趣味

2017年4月27日 (木)

40年ぶりのミャンマー訪問(その24) マンダレー観光④ 旧王宮(前編)

予定よりすこし早い午後3時20分ころ、マンダレー市内観光に出発しました。写真は本館の前方(両側)に並ぶバンガロースタイルのスイート(左側)です。ちなみに、車は右側通行のため、一方通行のアクセス路は反時計廻り。
 
2017_03160577 
2017_03160576
 
 

正門付近から見た本館
 
2017_03160579
 
まだ路肩の整備が行われていない高速3号線から市街地に入ると、バイクの通行が目立ちました。インド製と中国製が多いようです。ガイドさんによると、マンダレーの市街地ではバスやタクシーがほとんどないとのこと。
 

26番通りで見かけた苦行のため痩せた釈迦の像
 
2017_03160580

 
関連すると思われる話を紹介します。『出家した釈迦は、ヒンドゥー教の師に付いて
冥想(めいそう)を修行し、心を内側につなぎとめる訓練(ヨーガ)に習熟して、瞑想(めいそう)中は絶対的な自由を得ることができました。しかし、冥想から醒(さ)めるとそれが失われるため、釈迦は何かが違うと考えます。そんな折、村娘のスジャータの差し出す乳粥を受け取って断食を中断します。そして、体力を取り戻した釈迦は、ブッダガヤの菩提樹の下に座り、「十二縁起」の深い思考冥想を繰り返し、覚りを得ることになります』

 

旧王宮の南東角を右折して、幅の広い掘りに沿って66番通りを北上すると、旧王宮の入口(東の橋)がありました。
 
2017_03160581 
2017_03160582

 
ミャンマー最後の王朝となったビルマ族のコンバウン朝(注、1755年にビルマ族のアラウンパヤーが興した王朝)は1757年にモン族の都バゴーを占領して全土を統一。1767年にはアユタヤを陥(おとしい)れ、1785年にはアラカン王国を征服するなど領土拡張を続けたことが、英領インドとの緊張を生みました。1824年の第一次英緬戦争、1852年の第二次英緬戦争に敗れ、ビルマ王国(コンパウン朝)はベンガル湾に面した領土を失い、内陸部に閉じこめられることになりました。
 

窮地(きゅうち)に立たされたコンバウン朝の王となったミンドン王が、アマラプラから釈迦が仏教の都が現れるであろうと予言したというマンダレーへの遷都を決定し、1857年から建設を開始し4年がかりで完成したこの王宮は一辺が約3kmの正方形をした敷地が高さ8mの城壁と幅約70mの堀に囲まれています。要所に物見の塔が建てられており、東西南北計4本の橋で市街と結ばれているそうです。そして、3度にわたるコンバウン朝との戦争に勝利したイギリスが、24年後の1885年にティーボー王をインドへ追放するとともに、王宮を軍の施設としました。

 

一直線の道を1km近く走ると王宮の中心部に到着。車を降りて右手を見ると、七重の塔が要所に設置された城壁の先にマンダレーヒルがありました。
 
2017_03160585

 
正門へ向かう途中、城壁の脇で写真撮影が行われていることに気づきました。レフ板(リフレクター)を持つ男性がいて、被写体の女性たちもきれいな衣裳を身に着けていますから、プロカメラマンが撮影しているようです。女性たち、はいずれもミャンマーらしく、黒髪美人でした。
 
2017_03160583
 
 

正門越しに観光客が向かう玄関と思われる建物と階段が見えます。
 
2017_03160586
 
 

観光客は窓口がある右手の通用口(東入口)を利用します。注、外国人に開放されているのは東入口のみ
 

2017_03160588

 
階段を上がったところで振り返って見た正門
 
2017_03160590
 
建物中に入ります。ここでは履物を脱ぐ必要はありません。
 

2017_03160591

 
書院風の建物を描いた絵が壁面に飾られています。一際目を惹(ひ)くのは七重の塔。
 
2017_03160592
 
 

第二次世界大戦中の1942年には日本軍が占領し、1945年3月劣勢の日本軍と反攻に転じた英印連合軍との戦闘によって、王宮は消失して、城壁だけが残ったそうです。戦後はミャンマー国軍の施設として利用され、現在も軍の施設や軍人の住宅があるようです。ちなみに、現在の建物群は1990年代末に復元して建てられた新しいものです。

 

王宮の歴史的写真が展示されていました。まず、二代目にして最期の王となったティーボー王とその王妃スパラヤッ。
 
2017_03160593
 
 

ミンドン王とその王妃たち、そして皇子・宰相
 
2017_03160594
 

(続く)

2017年4月26日 (水)

40年ぶりのミャンマー訪問(その23) マンダレー観光③ エーヤワディー川沿いのミャ・ナンダール・レストラン

サガイン・マンダレー道路を北上し、35番通りへと左折してエーヤワディー川方面へ向かいました。もし、この交差点を直進するとマンダレー駅とマーケットなどがあるマンダレーの中心部。昼食会場はエーヤワディー川に行き当って少し北上した(シティパークに近い)場所にあるミャンマー料理とアジア料理の「ミャ・ナンダール・レストラン」(Mya Nandar Restaurant)です。
 
2017_03160554
 
 

ガイドさんにしたがって敷地の奥へ向かいました。
 
2017_03160555 
2017_03160556
 
 

店のスタッフに案内されたのはバガンでのランチと同様、エーヤワディー川に面したオープンテラスです。その中央にいる別のスタッフたちがシルエット(影絵)になり、あちこちに操り人形が飾ってあるようです。手前には小さな木造船もオブジェとして置かれています。
 
2017_03160557
 
 

最前列の席が予約されていました。中洲に貨物船や小型客船が停泊しています。
 
2017_03160558
 
 

マヤンチャン埠頭(ふとう)からは10kmほど遡(さかのぼ)った対岸にあるミングオンへ行く小型客船が出ているそうです。ミングオンにはコンバウン朝のボードーパヤー王が18世紀末に建設しようとして未完成のままとなったミングォン・パヤーの巨大な台座(一辺140mの正方形、計画された仏塔の高さは150m)と世界最大といわれるミングオンの鐘(外径約5m、重量90トン)、およびバーヂードー王が皇子時代の1816年に他界した妻を偲んでスメルー山(注、古代インドの世界観の中で中心にそびえる聖なる山)の頂上に建つといわれるスラマーニ・パヤーを模して建てたシンピューメェ(白亜の仏塔)があるそうです。
 
2017_03160559
 
 

雨に見舞われた前日のバガンとは異なり、こん日のマンダレーは天気が回復したため、エーヤワディー川西岸の山並みが良く見えます。その先は無数の仏塔が立ち並ぶサガインヒルがあると思われます。バガン王朝の滅亡した混乱に乗じてシャン族の王が1322年に都を置きましたが、1364年にはインワに遷都されたため、その後は遺跡・僧院・仏塔の町となったそうです。
 
2017_03160560
 
 

視力が良い同行者は下流に3連のアーチ橋があることを見つけました。地図を見ながらガイドさんに確認するとインワ(旧アヴァ)のエーヤワディー川に架けられた新旧2つの橋です。帰国後に確認すると、下流側にあるカンチレバー式トラスト構造で鉄道・道路併用のインワ橋(長さ約1200m、別名:アヴァ橋)と2015年に上流側に架けられた道路橋のエーヤワディ橋(長さ約2350m、別名:新アヴァ橋)です。ちなみに、前者はイギリスによってエーヤワディ川に初めて架けられた古い橋(1934年完成)です。注、トラストとは部材を三角形に繋(つな)いだ構造であり、カンチレバーとは片側の梁(はり)だけが固定され、他端は動くことができる構造体

 

上流方向にもエーヤワディー川西岸の山並みが続いていますが、ミングオンは小高くなった辺りだと思われます。
 
2017_03160561
 
 

この日の昼食はミャンマー料理です。このレストランもマンダレー・ビールを置いていないため、赤ワインを注文。突き出し(通し物)として瓢箪(ひょうたん)の天ぷらがミャンマー風ダレとともに配膳されました。
 
2017_03160563
 
 

次いで、バガンの漆器店で購入した土産物に似たミャンマーの弁当容器と玉子スープが
 
2017_03160567 
2017_03160565
 
 

大きな蓋(ふた)を取るとさまざまなメニューとご飯が小分けされたプレートが現れました。オカズの量はランチとしてほどよいのですが、私にはご飯の量が多すぎました。
 
2017_03160568
 
 

ミングオンへ行く小型客船でしょうか。
 
2017_03160566
 
 

デザートのフルーツも同じ形の容器に盛られています。
 
2017_03160569
 
 

この日に宿泊するホテルは2012年にオープンしたホテル・シュエ・ピー・ダー。マンダレー郊外(旧王宮の南東角から26番通り/高速3号線で約3km)にある4つ星の高級リゾートで、本館とは別になったバンガロースタイルのスイートがあるそうです。休憩するため、バガンと同様、午後2時と早めのチェックインです。玄関脇に巨大な象の置物があり、
 
2017_03160570
 
 

入口脇で民族衣裳を着た女性像が出迎えてくれました。
 
2017_03160571
 
 

ガイドさんがチェックインを代行してくれている間、エントランスホールの奥に一際目立つものを見つけました。ホテルとその周辺を描いた大きな絵と木工彫刻がすばらしい椅子です。その絵に描かれたホテルは田園地帯と市街地の境界付近に立地していることが分かります。注、航空写真はこちら
 
2017_03160572
 
 

そして、医師の前にあるテーブルには見事な浮彫細工(レリーフ)の装飾が
 
2017_03160573
 
 

スタッフに案内された部屋はそれほど広くはありませんが、落ち着いた雰囲気があります。
 
2017_03160574 
2017_03160575
 
 

午後の観光に出かけるまでの1時間ほどを自室で寛(くつろ)いで過ごしました。宿泊者はWiFiが無料で利用できます。(続く)

2017年4月24日 (月)

再開発で誕生したギンザシックス(後編)

同行者が一番盛り上がったのは”YAYOI KUSAMA POP UP STORE”でした。赤い水玉のデザインが高く評価された国際的なデザイナー、草間彌生(やよい)さんの店です。「わが永遠の魂」は彼女の作品のタイトルであるとともに彼女の哲学なのでしょう。入館してすぐ見た吹き抜けの天井から吊り下げられたカボチャをモチーフとした風船群ももちろんも草間彌生さんによるインスタレーション(注、場所・空間を演出する作品)です。
 
2017_0420gsix0080
 
 

この絵画も絵画作品群「わが永遠の魂」のひとつのようです。1983年の「かぼちゃの神様」(写真左)と「かぼちゃ(赤)」(写真右)の値札を見てびっくり。高級外車並!
 
2017_0420gsix0082
 
 

ティーカップセット
 
2017_0420gsix0083
 
 

同行者は、この店の商品なら手が届くと、あれこれ探し始めました。手に取っているのは「わが永遠の魂」のデザインが描かれたカラフルな外装の箱に入ったクッキー。
 
2017_0420gsix0081
 
 

同行者はポチ袋(祝儀袋)も買い求めました。来年の正月にオチビちゃんたちへ渡すのだとうれしそう。
 
2017_0420gsix0085
 
 

その先にあるのは創業が安政元年(1854年)の京都宇治・中村藤𠮷(とうきち)本店のカフェ。開店祝いの花には有名な女性歌手たちの名がありました。
 
2017_0420gsix0087
 
 

KENZO”(ケンゾー)、”Maison Margiela”(メゾン マルジェラ)、”MARUNI”(マル二)などが入店する3階のファッションフロアを通過して、同じくファッションの店舗が並ぶ2階に下りました。吹き抜けの真下にある開放的な店舗には奇妙なオブジェと帽子・サンダルが展示されています。商品の説明はありませんから、店内装飾品でしょうか。
 
2017_0420gsix0088
 
 

見上げた吹上天井のインスタレーション(注、空間を演出する作品)
 
2017_0420gsix0089
 
 

テレビ番組のロケーションのようです。マイクには”Zip”と表示されていますから、日本テレビのクルーです。
 
2017_0420gsix0092
 
 

MANOLO BLAHNIK”(マノロ ブラニク)はレディース靴(くつ)の専門店のようです。知識を持ち合わせない私が同行者に尋ねると、有名な靴ブランドであると教えてくれたあと、『ピンヒール(注、踵がかなり細いハイヒール)が履(は)けたら素敵だけど・・・』 と恨(うら)めしそうな言葉が続きました。帰宅後に調べると、スペインのカナリア諸島(ラ・パルマ島)出身のデザイナーが1972年にイギリスで立ち上げた、靴の王様との呼び名を持つ、高価格帯の靴ブランドでした。ダイアナ妃やマドンナなどが履(は)いたことで有名になったとのこと。
 
2017_0420gsix0093
 
 

エスカレーターと各フロアを見上げました。右下(先ほどの場所)で日本テレビのクルーによる撮影が行われています。
 
2017_0420gsix0094
 
 

2階の通路をほぼ一周したところで、中央に位置する大きな店舗が”SIXIÈME GINZA”(シジェーム ギンザ)であることを知りました。国内外からセレクトした雑貨を扱う店です。
 
2017_0420gsix0096 
2017_0420gsix0098
 
 

同行者はこのバッグも気に入ったとのこと。
 
2017_0420gsix0097
 
 

同行者がシジェームで商品を見ている間、近くの店舗を見て歩きました。まず、イタリアのGIANNI VERSACE(ジャンニ・ヴェルサーチ)が1978年にブランド化したアパレルと雑貨の店“VERSACE GINZA SIX“(ヴェルサーチ ギンザ シックス)。
 
2017_0420gsix0099
 
 

中央通りに面した地下1階・1階・2階(3フロア)を使用する多層階の旗艦店は”Yves Saint-Laurent"(イヴ・サン ローラン)です。フランスを代表するファッションデザイナー、イヴ・サン ローランは、フランス領アルジェリアで生まれたフランス人。後にパリに移住。21歳の若さで「ディオール」の主任デザイナーになり活躍しましたが、徴兵されてフランス軍兵士として参加したアルジェリア独立戦争(1954-1962年)で精神を病み、快復した1962年に独立。私が大好きな女優カトリーヌ・ドヌーブが主演したミュージカル映画「シェルブールの雨傘」(1964年公開)の時代背景と重なります。また、1967年に公開された同じく主演映画「昼顔」の衣裳をデサインしたのは彼なのです。
 
2017_0420gsix0100
 
 

同じく地下1階から4階まで5フロアにまたがる多層階の旗艦店“VALENTINO”(ヴァレンティノ)を出店したのは1960年にマリオ・ヴァレンティノがイタリア・ミラノで創業したファッションブランドで、オートクチュール(高級注文服)からプレタポルをテ(高品質の既製服)まで広く手掛けているそうです。
 
2017_0420gsix0101

 
ちなみに、多層旗艦店はこれら2店舗の他に、”House of Dior"(ハウス オブ ディオール/5フロア)、”CELINE”(セリーヌ/2フロア)、”Van Cleef & Arpel"(ヴァン クリーフ アンド アーベル/3フロア)、”FENDI”(フェンディ/4フロア)があります。
 

入館した時と同じ場所にあるエスカレーター1階へ下ります。館内のエスカレーターはすべて最新型のようで、両サイドに巻き込み防止用ブラシが付いています。
 
2017_0420gsix0095
 
 

1849年創業でパリ最古のトランクメゾン(バッグ店)“MOYNAT”(モアナ)および1846年にスペイン・マドリードで創業した革製品の”LOEWE”(ロエベ)
 
2017_0420gsix0102
 
 

エスカレーター脇にあるROLEX BOUTIQUE LEXIA(ロレックス ブティック レキシア)は有名な高級腕時計「ロレックス」の正規品販売店で、オーバーホールなどのアフターサービスも提供しているようです。入口付近に屈強なスタッフが数名控えていますから、近寄ることは遠慮しました。

 

地下1階はビューティフロア、地下2階はフーズフロア、そして地下3階には観世能楽堂がありますが、今回はスルーすることにしました。また、6階には高級なレストラン以外にも日本食・洋食・中華料理が味わえるフードホール「銀座大食堂」が、そして地下2階にはイートインのあるスイーツ店街の「デパ地下」など銀座でも気軽にランチを食べる場所もあるのですが、次の予定があるため立ち寄らないことにしました。

 

今回も、いつものように最上階から下の階へ下りながら、約1時間15分で目を惹(ひ)かれた約1割の店舗をざっと見て回りました。吹き抜け構造の建物に多くの店舗が入る形態はアメリカでは半世紀以上前からある大型ショッピングモール(注、遊歩道や広場などのある大規模な屋内商店街)そのものです。ただし、キーテナントとして百貨店がないことと、駐車場が限られる都心の一等地に立地することは、新しいチャレンジといえます。

 

GSIXに入店するのはいずれも高級な商品やサービスを提供する店ばかりで、普段であれば足を踏み入れることが躊躇(ためら)われる雰囲気がありました。しかし、グランドオープンした日の午前中は各店舗に選(え)り抜きの店員たちが配置されていることもあり、楽しみながら目の保養をすることができました。初日に足を運んだのは良い選択だったようです。
 
 

入館した時と同じ出入口から中央通りに出ました。すぐ脇にある”SAINT LAURENT GINZA”(サンローラン ギンザ)などの路面店を外から撮影することは遠慮しました。
 
2017_0420gsix0103
 
 

銀座五丁目交差点の角には相変わらず最後尾の看板を持つ人たちが来館者を時計回りに誘導しています。その後方に見えるのは”FENDI”(フェンディ)の店舗です。
 
2017_0420gsix0109
 
 

三愛ビル(写真左端)と和光ビルがある銀座四丁目交差点まで戻り、東京メトロ銀座線に乗って次の目的地へ向かいました。
 
2017_0420gsix0110
   
 

(終)

2017年4月23日 (日)

再開発で誕生したギンザシックス(中編)

南端に東京タワーが良く見えるポイントがありました。
 
2017_0420gsix0041
 
三原通りに面した長い回廊の中ほどではソーラーパネルが壁面に設置されていました。
 
2017_0420gsix0040
 
 

庭園エリアへの通り抜け
 
2017_0420gsix0043
 
 

東端角にある靍護(かくご)稲荷大明神は文化12年(1815年)に根岸で奉安され、昭和4年に神霊を分霊して松坂屋銀座店(大正13年/1924年開業、地上8階)の屋上に遷座されたことがパネルに説明されています。
 
2017_0420gsix0047
 
 

回廊の北東部
 
2017_0420gsix0052
 
 

東京スカイツリーがビルの間から見えるスポット
 
2017_0420gsix0055
 
 

北端まで進むと、銀座四丁目交差点の角にある和光ビル、その後方には東京駅周辺の高層ビル群
 
2017_0420gsix0057
 
 

先ほど反対側から見た通り抜けと壁面緑化の設備
 
2017_0420gsix0063 
2017_0420gsix0061
 
 

13階へ下りる階段
 
2017_0420gsix0065
 
 

13階のレストラン街には、写真撮影したラウンジ・レストラン・バー・バンケットの”THE GRAND GINZA” と天ぷらの「山の上」のほか、カフェバーの”Grand Cru Café Ginza”(グラン クリュ カフェ ギンザ)、フレンチの”L’homme du Temps signe a nu”(ロムデュタン シニエ ア・ニュ)、創作肉料理の「旬熟成(しゅんじゅくせい)GINZA GRILL」、寿司の「つきじ鈴富」、カフェバーの「ミクソロジー サロン」がありました。
 
2017_0420gsix0066 
2017_0420gsix0067
 
 

エレベーターで6階まで下りました。アート・ブック&カフェ・レストランのフロアですが、「蔦屋(つたや)書店」はひときわ目立つ広さ(フロアの約1/3を占める)があります。屋上へ上がる時にも説明したように、7階から12階はオフィスになっているため立ち入ることはできません。
 
2017_0420gsix0068
 
 

インド料理専門店の“Tamarind”(タマリンド)
 
2017_0420gsix0070
 
 

フランスの伝統的・庶民的な料理を提供する“Bistro AUXAMIS”(ビストロ オザミ)
 
2017_0420gsix0071
 
 

肉料理・ビールがうまいというGrill&PUBの“The NICK STOCK”(ザ・ニックストック)
   
2017_0420gsix0072
 
 

5階はファッション&ライフスタイルのフロアで、文具やライフスタイル雑貨の“MARK’STYLE TOKYO”(マークスタイル トーキョー)、隣はアイウエア(ファッション眼鏡)のセレクトショップ”EYESTYLE”(アイスタイル)
 
2017_0420gsix0069
 
 

吹き抜けの反対側にあるパーカーの専門店“Dartin Bonaparto”(ダルタン ボナパルト)、その奥にある日本のデニムブランド”KURO”(クロ)と1908年創業のフランスの靴メーカー「パラブーツ 銀座店」です。さらに先にはライカ銀座店(世界初の直営店)もあるようです。
 
2017_0420gsix0073
 
 

4階にあるレディース服の専門店“ADORE”(アドーア)には女優さんたちから贈られた開店祝いの白いバラが飾られています。他の店では定番の胡蝶蘭(こちょうらん)が置かれていますが、白いバラのイメージがこのブランドの拘(こだわ)りなのかもしれません。ちなみに、ADOREには、憧(あこが)れる、あるいは熱愛するという意味があります。
 
2017_0420gsix0074
 
 

同行者は店舗の横側でも気になる展示を見つけたようです。店員さんからあれこれ説明を聞いただけになりましたが、白いバラの花束を貰(もら)ってうれしそう。ちなみに、手に持っているビニール袋にはバラが3本入っています。帰宅後に調べると、”ADORE”は港区青山にあるサンエー・インターナショナルのブランドのひとつでした。
 
2017_0420gsix0078
 
 

次いで同行者が足を止めたのは玉川堂(ぎょくせんどう)銀座店。大小の急須(きゅうす)・湯沸(ゆわかし)・茶筒(ちゃづつ)などが展示してあります。1816年に創業した新潟県燕三条の銅器専門店(金属加工業者)です。一枚の銅板を木槌(きづち)と金槌(かなづち)で叩き起こして作る鎚起(ついき)銅器の伝統技術を200年にわたって継承しているそうです。
 
2017_0420gsix0079
 

茶筒やぐい飲みのように深いものはヘラ絞り(注、銅版を回転させながらヘラと呼ばれる鉄棒を押し当てて少しずつ変形させる塑性加工)である程度形を作ってから仕上げるそうです。

 

私は発色の方法が知りたくて、不躾(ぶしつけ)な質問をすると、長身の若い男性は丁寧に説明してくれました。銅色のほかに、さまざまな色を出すことができるそうです。ちなみに、青紫色を出すためには、銅の表面に錫(すず)を焼き付けたのち、硫化カリウムなどの液に漬け込んで銅器の表面を変色させ、それを磨いて光沢を出すそうです。内部は化学的に安定している錫(すず)張りのままでした。 

同行者はコーヒーポットとコーヒードリッパーのセットが気に入ったものの、その値段は数十万円と高く、手が届かないことが残念だったそうです。(続く)

2017年4月22日 (土)

再開発で誕生したギンザシックス(前編)

一昨日(4月20日)、GSIXGinza Six/ギンザシックス) がオープンするのに合わせて銀座へ出掛けました。午前10時過ぎに東京メトロの銀座駅で下車し、銀座四丁目交差点から銀座五丁目交差点方面へ歩きました。
 
2017_0420gsix0001
 
 

銀座六丁目にある松坂屋跡地と周辺エリアを一体的に整備する大規模な再開発プロジェクトで百貨店とは全く異なる複合施設が開発されたのです。地下6階、地上13階、 延べ床面積約15万平米の建物の中に、約240のショップが入り、オフィスとしての活用や観世流の能楽堂も併設されるようです。ちなみに、松坂屋と大丸を傘下に持つJ.フロントリテイリンググループ、森ビル、L Real Estate、住友商事の4社の共同出資により設立されたGINZA SIXリテールマネジメントが施設の計画・運営を行うそうです。

 

銀座五丁目交差点の南東角に「最後尾の看板」を持つ人を見かけました。案内にしたがい、みゆき通りへ左折して、新しい建物に沿うように100mほど進むと、建物の東端に別の「最後尾の看板」があり、建物にそって右折した先にも赤いテープスタンドに誘導される長い人の列がありました。正面に見えるのは観光バスの乗降所のようで、左手のエスカレーターを上がれば三原テラスを経てGSIXの2階入口へ行ける仕組みになっています。その左手は三原通りです。
 
2017_0420gsix0005
 
 

乗降所の先で人の列は建物により近い通路へUターンしているようです。
 
2017_0420gsix0007
 
 

GSIXの案内看板
 
2017_0420gsix0009
 
 

建物の中ほどまで戻ると、テープスタンドでもう一度Uターン。スターバックスの路面店の前で人の列の動きが停まりました。GSIXがオープンする午前10時30分まであと10分となったところでスターバックスの大きなガラスドアが開き、待っていた客が店内に案内されました。オープンする時間を10分始めたようで、人の列の方も動き始めました。

 

the HOUSE”の路面店(インショップ)も開店しています。同行者は目ざとく要潤(かなめじゅん)さんの名前を見つけて得意そう。帰宅後に調べると、”the HOUSE”はアスリートとスポーツ好きに向けたスポーツファッションを提供する店でした。
 
2017_0420gsix0013

 
GSIX
の中を通り抜けて中央通りに出られる銀座パサージュ(PUBLIC WALK)の前を通過し、交詢社(こうじゅんしゃ)通りの歩道からGSIXの下を通り抜ける区道(あずま通り)を往復し、元の歩道に戻って中央通りへ出ました。GSIXをほぼ一周する形で2つある正面エントランスの右側へ辿(たど)りつくことができたようです。
 
2017_0420gsix0017 
2017_0420gsix0018
 
 

正面のエスカレーターは、黒いテープスタンドで規制されているため、この日は利用できません。左手に進むのが順路のようです。
 
2017_0420gsix0019
 
 

左手のエスカレーターで上階に上がります。
 
2017_0420gsix0022
 
吹き抜けの高い天井から赤い水玉模様が描かれた風船がいくつも吊り下げられています。
 
2017_0420gsix0023 
2017_0420gsix0024
 

そのままエスカレーターで6階まで上がり、さらに専用エレベーターで最上階(13階)の上にある屋上に出ました。ちなみに、7階から12階まではオフィスエリアです。
 

2017_0420gsix0028

 
右手には植込みもあります。
 
2017_0420gsix0030
 
 

反対側(南西方向)を見ると、中央部には芝生のエリアと水が張られたエリアが対比するように配置されていますが、全体としてはシンメトリーのレイアウトになっていることが分かります。
 
2017_0420gsix0031
 
 

水が張られたエリアには手前から奥へ緩やかな流れがありました。
 
2017_0420gsix0033
 
 

中央通り側を見下ろすと、ユニクロ銀座店に動くマネキンがあることに気が付きました。以前は隣に手芸品の店「ユザワヤ」がありましたが、銀座五丁目のEXITMELSAに移り、今月下旬には中央通りの斜向かいにある「銀座コア」へ移転するようです。
 
2017_0420gsix0032
 
 

中央通りに合わせて北東方向を向くGSIXの西端に移動しました。銀座七丁目側にあるイタリアのファッションブランド企業”Salvatore Ferragamo“(サルヴァトーレ フェラガモ)の銀座本店が目の前に見えます。
 
2017_0420gsix0035
 
 

「とらや」と”GINZA GREEN”の先には東京タワーと愛宕山の高層ビル「愛宕グリーンヒルズMORIタワー」、その右手に「虎ノ門ヒルズ」も確認。
 
2017_0420gsix0036
 
 

左手には汐留のビル群
 
2017_0420gsix0037
 
 

南西側の植込み
 
2017_0420gsix0038
 
 

塔屋(とうや)の周囲には回廊(回廊)が巡らされているようです。
 
2017_0420gsix0039
 
 

(続く)

2017年4月20日 (木)

40年ぶりのミャンマー訪問(その22) マンダレー観光② マハムニ・パヤーの黄金大仏

国道1号からサガイン-マンダレー道路に入って北上し、マンダレーの市街地に入りました。市街地の南部に、次の目的地であるマハムニ・パヤーはあります。ヤンゴンに次ぐ第2の都市、マンダレー(人口約90万人、都市圏210万人)において最大で、最も重要な仏塔だそうです。仏塔の名前は本尊にあたる高さ約4mのマハムニ仏(金属製の仏陀座像)からきているとのこと。ちなみに、アマラブラから車で15分ほどの距離です。履物を脱いで西参道(ペデストリアン・パス)へ向かいました。
 
2017_03160527
 
 

マハムニ仏は創建者のボード―パヤー王(在位1782-1819年)の手によってヤカイン地方(注、ミャンマー南西部、ベンガル湾岸のエリア)から運ばれてきたとの伝承があるそうです。

 

西参道の両側には商店が並んでおり、これまでの寺院やパヤー(仏塔)とは異なり、お供え物とお土産以外に仏像や仏具なども売られています
 
2017_03160528
 
 

なかでも黄金の仏像がひときわ目を惹きました。寺院に寄進したり、自宅に祀ったりするために信者が仏像を購入するそうです。ちなみに、中身は白い大理石であるとのこと。
 
2017_03160529
 
 

参道の奥に設置された大きなビデオスクリーンには黄金の仏像が映し出され、信者が金箔を貼る様子がリアルタイムで見ることができます。
 
2017_03160531
 
参道を抜けると広い本堂に出ました。前方に黄金の仏像が現れました。その手前の参拝エリアには熱心に拝む信者の姿があります。注、写真撮影をする場合は撮影料を支払って、シールを上着の目立つ場所に貼る必要がある
 
2017_03160532
 
 

マハムニ仏の近くにも人の姿があります。金箔を貼りすぎたようで、仏像の表面がお釈迦様の頭にある螺髪(らほつ)のようになっています。
 
2017_03160533 
2017_03160534
 
 

左手にあるセキュリティ・ゲートは仏像に金箔を貼りたい人が仏像近くへ立ち入る入口です。ただし、女人禁制とのこと。
 
2017_03160535
   
 

左手に折れて時計回りに本堂内を巡ると、仏像の横顔を見ることができる場所に出ました。こちらからも金箔を貼る人を確認することができます。もともとヤカイン地方にあったとされる仏像らしく、インド風の顔立ちのように見えます。ちなみに、黄金で輝くマハムニ仏は、このパヤーに安置された当時、金箔は貼られておらず、青銅製のままであったとのこと。
 
2017_03160538 
2017_03160539
 
 

本堂の広い回廊にヨーロッパの雰囲気があるのは、1884年に発生した火事で焼けた建物を立て直す時に、イタリア人が協力してイタリア式のデザインとしたためです。
 
2017_03160540
 
 

本堂を出て、別棟に向かいました。人間やライオンなど6体のクメール様式の青銅像を収められたお堂です。3体が獅子で、2体がインドのシヴァ(ヒンズー教の神の意)で、一体は頭が三つついた象があるとのこと。ちなみに、下の写真はシヴァと象。
 
2017_03160542 
2017_03160543 
2017_03160544
 
 

そして、これが獅子像
 
2017_03160547 
2017_03160548

 
自分の具合が悪い部分と同じ場所をなでると体の調子が良くなるという言い伝えがあるとのこと。
 
2017_03160545

 
これらの像はいずれも12世紀にカンボジアで造られ、アンコールワットに置かれていましたが、1431年にタイ(アユタヤー)の軍が持ち帰り、さらに1564年にはアユタヤ―(関連ブログ: アユタヤーへの船旅アユタヤ遺跡)に攻め込んだモン族の王バイナウンの軍がバゴー(注、ミャンマー南部、ヤンゴンの東北にある町)へと奪い去った。1600年にはやカインヤカイン(注、ミャンマー南西部のベンガル湾岸の地域)のラザヂー王がバゴーを侵略してこの像を持ち去ったが、1784年にコンパウンド朝のボード―パヤー王(在位1782-1819年)が奪い返し、マハムニ・パヤーへ収めた経緯があるそうです。注、カンボジアのクメール王朝(9-15世紀)では土着の信仰とヒンズー教、仏教が混じり合った宗教が信仰されていた

その先にある巨大な鐘
 
2017_03160551
   
 

主塔の周りにはこのような小仏塔が80基もあるそうです。
 
2017_03160552
 
 

もと来た参道を戻ります。ちなみに、写真右側の窓口で金箔を購入できます。
 
2017_03160553
 
 

朝のフライトが約1時間遅れたため、午前中の観光はやや端折(はしょ)り気味になりました。マハムニ・パヤーの境内はこちらのビデオも参照してください。正午を過ぎ、昼食会場へ向かうタイミングで、投稿を小休止します。(続く)

2017年4月19日 (水)

40年ぶりのミャンマー訪問(その21) マンダレー観光① 「古都アマラブラ」(後編)

思ったよりも長い木製のウー・ベイン橋は長さが約1200mもあるそうです。ちなみに、以前、渡ったことがある静岡県島田市の大井川に架かる同じ木製の蓬莱橋(ほうらいばし)は長さが897.4mでギネスブックに登録されているそうですが、この橋の四分の三ほどの長さです。また、木津川流れ橋(八幡流れ橋)は長さ356.5m。
 
2017_03160501
 
 

タウンタマン湖のほとりにある純白のパトドーヂー・パヤー(仏塔、1820年バージードー王が建立)が湖面に映り、手前には漁や観光のためと思われる小舟が並んでいます。
 
2017_03160502
 
 

かなり大きな湖です。
 
2017_03160503
 
 

200mほどまで歩いたところに休憩所がありました。注、写真は反対側から振り返って撮影
 
2017_03160506
 
 

その前方には同じような光景が対岸まで続くようです。やや左手にはコンバウン朝のパガン王によって1847年に建てられたチャウトージー・パヤーがあるそうです。注、帰国後に確認すると、2つ上の写真(右半分)に小さく写っている
 

2017_03160508

 
右手には柵が巡(めぐ)らしてあり、その手前にある藁(わら)ぶき屋根の建物内には多数のイスが並んでいます。ひょっとしてレストランまたはカフェなのでしょうか。
 
2017_03160509
 
 

そして、畑の中には登呂遺跡のような竪穴式住居もあります。農作業小屋かもしれません。
 
2017_03160510
 
 

休憩所内では輪切りにしたスイカが売られています。
 
2017_03160511
 
 

こちらはコーン・アイスクリーム
 
2017_03160512
 
 

一休みしたところでガイドさんに促(うなが)されて、元来た道を引き返し、車を停めた寺院の参道入口に到着。
 
2017_03160514

 
境内にある連理の大木
 
 
2017_03160515

 
ちなみに、連理木(れんりぼく)は2本の樹木の枝あるいは1本の樹木の枝が癒着結合したもので、縁結び・夫婦和合などの象徴として信仰の対象となっています。当ブログではこれまで何度も紹介しています。

 

車中から見かけたパヤー(仏塔)
 
2017_03160517
 
 

ガイドさんから織物工房へ案内したいとの提案に無論異存はありません。路地に入った場所にある工房で他の観光客と一緒になりました。
 
2017_03160519
 
 

ミャンマーの伝統的な正装を示す写真
 
2017_03160520
 
 

男性は、ガウンバウン(帽子)を被り、上着は絹製のタイポン・エンジ―、下半身は絹製のロンジーを着用。一方、女性は美しい髪形を結い、上着との上にレースのベールを羽織るのが特徴です。そして、履物(かきもの)はもちろん草履(ぞうり)。
 
 

この水平織機(しょっき)は日本やベトナムとほとんど同じに見えます。
 
2017_03160521
 
 

竹製のペダルは3本
 
2017_03160523
 
 

緯糸(よこいと)を通すサスも同じです。
 
2017_03160522
 
 

経糸(たていと)を巻き取る木製のビーム
 
2017_03160524
 
 

色鮮やかな多数の緯糸を使って複雑な模様を描き出す織り方をするランジは完成まで約1か月もかかるそうです。
 
2017_03160525
 
 

波形(アチェイッ)はミャンマーで人気がある模様だそうです。
 
2017_03160526
 
 

次回はいよいよマンダレーの市街地に入ります。(続く)

2017年4月18日 (火)

40年ぶりのミャンマー訪問(その20) マンダレー観光① 「古都アマラブラ」(前編)

突然でしたが、国道1号をそれて、集落の中を抜ける田舎道に入りました。バガンのニャンウーよりもバスや車の通行量の多いようです。到着したのはマンダレーの南約11kmにあるエーヤワディー川とタウンタマン湖の挟まれた「古都アマラブラ」です。

 

マンダレー周辺では18-19世紀にかけて何度も遷都が繰り返され、都になった4つの町のひとつです。パーリ語で「不死の町」という意味だそうです。1783年、ミャンマー最後の王朝となったコンパウン王朝のボードーパヤー王の手によって下流のインワから遷都され、1823年にパージードー王によって都はインワへ戻されました。1841年にはターラーワディ王が再びアマラプラへ遷都しましたが、1857年にミンドン王がマンダレーへ遷都しました。その際、主要な建物もマンダレーに運ばれたため、かつての都をしのばせるものはほとんどないそうです。注、日本でも飛鳥時代と奈良時代には、平均すると約10年ごとに遷都が行われ、それぞれ6か所、計12か所(ただし前期・後期難波宮だけは同じ場所)に都が置かれた。(当ブログ記事「平城京(後編)」を参照)

 

まず、訪れたのはミャンマー最大級で最高位の僧院のひとつ「マハーガンダーヨン僧院」(写真左手)。全国から集まった約1500人の僧侶が修行生活を送っている場所です。
 
2017_03160480
 
 

塀越しに、立ったまま談笑する何人もの僧侶の姿が見えます。広い部屋に多数のテーブルが並んでいますから、僧院の食堂と思われます。
 
2017_03160481
 
来し方を振り返ると人気のない道が確認できます。時計は午前11時15分を指していますが、早朝にはこの道で托鉢(たくはつ)をする僧侶たちの列も見られるそうです。
 
2017_03160484
 
 

僧院構内の地図には100以上の建物が表示されています。現在地は右下の入口付近。
 
2017_03160483 
2017_03160482
 
 

ガイドさんは入場する許可を得てくれました。ご飯を作る深絞りの大釜が積まれています。午前10時15分ころから1500人の僧侶が列をなして食事(昼食)を受け取り、大きなホールでいっせいに食事する行事は終わっていました。電光掲示板に書かれているのはこの日の食事を寄進した人の名前だそうです。なお、朝食としては早朝に軽いものを食べるそうですから、一日二食なのです。
 
2017_03160485

 
この僧院では僧侶の数が多いため、寄進された金品を使って、僧院内で食事の準備をするそうです。つまり、全員が外に出るのではなく、大半の僧侶は僧院内で托鉢を行っているのです。
 
2017_03160486
 
 

小さな僧侶見習いたちは托鉢の鉢を持っています。
 
2017_03160487
 
 

奉仕のためにこの僧院を訪れた信者(ボランティア)の集会所でしょう。全国からの希望者が多いため、1年前からボランティア活動への参加を申し込むのだそうです。
 
2017_03160488
 
装飾画施された純白の建物は創立者である高僧の住居跡と思われます。ちなみに、この僧院はイギリス統治下の1914年に創立されました。
 
2017_03160489
 
 

新しい建物も
 
2017_03160490
 
 

選択した僧衣が干されています。ミャンマーでは赤黒い色(あるいは海老茶色)が僧侶用、ピンク色が尼僧用です。ちなみに、僧衣はロンジーのような下半身用と袈裟として着用する上半身用(2x3mの四角い布)で構成されているそうです。
 
2017_03160491
 
 

駐車場にある見事な菩提樹の大木
 
2017_03160492
 
 

車で屋根付参道がある寺院の駐車場へ移動
 
2017_03160493
 
 

両側に衣料品などを売る店舗と露店が並ぶ道を歩きます。
 
2017_03160495
 
 

アマラプラは織物産業が盛んなことを示しているようです。
 
2017_03160494
 
 

ウー・ベイン橋の袂(たもと)に出ました。160年近く前、大地震により甚大な被害を受けたインワからアマラブラへ遷都された時の市長にあたるウー・ベイン(ベイン氏)がインワの旧王宮からチーク材を運び、アマラプラの東に広がるタウンタマン湖を渡るために架けた木製の橋です。注、インワは1364年からシャン族の都となり、後にビルマ族王朝の都となって約400年間栄えた
 
2017_03160496
 
 

昨年、洪水で破損したため、改修されたことが写真で説明されています。
 
2017_03160497
 
 

橋の上にも露店が出ています。
 
2017_03160498 
2017_03160499
 
 

1086本ある橋桁にはビルマ数字で番号が振られています。そうでした。几帳面(きちょうめん)なミャンマー人は番号を振るのが大好きなのです。
 
2017_03160500
 
 

(続く)

2017年4月17日 (月)

40年ぶりのミャンマー訪問(その19) バガン・ニャンウー空港からマンダレーへ

午前9時15分ころ、突然のアナウンスで港内バスに乗り、機体があるエプロンへ向かいました。昨日の朝、ヤンゴンから利用した飛行機とは機体番号が違いますが、同じAIR KBZの同型プロペラ機と思われます。ガイドさんが私の荷物を持ってくれています。
 
2017_03160456
 
 

機体の前方にあるハッチドアが開けられて荷物が搬入中
 
2017_03160457
 
 

先行するミャンマー・ナショナル・エアウェイズのプロペラ旅客機がエプロンから滑走路へ向かっています。
 
2017_03160458
 
 

機内は乗客がまばら
 
2017_03160459
 

マンダレー行きK7 262便は1時間5分遅れでエプロンから滑走路の南端に移動して一時停止
 
 
2017_03160460

 
発進と同時に急加速した機体は、プロペラ機らしく軽快に上昇を始めました。ただちに雲の中に入り、2-3分で雲の上に出ました。マンダレーは、バガンの北東約120km、エーヤーワデイ川沿いにあります。
  
2017_03160461
 
雲のため地上は良く見えません。K7 262便は20分ほど飛行したあと、高度を下げ始めました。眼下には高速道路のようなよく整備された道路が見えます。ヤンゴン/ネーピードー(首都)/マンダレーを南北に結ぶ国道1号線かも知れません。
 
2017_03160463 

2017_03160464
 
 

マンダレー空港に着陸。ヤンゴン空港と同様、滑走路(長さ4267m)に平行する誘導路がありました。
 
2017_03160467
 
 

現代的なデザインのターミナルビルは現代的なデザインの建物です。
 
2017_03160466
 
 

その脇にある管制塔
 
2017_03160468
 
 

エプロンから港内バスで移動してターミナルビルの到着エリアに入りました。ヤンゴン行きとなる飛行機への搭乗を待つ人たちがターミナルビルで待機していました。乗客が少なかったのは、バガンとマンダレー間は、飛行機や団体用観光バスのほかにも、長距離バス、急行列車、エーヤワディ川を航行するフェリーがあるためだったようです。到着エリアに入ると、国際線()と国内線()の間は仕切りテープスタンドがあるだけです。国際線の便数が少ないからでしょうか。
 
2017_03160469
 
 

ターミナルビルを出ると、シンプルなデザインに見えた建物にはミャンマー風の装飾がある塔がアクセントとなっています。団体客と一緒に車寄せから少し離れた駐車場へ向けて歩きました。
 
2017_03160471

 
マンダレー市街地内にあった旧空港を廃止して、2000年にマンダレーの南西約40kmの場所に開港した国際空港です。ちなみに、この空港の建設はタイの大手ゼネコンが施工。ターミナルビルと滑走路などの運営・維持管理業務(航空管制など一部業務を除く)については、日本企業とミャンマー企業で設立した空港運営事業会社がミャンマー航空局と2014年11月に事業権譲渡契約を締結。2015年4月に運営を開始し、開港して15年が経過したターミナルビルなどの改修工事が行われたそうです。
 

ターミナルビルの駐車場を出て一直線の道路を北上しました。 願いが叶ったようで、前日のバガンとは打って変わり好天です。
 
 
2017_03160472
 
6kmほど先で国道1号線に入りました。路傍の標識はヤンゴンからの距離(マイル)を示しているそうです。

 
2017_03160473
 
 

国道1号線はコンクリート舗装された片側3車線の立派な高速道路
 
2017_03160474
 
 

と思っていると、片側2車線に変わりました。
 
2017_03160475
 
 

牛の大行列と遭遇、その脇をバイクを改造したと思われるオート三輪の乗合バスが通過してゆきます。
 
2017_03160476
 
 

小型トラックを利用したトラックバス(ピックアップ)が前方を走っています。後で知ることになりますが、寺院へ参拝に出かける人たちのようです。
 
2017_03160477
 
 

前方からジーゼル機関車が現れました。
 
2017_03160478

  

何両もの客車を牽引していますから、マンダレーからヤンゴンへ向かうミャンマー国鉄の列車でしょう。1日3本運行されているそうです。
 
2017_03160479
 
 

ちなみに、ミャンマーでは日本の技術協力でヤンゴン地区の環状線と臨港線が電化され、その一部でJR九州の103系電車(軌間・電圧を改造)や広島電鉄の路面電車などが使われているとのこと。(続く)

2017年4月16日 (日)

40年ぶりのミャンマー訪問(その18) ホテルからバガン・ニャンウー空港へ

午前5時少し前に起床。しばらくすると、外で何人もの人が歩く気配があります。庭園内の歩道をたどってエントランスホールへ向かうと、フライイング・バルーン(熱気球)観光に出かける団体でした。霧が立ち込めている午前5時20分ころ、20名ほどのグループは2台のマイクロバスに分乗して出掛けて行きました。

 

軽くシャワーを浴びてから、午前6時にオープンするカフェテリアへ向かいました。仕切りのない庭園の濃い霧と鴨居に描かれた仏経画と思われる装飾が雰囲気を出しています。
 
2017_03160432
 
 

左手に並ぶ料理
 
2017_03160433

 
私のプレートに盛られた朝食メニューは軽めです。
 
2017_03160434

 
同行者の選択はと見れば、さらに控えめ
 
2017_03160435
 
 

外がかなり明るくなってきました。
 
2017_03160436 
2017_03160437
 
 

最初のプレートをほぼ食べ終えたころ、オムレツ・コーナーでプロパンガスの接続に手間取っていたコックさんが調理を始めました。やはりオムレツの誘惑には逆らえませんから、いつもとほぼ同じ具材を入れてもらい、しかり食べてしまいました。
 
2017_03160439
 
 

カフェテリアを出る時、入口脇にビルマの竪琴が飾られていることに気づきました。前日にホテルのエントランスホールで見たものとは異なり、ブチャトリウム・ホテル・ロイヤル・レイク・ヤンゴンにあったものと同様、調律用ペグが付いた新しいタイプです。ちなみに、ビルマの竪琴の正式名称(現地名)は曲がった琴を意味するサウン・ガウ(saung-gauk、サウン・ガッとも表記)。
 
2017_03160441
 
 

その隣にはワーパタラ(竹製の木琴)
 
2017_03160442
 
 

その上には操り人形
 
2017_03160444
 
 

自室へ戻る途中に見かけたヒンズー風の色っぽい雰囲気がある像
 
2017_03160445

 
建物内のホールにあった木製の装飾彫刻
 
2017_03160446 
2017_03160447
 
 

荷物を確認して、午前7時少し前にフロントがあるエントランスホールへ向かいました。
 
2017_03160450
 
 

エントランスホールに置かれた藤製のテーブルとイスにはミャンマー女性が描かれた砂絵が置かれています。
 
2017_03160448 
2017_03160449
 
 

すでに到着していたガイドさんによると、その日のフライイング・バルーンはキャンセルされた(中止になった)とのこと。ミャンマー旅行を計画する時に有力候補として考えたプランの一つでしたが・・・。

 

午前7時少し前にホテルをチェックアウトして空港へ向けて出発しました。アノーヤター通りに入り、緩やかな下り坂になったところで、ガイドさんから托鉢(たくはつ)に出かける僧の列が道路の反対側にあると教えられました。そして、撮影するため道路脇に車を停めてくれました。
 
2017_03160451
 
 

僧侶は托鉢する時も素足であり、
 
2017_03160452
 
 

思ったよりも大人数です。
 
2017_03160453
 
 

早朝で道路が空いていたため、15分ほどでバガン・ニャンウー空港に到着。ガイドさんによると、ヤンゴンからの便が霧で遅れているため、マンダレー行きの出発も遅れることになるそうです。
 
2017_03160454

 
2時間近くが経過した午前9時過ぎにヤンゴンからの便が到着。アナウンスによりターミナルビルの待合室から搭乗待合室へ移動し、そこで出発を待つことになりました。(続く)

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ