備した後、スタッフによるデモンストレーションがあることを告げました。しかし、肝心のコチビちゃんがなぜか尻込みしはじめたのです。手袋を持ってこなかったからと理由を説明するのですが・・。(注釈: 手袋は300円でレンタルできる)
   

そこで3階にある109シネマズ二子玉川へ移動しました。何か面白い映画が上映されていないかを確認するためです。「アリー スター誕生」や「携帯を落としただけなのに」などの話題作が上映中でしたが、コチビちゃんが興味を持つ映画は残念ながら見当たりません。
 
2018_12270029
   

ロビーにある売店「シネマショップ」で温かい飲み物とドーナツを購入して、5階のルーフガーデン(屋上庭園)へ移動することにしました。109シネマズ側のエレベーターは3階止まりですから、階段を利用する必要があります。
 
2018_12270030 
2018_12270031
   

4階の通路脇には三角形の「4Fルーフガーデン」がありました。
 
2018_12270032
   

横幅が広い奥の部分には細長い池と木橋が
 
2018_12270034
   

トンボをデザインしたモニュメントの目の部分には「ウチワヤンマ」の雄と雌がディスプレイされています。
 
2018_12270033
   

もうひとつの階段で4階から5階へ上がります。
 
2018_12270035
   

5階のルーフガーデンに出ました。3年半前に二子玉川ライズがオープンした時と比べると木々が少し大きくなったように見えます。
 
2018_12270036 
2018_12270037
   

ベンチに腰かけた同行者とコチビちゃんは109シネマズのフードカウンターで買ったサンドイッチを食べ始めました。
 
2018_12270038
   

5階の屋上庭園には陽光がありますが、冷たい風が吹き抜けているため、肌寒いので長居はできません。南側(多摩川の方向)に面した休憩所は背面にガラスが設置されていて暖かいのですが、陽光が眩しいため、こちらは直ちに退散。ルーフガーデンの反対側、隣のショッピングビルにエレベーターがあることを思い出して、そちらへ向かいました。通路脇には人工のせせらぎが設(しつら)えてあります。
 
2018_12270039
   

見覚えのある入口を入り、のエレベーターを利用して、再び3階へ下りて蔦屋(つたや)家電などを見て回るうちに午後2時近くになりました。
 
2018_12270043
   

アイススケートリンクで氷の整備が始まる午後2時になるとになるとリンク内にいた客は全員が一旦リンク外へ出ました。同行者は窓口で訊いていたように、氷の整備が早く終了した場合には、スタッフによるスケーティングのデモンストレーションが行われるはずですから、リンク脇で整備作業を見守ることにしました。
 
2018_12270044
   

スタッフがプラスチック製の箒(ほうき)を使ってリンク内を掃除し終えると、氷面を整える整備車両が登場しました。リンク内を隈なく整えたあとは、氷の表面を溶かすプロセスが始まりました。恐らく熱源が装備されているのでしょう。ショッピングしていたコチビちゃんと同行者がリンク脇に現れました。
 
2018_12270048
   

車両の最後尾に設置された繊維のカーテンが表面をさらに滑らかにすると、氷の表面に浮かぶ水は氷の下に設備された冷却設備によって徐々に結氷して滑らかな銀盤を作り出しました。そして最後にラバー製のモップで仕上げれば、整備作業が約15分で終了しました。

 

男性スタッフが2名現れて滑り始めました。滑らで鋭いエッジ捌(さば)きを見せたあとは、ジャンプとスピンのテクニックを披露すると大きな歓声と拍手が起きてスタッフによる、約1分のエクジビションは終了しました。
 
2018_12270050 
2018_12270051
   

そして、スケート客が一斉にリンク内へ戻ります。
 
2018_12270056
   

コチビちゃんはアイススケートをしませんでしたが、ショッピングに満足してくれたようなので、帰宅することにしました。(続く)

2014年7月14日 (月)

憧れのハワイ空路 ラナイ島(その13)

「テーパーティの会場へ戻ると、オチビちゃんたちも庭に出てみたいと言いますので、全員で裏庭を散歩することにしました。先ほどは気が付かなかったクロッケー場を見つけました。
 
2014_05260425
 
 

早速、2人は初めて見るクロッケー(別名ローンボウリング)に興味を持ったようです。芝生のコートで行われるイギリス発祥の球技で、日本のゲートボールの原型になりました。コチビちゃんはぎこちないフォームですが、柄(え)の部分が長い槌(つち)のようなもので木製のボールを叩(たた)き始めました。
 
2014_05260428
 

少し慣(な)れてきたようです。
 
2014_05260429
 
 

そしてフープ(門)を通過!
 
2014_05260432
 

オチビちゃんは別の場所で練習をしています。
 
2014_05260433
 
 

フープのすぐ前からボールを転(ころ)がしています。ゴールするには後ろのペグ(杭)に当てる必要がありますよ!
 
2014_05260434
 

そして大きなスイングでボールを打ち始めました。
 
2014_05260435
 
 

目を湖の方へ向けると先ほど見た蘭(らん)を栽培する「オーキッド・ハウス」と中国風の建物がはっきり見えます。
 
2014_05260436
 

さらに右手には傘型をして大木が湖の水をせき止めているかのように立っています。
 
2014_05260450
 
 

足元にはうす紫色の花がさいています。
 
2014_05260451
 
 

先ほど引き返した場所からさらに先へ行ってみることにしました。枝が大きく広がったハワイらしい大木です。
 
2014_05260449
 
 

ガゼボの脇を抜けて、湖に沿って左手の広い緑地に向かいしました。
 
2014_05260440
 

振り返るとガゼボの先に客室棟がよく見えました。
 
2014_05260442
 
 

ガゼボにはまだあのゴイサギがほぼ同じ場所から湖を眺めています。
 
2014_05260444
 

本館近くまで戻るとクロッケー場で子供たちを見守っていたお母さんがクロッケーに参戦していました。
 
2014_05260446
 

しばしクロッケーを楽しんだ2人はガゼボの手前にあるハンモック(釣床)に乗って遊び始めました。南米の熱帯地方で先住民が使っていた寝具が、揺(ゆ)れが多かった船内の寝床として利用されて、一般にも広まったのだそうです。
 
2014_05260448_2
   
 

人影がなくなったクロッケー場の近くにはこんな大木が3本聳(そび)えています。
 
2014_05260452
 

花壇(かだん)の土留(どど)めにこんなは虫類が・・。これも図鑑でしらべると、イグアナ科のグリーンアノールに似ているようです。
 
2014_05260453
 

本館から渡り廊下(ろうか)が客室棟まで続いているのが見えます。
 
2014_05260455
 
 

(続く)

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ