旅行・地域

2019年11月22日 (金)

渋谷スクランブルスクエアの展望台「渋谷スカイ」(前編)

今月1日にオープンしたばかりの「渋谷スクランブルスクエア(東棟)」へ向かいました。東京メトロ渋谷駅の宮益坂中央改札(宮益坂下交差点の下)を出て左手(南方向にあるJRと銀座線方面)に進みます。私の記憶では地下鉄渋谷駅の出入り口は1番から16番まで(注釈:一部はaまたはbのサフィックス付)で、「B4-B7、C1-3」の番号表示は初めて見るものです。
 
201911180002
 
後で調べると、「渋谷スクランブルスクエア(東棟)」のオープン日と同じ11月1日に渋谷駅周辺で地下鉄駅の出入り口のナンバリングがエリア別へと変更になっていました。これまでは1番から16番が割り当てられていたため、渋谷駅からみてどの方角にあるのかが分かりにくかったと思います。今回の変更の具体的な内容は、従来の1番から8番(渋谷駅の北西エリア:道玄坂・センター街・ハチ公前広場など)がA0-A7、A12に、9番から15番(渋谷駅の北東エリア:東口地下広場・渋谷郵便局・宮益坂下・渋谷スクランブルスクエア・渋谷ヒカリエなど)がB1-B7に、16a/b/c番(渋谷駅の南東エリア:東口バスターミナル・渋谷ストリーム・渋谷警察署
など)がC1-C3となりました。注釈:Dエリア(渋谷駅の南西エリア:西口・桜丘方面・渋谷フクラス・三軒茶屋側)は12月5日開業予定、A12(スクランブル交差点の北東角にあるMAGNET by SHIBUYA109に直結する出入口)が離れた番号となった理由は不明、Yahoo!地図では11月22日現在旧表示のまま
 

JRと銀座線、および東口の案内標識に従って、地下通路が交差する場所を右折しました。天井近くには”SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE”の表示があります。ちなみに、反対側にあるB5は渋谷ヒカリエの出入口です。
 
201911180003
 

その先にあるエスカレーターで地上へ向かいます。
 
201911180004
 
B6出入口から地上に出ると右手に渋谷スクランブルスクエアの入口がありました。
 
201911180005
 

入口脇のカフェだけがオープンしているだけですから、左手にあるエスカレーターを利用して「渋谷スカイの専用エレベーター」があるという2階へ向かいます。ちなみに、左手には「バス乗り場」と「明治通り」があります。
 
201911180006
 

2階へ上がると「渋谷ヒカリエ」との連絡通路前に出ました。
 
201911180007
 

専用エレベーターの乗場を探しましたが、オフィス用エレベーター(写真左手)と右手の通路に面している地下-3階間のエレベーター(写真右端)以外に動いているものがありません。
 
201911180009
 

あてもなく3階まで上がってみましたがやはり手がかりはありません。変化の激しい渋谷でお登りさん同然である私はたまたま見かけた守衛さんに尋ねると、『現在は1階に専用エレベーターの乗場がある』 と教えてくれました。私が確認した情報は古かったようです。エスカレーターで1階まで下りると、柱の陰にその案内図を見つけました。
 
201911180011
 

明治通りに面して連絡通路の下にある入口脇にエレベーターを見つけましたが、「休止」の表示が出ていてまだ動いていません。
 
201911180013
 

柱に掲示してある案内パネルで「渋谷スカイ」が午前9時にオープンすることと、料金はWEBチケット(事前予約)が1800円であることを再確認しました。ちなみに、当日窓口チケット(2000円)は12月1日から販売されるとのこと。
 
201911180016
 

まだ早朝(午前8時35分)であるためか、入口付近を通行する人影はわずかであり、また立ち止まっている数人は「渋谷スカイ」への入場を待っている人たちのようです。
 

午前8時45分になると専用エレベーターがやおら動き始めましたので、待っていた人たちと一緒にエレベーターに乗り込みました。ガラス窓越しに「渋谷ヒカリエ」とその2階ににつながる「連絡通路」が見えます。
 
201911180018
 

動き始めたエレベーターからは「渋谷ヒカリエ」がスクロールするように見ることができました。
 
201911180020
201911180023
 

14階へ到着。予約済みの客はポールパーテーションに沿って進み、チケット・カウンターの右手にあるゲートに誘導されました。大阪の「あべのハルカス」と同様、中層階に展望台(渋谷スカイ)へ上がる専用エレベータの乗り場があるのです。ちなみに、ここから「渋谷スカイ」のエリアになっているようです。
 
201911180024
201911180025
 

ほどなくしてWEB予約で入手したチケットのコピー(注釈:スマホに入ったチケットも可)を読み取り機に翳(かざ)すと、入場ゲートが開きました。

奥へ進むと、左手に造られた人の列を整理するポールパーテーションの先に「渋谷スカイ」内を移動するもう一つの専用エレベーター(左右に2基)がありました。(注釈:写真は左側のエレベーター) 1階のエレベーター乗り場に早く並んだ甲斐があって、私は先頭から4番目です。ちなみに。午前9時-午前9時20分の入場者全体で40名ほどの列ができました。
 
201911180026
 

午前9時ちょうどになると渋谷スカイ(45階)行きのエレベーターが動き始めました。天井には映画「2001年宇宙の旅」のワープシーンを連想させる奇抜な模様が次々に映し出されました。
 
201911180027
 

45階でエレベーターを降り、案内されたエスカレーターで46階へ向かいました。狭い通路を抜けるのは大阪の「あべのハルカス」と似た演出です。
 
201911180031
 

幅が狭く黒一色の空間を抜けると明るくて開けた46階に出ると、左手にあるコインロッカー室で手荷物を預ける必要がありました。(注釈:100円硬貨をデポジット)
 
201911180032
 

反対側にある大きなガラス製の出入口を抜けて、いよいよ「渋谷スカイ」の屋上部へ出ます。
 
201911180033
 

(続く)

2019年11月 6日 (水)

記憶に残る海外の料理(22選)

 最近、グルメ関連の記事を多く書くうちに、私のささやかな「海外グルメ史」をまとめたくなり、古い記憶を忘れ去る前に思い出しながら書き出してみました。最初の海外旅行から昨年までの44年間に出会った海外の料理を思い出せる範囲で網羅しています。言うまでもありませんが、あくまでも私に強い印象を与えた料理であって、必ずしも美味しいと思ったものばかりではありません。なお、自分のため(忘備)の注釈を付けました。
 
                                 ☆
 

1975年 初めての海外旅行(欧州7か国)で訪れたパリのレストランで食べたエスカルゴ食用カタツムリ)が海外料理との最初の出会いで、そのニンニク味を今も覚えている。注釈:観光で2回訪問(2回目は同居者が同行)、写真(左)は1975年のパリ市街、写真(右)は2006年のベルサイユ宮殿  注釈:パソコンのHDDがクラッシュしたことにより1975年の欧州旅行における写真はほとんど残っていないため、ブログ記事(2006年12月)のサムネイル画像をコピー掲載 
  
Paris 2006_07310311_20191105095201
   

1976年 初めての海外出張で訪れたビルマ(現ミャンマー)のラングーン現ヤンゴン)で大きな蟹爪中華料理を連日食べる。当時、貧しい国のビルマでは最高級の料理だった。注釈:長短期出張が都合回、写真は1970年代のラングーン(現ヤンゴン)市街地
 
8
  
1978年 タイのバンコックで食べたタイ料理の中でも辛いトムヤムクン海老料理)の海老が特に美味しかった。注釈:世界三大スープの一つで、トムは煮る・ヤムは混ぜる・クンはエビのこと。出張回、写真は1983年のバンコック
 
4
   

1980年 シンガポールで朝食に食べた 中華粥中華風お粥)と食後のカットフルーツ。お粥にトッピングされるパクチー香菜)は苦手。注釈台湾や香港のお粥と似ている。出張約10回、写真は1980年のシンガポール
 
80a8
   

1983年 ニュージーランドで食べたフィシュ・アンド・チップスタラのフライとフライドポテト、イギリス由来)とシンプルなサンドイッチ。慎ましやかな料理が多い。注釈:10数回と出張と回の観光旅行(同居者が同行)、写真は1983年に訪れた首都ウェリントン
 
Nz83e4
 

1985年 トルコのイスタンブールでシシカバブドネル・ケバブ(串焼き・スライスした羊肉料理)と食前酒のラク(ぶどうから作られる蒸留酒、水で割ると白濁して独特の香りがするのが特徴)を楽しみながら、オスマン帝国の栄華に思いを馳せた。注釈:出張1回、最近の政情不安で再訪は断念、写真は1985年に訪れたイスタンブール
 
7
 
1987年 オーストラリアのシドニーで食べた大きなクレイフィシュ(伊勢海老に似たザリガニ)。同国産の白ワインも美味しい。注釈:メルボルンとシドニーへ都合回出張、写真は当時のシドニー市街地
  
Dscf0005
 

1989年 アメリカのテキサス州ダラスで食べたTボーン・ステーキ(牛の胸肉)は美味しくて迫力がある。ビールやバーボンウイスキー(とうもろこしから作られる蒸留酒)が合う。注釈:家族と共に5年間居住、北米ドライブ旅行、写真(左)は現地で購入した住宅(完成・引き渡し直前)、なお前庭はスプリンクラー用配管の施設工事後で芝生が養生中、写真(右)は入居後

 
2 2_20191106202701   
 

1992年 メキシコの観光地カンクーンで食べたタコスはスパイシーで美味しかった。トルティーヤ(とうもろこしの粉で作る薄焼パン)で肉や野菜を挟んだタコスはエスニックなメキシコ料理。注釈:アメリカに居住している時に家族と一緒に訪問、写真は観光地カンクーンに近いマヤ遺跡のチェチェンイッツァ
 
20
  
1994年 ベトナムのハノイとホーチミンで食べたフォー(米粉の麺)生春巻きの味は日本人の好みにピッタリ。現在は日本でも人気がある料理。注釈:出張と観光(同居者が同行)で各回訪問、写真は当時のハノイ市街地
 
15
   

1995年 マレーシアのクアラルンプールで食べた火鍋(辛いスープとマイルドなスープの海鮮料理) 注釈中仕切りのある専用鍋を使用。日本のシャブシャブ鍋は火鍋用の鍋を流用。7-8回出張、写真はクアラルンプールのツインタワー
 
 
Dscf0018
  

1997年 中国北京で食べた北京ダッグ。アヒルの皮だけを食べる贅沢さに驚きながら上級な紹興酒(しょうこうしゅ)を初めて味わう。庶民は安い白酒(ぱいちゅう、とうもろこしなどで作る焼酎)を飲むとのこと。注釈:中国各都市へ都合7-8回出張、写真は万里の長城
   
949
  
1998年 ブラジルのサンパウロで食べたフェイジョアーダ(黒豆と豚肉の煮込み料理、元は奴隷の食べ物)、シュラスコ肉の串焼き)、ポンデケージョ(チーズパン)などエスニックな食べ物が多い。注釈:2回の出張で主要都市を巡る、東京にあるブラジル料理店の例、写真はリオデジャネーロのイパネマ海岸

 
972
 
1997
年 香港で食べた海老ワンタン香港麺は、海老ワンタンの美味さは格別で、濃くがありながらさっぱりとしたスープと細麺の組み合わせが絶妙。注釈:日本の広東料理店(横浜中華街の同発別館や京都駅ビルの京都麺飯炒房ハマムラ」でも食べたことがある、出張
 
Dscf0009
 

2001年 ニュージーランドのクライストチャーチで食べたラムシャンク仔羊のモモ肉料理)とブラフ・オイスター(南島産の天然物) 注釈:出張回数は10数回と多かったが観光では同居者とともに1回だけ訪問、写真は1983年に出張で訪れたクライストチャーチ
   
Nz83c1
  
2006年 ドイツのミュンヘンで食べたソーセージとマッシュド・ポテト料理のボリュームに圧倒された。1975年にも食べた素朴な料理。もちろんビールも楽しんだ。 注釈:フランクフルトへ5-6回出張、観光ではドイツを2回訪問(内1回は同居者が同行)、写真はバイエルン地方のノイシュバンシュタイン城
 
2006_07310117_20191027112701
   

2013年 中欧クロアチアのスプリットで食べたグリーン・パスタ(ほうれん草を練り込んだフェットチーネ)は見た目にも魅力的。歴史的につながりの深いイタリアの影響と思われる。注釈:学生時代から歴史の舞台として興味があったバルカン半島を50年の時を経て同居者と共に訪れた印象に残る訪問地
 
3412
   

2014年 台湾の台北で食べた小籠包(しょうろんぽう、中華料理の点心の一種、シュウマイに似ている)は観光客に定番の人気料理。鼎泰豊(ディンタイフォン)が台北一の人気店。注釈:出張と観光(同居者が同行)で各回訪問
 
2014_102306681
   

2017年 30数年ぶりに観光で訪れたミャンマー・ヤンゴンの定宿(ストランド・ホテル)で食べた本格的なスパゲティ・カルボナーラチーズ・パスタ) 注釈::日本のように生クリームを使わない、出張と観光(同居者が同行)で都合回訪問
 
2017_03160992
  
2018年 オーストリアのザルツブルクで食べたカレー風味のホットドッグ「ボスナBosna)」はエスニックな食べ物。注釈:オスマントルコ帝国の食べ物に由来、同居者が同行
 
201804110528
  
20188年 オーストリアのウィーンで食べたビィーナ・シュニッツエル(ウィーン風仔牛のカツレツ) 注釈:フランスからイタリアの・ミラノを経由してウィーンへ伝来、フランス料理をアレンジした日本のトンカツとは従兄弟関係、同居者が同行
 
201804110626
   

2018年 ハンガリーのブダペストで食べたロールキャベツ。その起源はアナトリア半島(現在のトルコ)で食べられていた「トルマ」というトルコ料理で、15-16世期にヨーロッパに伝わって現在の形になったそうです。注釈:同居者が同行
 
201804110844
 
以上、22件を紹介しました。□

2019年10月27日 (日)

新東名高速道路の6車線化工事が始まる!(後編)

北沼上トンネル」(長さ1270m)に入ります。
 
201910030217
 
同トンネルを抜けた場所でも工事用フェンスが設置してあり、工事が行われています。
 
201910030218
 
路肩部分の舗装が剥(はが)がされています。
 
201910030219
 
新清水JCT」に差し掛かりました。
 
201910030220
 

路肩の舗装が綺麗に無くなっています。前方に見えるのは「和田島トンネル」でしょう。
 
201910030221
 
路肩の状況から推察していましたが、新東名高速道路では御殿場-浜松いなさJCT間で6車線化工事工事計画)が行われているのです。
 
201910030222
 
参考までに6車線化工事の説明文を引用します。『E1A 新東名高速道路 御殿場ジャンクション(JCT)から浜松いなさJCTにおいて、2019年4月から6車線化工事を実施しております。工事をおこなうために路肩部分に仮設防護柵を連続して設置しており、路肩の幅員が縮小していることから、8月21日(水)より一部区間で規制速度が80km/hとなります。』
 

ここでも路肩に工事用のガードレールとフェンスが設置してあり、「非常用駐車帯」が設けられています。
   
201910030223
 
「車線シフト区間 1000m先」の案内標識があります。その意味するとことは?
 
201910030224
 
「500m先 車線シフト」の看板には車線が折れ曲がっていることを図解してあります。
 
201910030225
 
カラーコーンがずっと並んでいます。その延長線上には富士山のシルエットが薄っすらと見えます。
 
201910030226
   
沼津トンネル」(長さ600m)に入ります。
 
201910030227
  
「100m先 路肩縮小区間」と「100m先工事車両入口」の案内看板が立っていました。
 
201910030228
 
ここがその区間のようです。
 
201910030229
 
トンネル内の規制された路肩部では天井(あるいは天井灯)の点検が行われていました。
 
201910030230
 
御殿場JCT」が近づいたようです。遠方には丹沢の西端にある(神奈川県・静岡市・山梨県にまたがる)三国山(標高1343m)から湯船山(標高1041m)と不老山(標高928m)に至る神奈川県と静岡県の県境にある山並みを望むことができます。
 
201910030231
  
新東名高速道路の延伸区間の工事が進んでいます。
 
201910030232
 
東名高速道路に入って御殿場IC・大井松田IC・秦野ICを過ぎると伊勢原JCTが近づきました。東名高速道路と新東名高速道路(2019年3月17日に完成した延伸区間/伊勢原JCT-海老名JCT)が分岐する場所です。今年の4月上旬に大阪を訪れるために通過した時には開通していましたが、迂闊(うかつ)にも紹介することを失念しました。
 
201910030233
   
ちなみに、東名高速道路(および名神高速道路)のナンバリングは”E1"で、新東名高速道路(および伊勢湾岸自動車道、新名神高速道路)のナンバリングは"E1A"。欧州の仕組み(欧州自動車道路)に倣(なら)ったと思われ、"E"は"Expressway"(高速道路)を意味します。ただし、"1"は並行する国道の路線番号を、そして”A"はグループ化を意味することは日本独自の方法です。例)”E2"=山陽自動車道、"E2A"=中国自動車道・関門橋
   
また、環状道路は路線番号の頭に"C"を付けます。例)首都圏では "C1"=首都高速都心環状線(都環)、"C2"=首都高速中央環状線(中環/中央環状)、 "C3"=東京外環状自動車道(外環道/東京外環/外環、注釈:東京外かく環状道路の一部)、"C4"=首都圏中央連絡自動車道(圏央道)、"CA"=東京湾アクアライン(およびアクアライン連絡道)
   
新東名高速道路
厚木南出口IC)と圏央道(C4)茅ヶ崎方面への分岐点である伊勢原JCTのランプ入口付近を通過
 
201910030234
201910030235
 
今回の大阪行きではほとんど高速道路だけを利用し、かつ寄り道をしなかったことから、帰路の走行距離は451.3km、燃費は24.7km、平均速度は81km・/hと平凡な内容でした。
 
201910030238
 

2019年10月26日 (土)

新東名高速道路の6車線化工事が始まる!(前編)

大阪での予定を終えた6日目、いよいよ帰路に着くことになりました。子供たちが学校や幼稚園へ出掛けるのを見送った午前8時30分過ぎにオチビちゃんとコチビちゃん宅を出発し、寄り道をしないで元来た道を引き返します。新名神高速道路と伊勢湾岸自動車道、さらに新東名高速道路を順調に走行し始めたばかりですが、午前11時30分になりましたので、浜松SANEOPASA浜松)で休憩を兼ねて昼食を摂ることに。
 
201910030197
 
お腹の好き具合と相談しながら、「中華の鉄人」で担担麺(980円)を、「石松ぎょうざ」で「餃子10個(単品)」(640円)をそれぞれ注文しました。
 
201910030193
201910030196
 
いずれの中華料理も私には定番のメニューで、それらの味にいつも満足しています。
 

昼食後、同行者は駐車エリアに面した店舗でソフトクリームを求めました。
 
201910030199
 
新東名高速道路は、車の通行量が少ない時間帯ですから、快適にドライブを楽しむことができそうです。浜松浜北IC付近の路肩では舗装工事が行われていましたが、「森掛川 袋井出口(IC)」付近からはさらに大規模な工事(500m先)があるようで、黄色とオレンジのカラーコーンで路肩規制が行われていました。
 
201910030200
201910030201
  
すぐ先の「平島トンネル」内
 
201910030202
 
大和田トンネル」に入ります。
 
201910030203
 
路肩に工事用フェンスが設置され、「1キロ先 工事車線規制」の電光掲示が出ていますから、新東名高速道路で集中工事が行われているようです。ちなみに、すべての車両の最高速度が80km/hに規制されていました。
 
201910030204
 

片側3車線区間では「120キロ 試行区間」の横断幕が歩道橋に掲げられています。
 
201910030205
 

矢倉山トンネル」(長さ1380m)に入ります。路肩には再びカラーコーンが並べられているのが確認できました。相変わらず最高速度が80km/hであると表示されています。
 
201910030206
  
隣接する「尾川第二トンネル」を抜けて、「尾川第一トンネル」に入ります。ここでも路肩に工事用フェンスが設置されています。
 
201910030207
201910030208
 
左前方には多数の工事用車両が停まっています。藤枝PAが近づきましたから、前方に見えるのは「寺島トンネル」のようです。
 
201910030210
 
続いて「助宗トンネル」が見えてきました。
 
201910030211
 
藤枝PA」に差し掛かるころにはカラーコーンは設置されていません。片側3車線(全6車線)区間だからなのかもしれませんしかし、右前方には車線規制のような標示が現れました。
 
201910030212
 
事実、第2追い越し車線がカラーコーンで車線規制されています。どうしたのでしょうか? 前方に見えるのは「岡部トンネル」のようです。
 
201910030213
  

谷津トンネル」(長さ800m)
 
201910030214
 
設置目的が不明であるカラーコーンがなくなると、「規制速度試行区間 ここまで」の標識とともに最高速度表示が100km/h(大型車・三輪・牽引を除く)と80km/h(大型車など)に変わりました。
 
201910030215
 
新静岡ICが近い片側3車線の区間に「富士-愛宕PA 対面通行規制」の表示が出ていますが、これは東名高速道路についての案内です。
 
201910030216
 

(続く)

2019年10月23日 (水)

カッパ寿司「八幡店」でランチを楽しむ

オチビちゃん・コチビちゃんたちの妹が通う幼稚園で「敬老の集い」が開かれました。日頃、幼稚園との付き合いが限定的な祖父母を園に招待して、園児と触れ合う催し物、つまり「敬老会」なのです。何日も前に、「是非来てほしいとの招待」が本人から遠く離れて住む我々に届いていました。
 

「敬老の集い」の式次第は園児による合唱が主体ですが、最後にはクラス別に園児と祖父母が一緒になり、園児が初めて出会った他所のお祖父さん・お祖母さんと一緒に遊ぶ時間がありました。
 

「敬老の集い」が滞(とどこお)りなく終わった後、彼女のお母さん・同行者・私の三人で近くの回転寿司でランチをすることになりました。いつもは「スシロー」と「くら寿司」、そして時には「はま寿司」を利用していますが、この日はある思いから久しぶりに「かっぱ寿司」を選びました。
 

余談です。「かっぱ寿司」(1978年創業、カッパ・クリエイト)は回転寿司業界で長くトップに君臨していましたが、2012年に「スシロー」(1984年創業、スシローグローバルホールディングス)に抜かれた後、「くら寿司」(1990年創業、くらコーポレーション)と「はま寿司」(2002年創業、ゼンショーホールディングス)にも抜かれて、業界4位へと転落して業績が低迷しました。売上高は2011年から2013年で頭打ち(純利益は赤字)になり、右肩上がりを続ける他3社との差が歴然となりました。
 
2007年に米卸販売を手がけるゼンショーが筆頭株主となり、2014年に外食グループのコロワイドが親会社となるなか、2012年度からずっとマイナス成長が続いていましたが、2018年度(2019年3月期)の業績(既存店売上高)がやっとプラス成長に転じたようです。「安かろう、悪かろう」の評判が定着していた「かっぱ寿司」がさまざまな施策を行った成果が、この年になって、やっと出始めたようです。しかし、原価率が競合他社より低く(材料の品質が低い)、販間費率が高い(小型店舗が多く効率が悪い)という経営数値は体質改善が道半ばであることを示しているようです。
 

閑話休題。 「かっぱ寿司」(八幡店)は国道1号の八幡洞ヶ峠交差点から500mほど八幡市の中心部(西方)へ向かった場所にありました。ちなみに、この交差点脇には「一蘭京都八幡店」と「筒井純慶陣所跡」があります。
 
201910030180
 
丁度、正午になるところでしたが、店内はそれほど混んではおらず、奥のテーブル席へ案内されました。さっそく、タッチパネルを使って各々が好きなメニューを入力(注文)しました。
 
201910030181

 

直通型のベルトコンベアで最初に運ばれてきたのは「とろ〆さば(おろし)」と「はまち」です。
 
201910030182
 
次いで、「えび三貫盛り」と「光物三貫盛り」が。
 
201910030183
 
「さんま塩炙(あぶ)り」
 
201910030184
 

「鮮極生えび」
 
201910030185
 
 

「肉厚とろ〆さばの押し寿司」
 
201910030186
 

「まぐろ二種盛り」と「焼きサーモン」
 
201910030187
 

「大葉のせあかいか」
 
201910030188
 
「バニラアイス&コーヒーゼリー」
 
201910030189
 

など全17皿で全員が満腹になったようですから会計をすることにしました。
 
201910030190 
201910030191
 
10年ほど前に食べたころに比べると「かっぱ寿司」の味はずいぶん美味しくなっていて、他の競合店の水準まで近づきつつあるようですが、まだ改善する余地が多いと思われます。これからも「かっぱ寿司」の復活を見守りたいと思います。
 

<参考情報> 当ブログで紹介した主な寿司店と寿司商品(注、大手回転寿司チェーン店を除く)

[温泉大好き、ドライブも!] (11件)

東伊豆・大室山の「つつじ亭」築地の「寿司一番」都内足立区保木間の「寿司割烹潮路」兵庫県城崎温泉の寿司店「をり鶴」、埼玉県戸田市の天然戸田温泉「彩香の湯」(食事処) 、岐阜県郡上八幡の人気そば店「平甚」都内港区乃木坂陸の「魚真 乃木坂店」長野県中野市の「郷土食堂」都内中央区築地喜代村の「すしざんまい奥の院」兵庫県西宮市の大起水産「兵庫川西店」名古屋市名古屋城の「名古屋城きしめん亭」
 

[旅行大好き、飛行機も!] (12件)

大阪市新梅田シティ・タワーイーストの「湖中」横浜市オービィ横浜の「まぐろ問屋めぐみ水産」ハワイ・オアフ島の「ショアバード」都内目黒区の「ツマミグイ中目黒店」京都市伏見稲荷の「日野家」福井県若狭町の「若狭食堂かみなか亭」(焼鯖寿司)愛知県刈谷市「刈谷ハイウェイオアシス」(セントラルプラザ)の「ザ・めしや」長野県飯山市戸狩温泉「アルペンプラザ」(「笹寿司)、埼玉県三好町にある三芳PA寿司店「大江戸」島根県浜田市浜田港の「レストラン蟹匠」横浜市たまプラーザの「金沢まいもん寿司」日本料理・木曽路の「蒸し寿司」

2019年10月15日 (火)

Jolly-Pasta(大阪府枚方市・枚方招提店)

おチビちゃんとコチビちゃん宅に寄宿して二人の中学校で開催された文化祭に参加した日、昼休みの食事場所として“Jolly-Pasta”(ジョリーパスタ)の枚方招提(ひらかたしょうだい)店を選びました。京阪電車の樟葉(くずは)駅と牧野駅のほぼ中間点(樟葉駅から府道18号で南下、あるいは牧野駅からは府道17号で東進した場所)にあり、道路の反対側にある関西記念病院が目印になります。
 
201910030096
 

全国に250店舗以上を展開する”Jolly-Pasta”は大手飲食チェーンの「ゼンショー」の子会社です。ちなみに、「ゼンショー」は他に、牛丼の「なか卯」と「すき屋」、レストランの "Coco's" と "Big Boy"、「華屋与兵衛」、回転寿司の「はま寿司」などを傘下に持っています。
 

子供たちのお母さん、同行者、私の三人で開店した午前11時丁度に入店しました。
 
201910030092
201910030093
 

「きのことポークパストラミのサラダ」(690+税)、「ピッツァ・ビスマルク」(890+税)、「かきぼなーら」(1090+税)(注釈:いずれもスープ付き)、「ドリンクバー」(180/人)を注文。ここで、サラダは女性たちの希望で、パスタとピザは私の選択です。店外に立てられた幟(のぼりにあった「かきぼなーら」に惹かれたことに加えて、それらを選んだ理由は、「牡蠣(かき)」は今が旬(Rが付く月)であり、ピッツアについてはマルゲリータが定番メニューすぎると考えたからです。
 

先ず「きのことポークパストラミのサラダ」が配膳されました。ちなみに、パストラミは塩漬け燻製製品のことです。
 
201910030081
 
こちらは私が小皿に取り分けた様子
 
201910030082
 

料理に付属するスープ(注釈:ドリンクバーでのセルフサービス)
 
201910030083
 

次いで配膳された「かきぼなーら」は大きめの牡蠣が何個か入った贅沢(ぜいたく)なものです。生クリームが多く使われて卵黄がトッピングされているため食べやすいのですが、カルボナーラ(チーズパスタ)が大好きな私にとっては本来の味とは異なる気が抜けたような料理でした。一応、粉チーズが振りかけてありますが・・・。ちなみに、カルボナーラはチーズ・黒こしょう・塩漬けした豚肉・卵黄を用いたパスタソースの名前です。
 
201910030085
201910030086
  

私の好きなカルボナーラについて当ブログでは、長野県飯山市斑尾(まだらお)高原の「ルドルフ」 、八景島シーパラダイスの”CLASSIC、横浜・原鉄道模型博物館の”PRONTO、ハワイ・ラナイ島のフォーシーズンズ・マネレ・ベイ内「カイラニ」、阿倍野ハルカスのSKY GARDEN 300、 湯島の「グラット・シエル」、渋谷の「カフェ ラ・ボエム渋谷」、ミャンマー・ヤンゴンの「ストランド・ホテル」の記事(計8件)で紹介しています。これらを振り返ってみると、日本におけるマイルドな味付けのカルボナーラと本場イタリアを踏襲する海外のカルボナーラの違いがよく分かります。

 
また、ピッツァ・ビスマルクは卵が蕩(とろ)けるピッツァで、その味はまずまずでした。ちなみに、名前の由来はドイツ帝国宰相で、鉄血宰相と呼ばれたオットー・フォン・ビスマルクが卵を好んだことから、半熟卵の載ったイタリア料理を「ビスマルク風」と呼んだことによるそうです
。その製法は、先ず広げた生地にトマトソース、ハム、卵などをのせ、仕上げにオリーブオイルをかけたものを、薪窯(まきがま)で数分間焼き上げるのが一般的のようです。蛇足ですが、「マルゲリータ」はイタリア王国の王妃の名前です。
 
201910030088 
201910030091
 

料理はいずれもまずまずであり、テーブルサービスも気持ちの良いものでした。昼食に満足した我々は午後のプログラムが間も無く始まる中学校へ戻ることに。
   

住所:大阪府枚方市招提北町1-2231-1

電話:072-857-0631  
 

<参考情報> 当ブログで紹介したパスタ(スパゲッティ/ペペロンチー二など、上記したカルボナーラを除く)
[温泉大好き、ドライブも!](8件)
都内江東区新木場駅ビルの”OSTERIA PICCHIO"都内渋谷区下北沢の「タパス&タパス」静岡県下田市の「ダイニング ログ 下田」横浜市金沢区八景島シーパラダイスの"CLASSIC"都内多摩市の「おふろの王様(多摩百草店)」京都府八幡市の"Luce Santlucia"(松井山手店)都内目黒区緑ヶ丘駅近くの"ZUPPA DI PESCE"横浜市西区原鉄道模型博物館の”PRONTO”
 
[旅行大好き、飛行機も!](9件)
長野県千曲市の「cafe自転車屋」中欧クロアチア・スプリットの"Trattoria Tinel"都内中央区京橋のクロアチア料理店"Dobro"(クリームペンネ)ハワイ・ラナイ島の「フォーシーズンズ・マネレ・ベイ」(トマトベースのスパゲッティ)都内文京区湯島の「グラット・シエル」都内千代田区丸の内の「ラ・カサリンガ」都内中央区日本橋の"ALLEGRO"都内渋谷区道玄坂の「エス グロッソ」神奈川県川崎市中原区小杉町の「カフェレストランピッコロ」

2019年10月10日 (木)

大阪府交野市 手打ちうどんの「楽々」

第二京浜国道を出て国道1号線(京阪国道)を大阪市方面へ走りました。枚方(ひらかた)市の出屋敷南交差点を左折して府道18号(東高野街道)に逸れ、村野浄水場を過ぎて交野(かたの)市に入ったところに「手作りうどん 楽々(らくらく)」の看板を見つけました。その手前にある無料駐車場(6台)は半分ほど埋まっていましたが、難なく駐車することができました。
 
201910030014
 
開店前から客の行列ができると聞いていましたから、心積もりしたように開店時間(午前11:00)の30分以上前に到着。店の前には既に人の姿がありました。数人くらいだろうと思いながら近づくと、何と10人以上の老若男女が入口付近に固まって各々の同行者と談笑しています。
 
201910030015
 
私と同行者の前後に並ぶ人達は皆関西アクセントで喋(しゃべ)っています。各地の方言に関心を持っている私にはまったく違和感はありませんが、言葉から見て近所(大阪府内または近畿地方)に住む人たちが多いように思われます。同行者はとみれば、季節外れ(9月下旬)の強い日差しを気にして日傘を車に取りに行こうとしましたが、大きな看板を取り付けた鉄柱の横にある傘立てに7-8本の雨傘を見つけて、早速その1本を日傘代りに拝借(はいしゃく)。また、その近くには水のサービスも準備してありました。列を作って並ぶ客がいつも多いことが窺(うかが)い知れました。
 
201910030016
 
ちなみに、この「うどん店」を知ったのは、最近放送されたテレビのあるグルメ番組でゲストの元アスリートが、『「食べログ」のうどん部門で1位になった事がある名店』 と紹介したことに依(よ)ります。しかし、「食べログ」の評価(星の数)については賛否両論がありますから、大阪を訪れる機会に「楽々」の饂飩(うどん)を自ら食べて確認したいと思ったのです。
 

「うどん」が好きな私は当ブログで下記の通り各地の「うどん店」を紹介しています。

[温泉大好き、ドライブも!](28件)

神奈川県南足柄市の「万葉うどん」埼玉県毛呂山町の「おたか本店」食べ物についての薀蓄群馬県渋川市伊香保温泉の「始祖清水屋」香川県東かがわ市の「権平うどん」同観音寺市の「柳川うどん店」富士山五合目の「富士急雲上閣」宮城県大崎市川渡温泉の「ドライブイン」京都市右京区の「神護寺」愛媛県・松山自動車道の「伊予灘SA」
 
和歌山県・阪和自動車道の「紀ノ川SA」大阪市天王寺区の「喜久三亭川福」神奈川県川崎市川崎大師の「はやま」千葉県木更津市の「海ほたる(木更津庵)」滋賀県高島市朽木温泉の「里山レストラン天空」
富士山五合目の「富士急雲上閣」都内・足立区西新井大師の「木曽路」神奈川県川崎市川崎大師の「はやま」横浜市南区弘明寺の「うどん伊之助」三重県亀山市の「保険福祉センター あいあい」
 
滋賀県草津市の「本家さぬきやセルフ草津店」
滋賀県・名神高速道路の「大津SA(叶匠寿庵)」神奈川県川崎市川崎大師の「はやま」東京都多摩市の「おふろの王様多摩百草店」大阪府寝屋川市の「畷の里温泉」大阪府箕面市の「手作りうどん味の民芸(箕面店)」 静岡県・新東名区側道路の「清水PA(宮武讃岐製麺所)」神奈川県南足柄市の「足柄古道 万葉うどん」
 

[旅行大好き、飛行機も!](11件)

香川県高松市の「うどん市場兵庫町店」同・「手打ちうどんさか枝&手打ち十段うどんバカ一代」大分県玖珠郡九重町九重大吊り橋の「山もみじ」神奈川県川崎市中原区の「なまるうどん(武蔵小杉グランツリー店)」神奈川県・東名高速道路の「海老名SA(箱根山の焼きそば)」三重県伊勢市の「ふくすけ」兵庫県朝来市の「竹田城址 山城の郷」群馬県前橋市の「登利平(とりへい)本店」神奈川県川崎市川崎大師の「はやま」同川崎大師の「はやま」大阪市枚方市「つけうどんとゆでうどんのゆでぞう」丸亀製麺
 
待つこと35分間、午前11時丁度に開店すると、最初の20余名が店内へ案内されました。その内の最後の4名ほどが店内の待合席に座り、入店できなかったその他の人達は日差しの強い外でさらに待つことに・・。ちなみに、店内には4名用の椅子席が1卓、小上がりには4名用と6名用のテーブル席があります。
 
201910030020
201910030021
 
2名連れの我々は厨房(ちゅうぼう)が見えるカウンター席(全8席)に案内されました。
 
201910030022
 
卓上のメニューには、鴨居にある大きなメニュー看板と同じ内容で、「各種のうどん」と「サービス定食類」が表裏に表示されています。
 
201910030019
201910030018 
201910030017
 
行者は私の勧めにしたがって「和牛肉ぶっかけ(冷)」(1180円)を、私は敢(あ)えて「温かいうどんのメニュー」から黒毛和牛肉と玉子とじの言葉に惹(ひ)かれて「黒毛和牛肉とじ」(1180円)注文しました。ちなみに、「黒毛和牛わか」は玉子とじの代わりに「ワカメ」が入っているようです。
 
厨房(ちゅうごう)では注文の入り具合を確認しながら「うどん」が必要な量だけ十分に湯がいたあと、タイマーでコントロールされた圧力鍋で茹(ゆ)でられます。圧力釜を使うことが「うどん」に腰を出させる秘訣であることを同行者が会計時にスタッフ(女将さん?)に確認しました。なお、茹でたあとには冷水で1分間(ディジタルタイマーを使用)冷やすプロセスがありました。
 
201910030024 
201910030023
  
厨房からは時として注文を確認する掛け声が上がりますが、無言の4-5名(男性1名)のスタッフによる流れ作業で様々な「うどん」料理が仕上がり、次々と客席へ運ばれて行きました。なお、写真に写る大きな寸胴鍋にはスープが入っており、スタッフが柄杓(ひしゃく、大きめのお玉杓子)で掬(すく)って、「うどん」とトッピングが入った丼(どんぶり)へと運ばれます。ちなみに、肉などのトッピング類は、一人前ずつを量って、事前に椀に小分けされています。効率を考えてのことでしょう。
 
入店して30分後に配膳された「黒毛和牛肉とじ」は大きな丼に入った「うどん」の上に十分な量のフワトロ玉子で綴(と)じた薄切りされた上質の牛肉がトッピングされていますから、その下にあるはずのく「うどん」をまったく見ることはできません。私は先ずフワトロの玉子とスープを味わいました。出汁で味付けされていると思われる玉子はメレンゲのように口の中で解(ほど)け、スープはほど良い濃さであり、両者が一体となって口から食道、さらには胃へと流れて行きました。そして、やっと顔をのぞかせた「うどん」を口に入れて軽くかむと強い腰が感じられました。私は腰のあるうどん・柔らかい牛肉・メレンゲのような玉子・濃くのあるスープをそれぞれじっくり味わいながら、時間を掛けて楽しく完食しました。
 
201910030030
  
一方、「和牛肉ぶっかけ」は残暑に相応(ふさま)しいもので、出汁は意外にも見たほどには濃くはなく、刻(きざ)みネギと玉子の黄身などがトッピングされていて、見た目も美味しそうです。味見をさせてもらうと、「牛肉とじ」とはテイストが異なる「うどん」でした。店内で注文する客が多いことから見て、夏場には一番人気のメニューと思われます。楽屋話です。私からは『昼食は有名なうどん屋で!』 と伝えてありましたが、この店へ唐突に連れてこられた感のある同行者は入店まで戸惑っていましたが、「楽々」のうどんを食べて大いに満足してくれたようです。今回のグルメ体験も大成功でした。
 
201910030027
 
店内にちょうど1時間滞在した正午に店を出ると、平日にも関わらず、開店前とほぼ同数の20数名が炎天下に並んで待っていました。噂に違わぬ人気店です。交通の便に少し難がありますが、評判通りの美味いうどん店であり、「うどん」好きの方には自信を持ってお勧めできる「うどん店」です。
 
尚、営業時間は午前11時から午後3時までですが、材料がなくなり次第閉店することがあるそうです。また、定休日は月曜日(土日営業)とのこと。
 

住所: 大阪府交野市幾野6-6-1

電話: 072-891-8833
URL
: https://tabelog.com/osaka/A2707/A270704/27011240/

2019年10月 3日 (木)

半年ぶりの大阪行き

9月下旬から10月にかけては運動会を始めとする様々な行事が学校や幼稚園で行われます。そんな折、大阪に住むオチビちゃんとコチビちゃん、そしてその妹から招待状が舞い込みました。退院してまだ1か月しか経っていませんから、新幹線での移動も考えましたが、やはりドライブの魅力には勝てません。体調も良くなり、大阪まで車を運転する自信が回復していることで、これまでと同様、車で出掛けることにしました。半年前の4月以来の長距離ドライブです。
 

高速道路が混雑しない時間帯を考えて、深夜の午前3時半過ぎに自宅を出発。駿河湾沼津SAを過ぎた午前5時10分ころには空が白み始めて、右手に富士山が見えました。ほぼ快晴の空を背景に富士山の輪郭がくっきりと浮かび上がっています。
 
201910030001
  
午前5時30分過ぎ、静岡IC付近で最高時速120km/hの試行区間に入りました。
 
201910030003
201910030004
201910030005
 

午前5時40分ころ、藤枝岡部・焼津出口(藤枝岡部IC)を通過
   
201910030006
 
そして、午前6時過ぎには浜松SA付近を通過
 
201910030007
201910030008
 
午前6時40分ころ、岡崎SAに到着しました。立ち寄った理由は、休憩を兼ねて、気になっていたあるものを食べるためです。
 
201910030009
  
それは「五平パン」。三河と東濃など中部地方の山間部の名物である「五平餅」の餅(うるち米製)をパン(小麦粉製)にした変わり種です。「パンのトラ(NEOPASA岡崎店)」には『岡崎店限定』のポップがありました。
 
201910030010
 
写真入りのパネルには 『南山大学経営学部石垣ゼミの学生がパンのトラNEOPASA岡崎店の商品やお客様の動向について分析を行い、NEOPASA岡崎の位置する三河地方の郷土色あふれる新商品の開発を目指してスタートしました。幾度となくアイディア出し・試作を繰り返した結果、サービスエリア・パーキングエリアの人気テイクアウトフードであり、三河地方の名物である「五平餅」を食べやすくアレンジした、五平餅にそっくりなパンが誕生しました。』 と説明されています。注釈;南山大学は名古屋にあるカトリック系の私立大学(上智大学の姉妹校)
 

車に戻ってさっそく五平餅(230円)を包装から取り出しました。見た目は正に「五平餅」そのものです。
 
201910030012
 
一口頬張ると五平餅と同じ甘辛い味噌の味が口の中に広がりました。そして、食べ進むと、何かが物足りないのです。それは食感(歯ごたえ)が物足りないことがその理由でした。味噌とパサパサ感のあるパンの組み合わせが合ってないように感じられました。同行者にお裾分けして感想を求めると、私とほぼ同意見でした。そして、『群馬で食べた「焼きまんじゅう」みたいで・・』 と付け加えました。2年前に上信越をドライブ旅した時に立ち寄った前橋市の「原嶋屋総本店」で食べた「焼きまんじゅう」のこと思い出したようです。
 

豊田JCTで入った伊勢湾岸道路から、いつも渋滞が発生する東名阪自動車道を経由しないで、新名神高速道路新規開通区間と在来区間を走行し、さらには名神高速道路・京滋バイパス・第二京阪道路を経て目的地へ向かいました。□

2019年8月21日 (水)

北欧4か国を駆け巡る旅(最終回) コペンハーゲン空港から成田空港へ(後編)

[機内映画](続き)
The House Where the Mermaid Sleeps(邦題:人魚の眠る家、原作:東野圭吾氏の同名小説) 日本映画
 

プールでの事故で重体(脳死状態)に陥った幼い娘をもつ離婚寸前の裕福な両親の話である。医師から臓器提供の可否を問われて戸惑う。父親は脳に接続できる装置を開発する会社の社長である。両親は悩んだ末に臓器提供に一旦は同意するが、娘の死を受け入れることができない。そして娘実際はその心臓)を生き長らえさせることを決意する。それから母親の必死な介護とそれに必要な勉強が始まった。家族と祖母もそれに参加する。父親は会社の技術を娘に活かすことを思いつく。そして、その装置の刺激により娘の身体は反応を示すロボットのように行動する)ことができるようになり、両親は娘を自宅で療養させることにした。
 
しかし、その協力にのめり込んだ開発技術者も婚約者との関係が次第にギクシャクしたものになり、社長である父親に対しも社内から公私混同との疑問が呈せられるようになった。娘に対する母親の愛と、開発技術者の情熱がエスカレートし始める。そんな折り、父親は心臓移植が必要な友人と偶然にも再会し、億円を寄付する。そしてその心の奥に・・。年下の兄弟たちも姉が死んでいることを理解し始める。さらに祖母も。しかし、夫婦の間にはさらに大きな溝ができてしまう。心臓移植を必要とする少女の死亡が父親に知らされる。(中略) そして奇跡の結末が待っていた。篠原涼子さんの熱演が印象に残る作品です。
 
 
ボヘミアン・ラプソディ(再視聴、134分、日本語)  往路の記事を参照
 
 
SK983便はシベリアの上空を飛行中です。
   
201906011586
201906011587
201906011588
 
午前5時10分(日本時間)ころ、雲海から朝日が昇り始めました。
 
201906011591
 
ロシアのウラジオストック付近を飛行中です。
 
201906011593
201906011594
201906011595
 
午前8時(日本時間)を少し過ぎたころ、朝食として軽食が提供されました。
 
201906011596
 
機体のカメラが新潟東港を捉えています。
 
201906011597
 
福島県、群馬県、新潟県にまたがる山地はまだ冠雪していました。
 
201906011598
201906011600
  

九十九里浜が見えてきました。
 
201906011607
201906011608
 
千葉県の丘陵地帯
 
201906011610
 
成田空港の敷地に入り、
 
201906011613
 
タッチダウンします。
 
201906011616
 
ターミナルビルへ向かってタクシーイング(走行)中

201906011619
 
エプロン内をターミナルビルに接近(アプローチ)中
 
201906011622
 
定刻より25分早い午前9時10分に成田空港着しました。
 
201906011626
 
到着した旅客が急ぎ足で向かった入国審査ゲートではセルフで(自分自身が)行うパスポート・スキャンおよび係官による再確認と確認スタンプの押印へと仕組みが変わっていました。
 
201906011627
 
QLライナーのカウンターに立ち寄って、スーツケースの宅急便サービスを依頼すると、明日(5月31日)の午前中に配達さしてくれることになりました。そして、身軽になった我々は午前10時04分発の京成スカイアクセス特急に乗車して、一路自宅へと向かいました。
 
結言です。今年に入って体調が必ずしも万全ではなかったため、ヨーロッパまでの11時間前後の長時間フライトの絵強が懸念されましたが、何事もなく帰国することができたことと楽しい思い出がまた一つ増えたことに感謝しています。3か月前から飲酒とウオーキングなどの生活習慣を改善したことが良かったのかもしれません。
 
<同行者のコメント> 今回も弾丸旅行で毎日ホテルを移動したため、連日の荷造りが大変でした。それでも列車の旅と客船クルーズは楽しかったです。そして、北欧の国々の美しさにも大満足しました。□

2019年8月20日 (火)

北欧4か国を駆け巡る旅(その62) コペンハーゲン空港から成田空港へ(前編)

午後1時20分(デンマーク時間)にコペンハーゲン空港へ到着した後、私は2時間余りの乗り継ぎ時間を利用して旅行メモの整理を続けました。同行者はヘルシンキの空港で見つけられなかったTシャツをショップを探し回って何とか買うことができたようです。
 

そこで、同行者とともに搭乗ゲートC28へ向かいました。搭乗が始まるまでの時間をゲート近くの待合所でのんびり過ごしていると、近くの席にいた同年代のご夫婦が話しかけてくださいました。2組とも欧州旅行を終えて、SASのSK983便で日本(成田空港)へ戻るところであることが分かりました。私たちからは北欧旅行の話を、そのご夫婦からはポルトガルで巡礼をした話題をそれぞれ披露するうちに、瞬く間に時間が過ぎて行きました。
 
そして、定刻の午後3時25分にゲートC28から搭乗しました。座席は54A&54Bと今回の利用したフライトで初めて窓側の席になりましたので、SK983便の窓から見える景色を少し紹介します。
 
午後3時45分発のSK983便(往きと同じA340-300機)はコペンハーゲン空港から成田空港へ定刻で出発しました。ちなみに、飛行時間は約10時間50分の予定です。
 
201906011549
201906011550
 
SK983便は定刻にターミナルを離れて主滑走路からスムーズに離陸し、空港沖の海上へ出ました。
 
201906011551
201906011552
201906011554
 
眼下にオーレンス・リンクの海上橋と海底トンネルへの入口が見えてきました。デンマークに到着した初日の記事で触れましたが、デンマークとスウェーデンのとの間にあるエーレンス海峡を結ぶ鉄道道路併用橋および併用海底トンネルです。
 
201906011557
201906011559
201906011560
 
スウェーデンの上空に入りました。
 
201906011562
201906011563
201906011565
 
SK983便が高度を上げて巡航モードに入ると、ドリンク・サービスが始まりました。私は赤ワイン(イタリア原産でカリフォルニア産)のZINFANDELと白ワイン(南アフリカ産のSTELLENHEK)を注文すると、客室乗務員が「他には?」と訊(き)いてくれましたので、お言葉に甘えて白ワインをもう一瓶もらいました。さて、欲張って注文した理由ですが、最初のタイミングを逃すと以降のサービスでは有料となるからなのです。さらに、同行者が白ワインを一瓶譲ってくれましたので、私のテーブルは期せずしてワインの小瓶で溢れてしまいました。
 
201906011566
 
その1時間後には眼下に雲海が広がりました。
 
201906011567
 
さらに30分後(離陸2時間後)、食事が配膳されました。チキンとマッシュポテトに野菜サラダが付いていました。
 
201906011571
201906011572
 
 
[機内映画]
Mary Poppins Returns(日本語吹き替え版、130分)
 
201906011574
201906011578
201906011579
 
メリー・ポピンズが再び訪れてバンク家の次世代家族を手助けする話です。バンク家の子供たちによるドタバタシーンから始まりました。そこへ訪れた二人の紳士が銀行の弁護士と名乗り、返済が滞っている借金のカタに家を5日後に差押えると告げる。銀行の株券を持っているはずという子供たちの父親は屋根裏部屋を探すが、株券はおろか目ぼしいものは見つからない。その時、急に強風が吹き始め、凧揚げをしていた子供か飛ばされそうになる。そこへ現れたのがメリー・ポピンズで、バンク家を訪れる。父親が子供のころにメリー・ポピンズが家庭教師を務めたことがあり、再び子供たちの教育係をすると一方的に告げる。
 
早速、お風呂に入る子供たちと共に泡立ったバスタブに飛び込むと、何とそこは海の中、冒険の世界だ。気がつけば子供たちの入浴は楽しいものとなる。次いで子供部屋の片づけ作業。父親は銀行の貸金庫も調べるが株券は見つからず、株主台帳にも記録が残っていない。子供たちは壊した高価な器を修理するためメリー・ポピンズに先導されて器の中にある世界などを次々と冒険する。が、それらのすべては3人が同時に見た夢だったことを知る。しかし、壊したはずの器は綺麗に直っていた。(中略) もちろん、ハッピー・エンドが来て、メリー・ポピンズは帰っ行きましたとさ!
 
私には学生時代に見たジュリー・アンドリュースが主演した「メリー・ポピンズ」(1964年公開)の記憶が未だ鮮明に残っているため、二番煎(せん)じの感がありました。
 
 
午後7時30分(日本時間の午前2時30分)ころ、日が雲海に沈みました。
 
201906011580
 
その1時間後、キャビン(機内)の照明が落とされました。
 
201906011584
 
(続く)

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ